ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ドーン・オブ・ザ・デッド」 孤独を楽しむ時に〔12〕 

ドーン・オブ・ザ・デッド」 軽快なゾンビ映画
 

 
【公開年】2004年  【制作国】亜米利加  【時間】98分  
【監督】ザック・スナイダー
【音楽】タイラー・ベイツ
【脚本】ジェームズ・ガン
【言語】イングランド語
【出演】サラ・ポーリー(アナ)  ヴィング・レイムス(ケネス)  ジェイク・ウェバー(マイケル)  メキー・ファイファー(アンドレ)  タイ・バーレル(スティーブ)  マイケル・ケリー(CJ)  ケヴィン・ゼガーズ(テリー)  リンディ・ブース(ニコール)  ジェイン・イーストウッド(ノーマ)  ボイド・バンクス(タッカー)  インナ・コロブキナ(ルダ)  R・D・レイド(グレン)  キム・ポイリアー(モニカ)  マット・フルーワー(フランク)  ジャスティン・ルイス(ルイス)  ハンナ・ロックナー(ヴィヴィアン)  スコット・H・ライニガー(将軍)  トム・サヴィーニ(シェリフ)  ケン・フォリー(テレビ伝道師)
          
【成分】パニック 不気味 恐怖 勇敢 絶望的 ゾンビ ホラー スプラッタ
      
【特徴】ゾンビ映画の金字塔であるジョージ・A・ロメロの「ゾンビ」をリメイクした作品。物語展開はほぼ同じ、ゾンビが発生、襲われてショッピングモールに立て篭もりゾンビに攻囲されている中で優雅な生活、そして絶望的な脱出。大きく異なるのは、本作のゾンビは死者とは思えないほど俊敏な運動神経と無尽蔵の体力を持っていること。この設定はファンの間で賛否渦巻いている。
 
【効能】真夏の深夜の静けさを楽しむのに適度な緊張感と涼しさと寂寞感を味わえる。
 
【副作用】スプラッタ嫌いにはおぞましい光景ばかりで吐き気をもよおす。スプラッタ好きには物足りなさで退屈する。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
賛否あるゾンビ設定の改編
 
 ジョージ・A・ロメロ監督の傑作「ゾンビ」のリメイクである。主演にはカナダで左翼運動家としても有名なサラ・ポーリー氏。彼女がハリウッドのソンビ映画に出るのは異例だ。(余談1)
 
 基本ストーリーは前作と変わりは無い。ただ、ゾンビが俊敏で持久力がある設定だ。だから「バタリアン」や「バイオハザード」のように運動神経が良い。
 BGMはおどろおどろしいものではなく、あくまで軽快なポップスやロックンロールやジャズ。俊敏なゾンビにあわせてストーリー展開も軽快だ。常に緊張の連続で観客を飽きさせない。
 監督はCM畑だそうだが、展開のリズム感が良いと思う。随所に構成の工夫がある。
 
 今までの映画と違って、オープニングタイトルに入るまでのプロローグが長い。プロローグの段階で救急車の出動要請が多かったり、ただの噛み傷なのに脳のレントゲンを撮ったりと、既に事件が進行している様が台詞の端々に現れて、観客をゾンビの世界へと誘う。オープニングはフラッシュで政府が混乱している様が描写され、エピローグは主人公たちの後日談がフラッシュで流れる。
 軽快な音楽に反してストーリーの展開と終結は救いようが無く、前作以上にハッピーエンド性は無い。
 
 全速疾走するゾンビ(余談2)は前作ファンにとっては不評だそうだが、リメイクであれば何らかの新規軸は必要だろう。作品のテンポからいって、これは妥当である。
 
(余談1)反アメリカ的言動で、ハリウッドやディズニーからも睨まれている。機動隊と衝突も経験。なんでも彼女の縁者がロメロ監督のファンだとか?
 こんな女優、好きだな。
 
(余談2)しかし、あんなに俊敏なゾンビで、少し噛まれただけでも感染なら、体勢を立て直す暇なくもっと早い展開で全世界は全滅しただろう。主人公たちがあんなにも大勢生き残れられない。前作はウスノロだったからこそ、生存できたのだ。それから、もう少し火災の煙などが街に立ち上っていたらリアルだった。
 時間が経過するごとに、ゾンビたちのメイクがどす黒く醜くなっているのは説得力がある。生きた人間をもとめてショッピングモールの駐車場に集まるゾンビは数千人くらいだろうか、迫力があるしエキストラも良い。アメリカ映画の特色はやはり優秀なエキストラとその用い方だ。
 別の建物にいる生存者に食糧を届けるのに犬を使う場面がある。あれは説得力が無かった。巨大ショッピングモールなら、おもちゃ売り場にラジコンぐらいあるだろう。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
スマイルBEST ゾンビ 米国劇場公開版 [DVD] ジョージ・A・ロメロ
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 新訳版 [DVD] ジョージ・A・ロメロ
 
晴雨堂関連書籍案内
死者の夜明け―ドーン・オブ・ザ・デッド (竹書房文庫)
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/155-b5d59983

タイトルが怖そうだったのでちょっと見てみようかと・・・ 「ドーン・オブ・ザ・デッド」をチョイス。 原題は「DAWN OF THE DEAD」。 DAWNって何だろ・・・と思って調べたら・・・「夜明け」。 「死の夜明け」って意味らしい。 2004年度製作、98分もの。 アクション...
ドーン・オブ・ザ・デッド とにかくスピーディー。 ゾンビ映画だからって、えっちらおっちらノロマなゾンビが、 ゆっくり迫ってきて、キャーッなんていう時代じゃないんすねえ。 速い速い。 展開も早い早いで、ぼけっと見るには最適な娯楽映画。 ある日、突然ゾン..
[2009/07/07 06:50] カフェビショップ
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
93位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク