FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「東京島」 おバカになって愉快になろう〔29〕 

東京島」 
少しエッチなサバイバル・ラブコメ。

 
 
  
【原題】
【公開年】2010年  【制作国】日本国  【時間】129分  【監督】篠崎誠
【原作】桐野夏生
【音楽】大友良英
【脚本】相沢友子
【出演】木村多江(清子)  窪塚洋介(ワタナベ)  福士誠治(GM・森軍司(ユタカ))  柄本佑(オラガ)  木村了(犬吉)  染谷将太(マンタ)  山口龍人(カスカベ)  南好洋(シンちゃん)  結城貴史(ダクタリ)  清水優(アタマ)  阿部亮平(ジェイソン)  鄭龍進(ヤン)  趙民和(ムン)  石田佳央(チェン)  吉田友一(ミユキ)  塩見大貴(フレディ)  中村無何有(ウッス)  松川貴弘(サカイ)  保科光志(シマダ)  藤川俊生(ヒキメ)  サヘル・ローズ(キム)  古藤ロレナ(パム)  鶴見辰吾(隆)
  
【成分】笑える ファンタジー パニック セクシー コミカル 南海の孤島 サバイバル
                
【特徴】実際に起こったアタナハンの女王事件をヒントに小説化されたのを原作としている。しかしサバイバル場面は皆無といって良い。
 無人島でアラフォーの美熟女1人が多数の若い男たちに囲まれて住む事になったら、という非日常の異常な空間で繰り広げる愛憎と勢力争いを面白可笑しく描いたラブコメと考えたら良いだろう。
 実際のアタナハンの女王事件は、かなりドロドロとして凄惨な状態だったといわれている。
    
【効能】ほんのりエッチな気分にさせてくれる。閉鎖された空間での権力闘争が面白い。
 
【副作用】サバイバルの実践風景があると思ったら皆無、現実感が感じられない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
R指定にしてアタナハンを描いてほしい。
  
 少しエッチな香りがするコメディだった。(余談1)それ以上でもそれ以下でもない。リアルな無人島でのサバイバルを鑑賞するのではなく、シャバから隔絶された狭い無人島で男23人女1人のシチュエーション下での喜劇を楽しむ作品である。
 特に木村多江氏が演じるヒロイン清子の狡猾ぶり、窪塚洋介氏の飄々とした狂言回し的亀仙人ぶりは観ていて楽しい。
 
 構成も悪くない。冒頭の荷造りの場面でヒロイン清子は便利な都会から出たことが無さそうな女性である事が判る。そして夫はアウトドアとマリンスポーツが好きである事、無人島漂着時はアウトドアの技術と知識で清子をリードしていた事が、島に建てた住居や快適そうな室内で判る。ところがいつしか清子が島のサバイバルに順応し、夫は神経を病んで衰弱死なのか清子に殺されるのかは定かではないが退場する。
 
 島には清子より明らかに歳下の男の子たちばかり。最大勢力は日本人のフリーターグループ十数人、次にその半分くらいの人数の中国人グループ。
 次に清子をモノにして島を牛耳るのは喧嘩が強そうな粗暴な日本の若者。腕力で他の者を屈服させ従わせる。清子は他の男の子たちに秋波を送りつつ、妖艶に粗暴男子の女を演じる。
 ところが、粗暴若者はほどなく死亡する。次に清子の夫になるのは日本人グループの合議と籤引きで決められた記憶喪失の優男GM(福士誠治氏)。しばらくリーダー不在の日々が続く。
 
 清子は生活力がイマイチの日本人グループから逞しい中国人グループに乗り換えて脱出を図る。ところが中国人グループが造ったボートは潮流を突破できず島へ逆戻り。
 島では優男GMが記憶を取り戻し、本来の知性とリーダーシップを発揮させて日本人グループを掌握、合理的な政策を次々と連発、清子はその日本人グループに出戻るが、冷静なリーダーがつくった空気に以前のお色気は通じない。自分の持ち物だった家財道具は全て共有財産として没収される。
 
 ところが清子は妊娠、妊婦である事を理由に再び女の特権を奪取、さらにある罠を仕掛けてGMを失脚させる。
 清子は再び逞しい中国人グループに合流、そこで双子を出産。一方、日本人グループでは今まで大人しかった眼鏡の若者が本性を現しグループを煽動、中国人グループをはじめ気に入らない人間を襲撃、粛清しようとする。
 
 コメディであればラストはお愛嬌だろう。無人島に似つかわしくない小奇麗で派手な衣装のフィリピンダンサーのグループが取って付けたかのように漂着していたり、粛清劇の10年後、再びGMが王に、清子の息子は王子として生き残った「島民」たちに向かって大人びた演説。一応大団円のオチで終わる。
 
 面白かったが、私の好みをいえばコメディではなく、元ネタのアタナハンの女王事件をリアルにドロドロと実写映画化してほしい。(余談2)
 
(余談1)少しエッチな雰囲気はあるが、セックス場面は無し。男と同衾中にパンツを履く場面で「やった」事が窺われる。木村多江氏が半裸の状態にはなるが露出度は少ない。
 
(余談2)実はこの物語には元ネタとなった史実がある。第二次大戦中、フィリピンの孤島アタナハンで起こった「アタナハンの女王事件」だ。大戦末期、島の椰子農園を管理していた日本企業の技師とその妻比嘉和子(当時24歳)のところに約30名の日本人男子が米軍の攻撃で遭難漂着。やがて女1人に男32人の生活が始まる。
 女1人が数十人の男に囲まれる生活は5年続いた。生活は次第に原始的になり、男性は殆ど全裸、和子も腰蓑だけの半裸状態。和子をめぐって男たちは殺し合ったようで、米軍に救助されたときは10名以上が死亡していた。たぶん「東京島」はこの史実をかなりマイルドなファンタジーにした内容である。
 
 問題の和子は、一般的にいって「美人」とは言い難い。骨太で逞しそうな人だ。もし実写映画化するなら、一般作なら成海璃子氏が適役。R指定か成人映画なら水元ゆうな氏辺りがグッドか。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連書籍案内
東京島 (新潮文庫) 桐野夏生
 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
84位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク