FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

忠犬ハチ公 近頃の現象[五百八十四] 

忠犬ハチ公、死因は肺がんか 
最新機器で寄生虫説覆す―東大

    
 帰らぬ主人を駅で待ち続けたことで知られる忠犬ハチ公について、東京大は1日、最新の医療機器で標本を調べ直した結果、肺と心臓の広い範囲で悪性腫瘍があったと発表した。従来は寄生虫によるフィラリア症が死因とされたが、今回の発見により肺がんで死んだ可能性が高いと判明した。(時事通信)
 
【雑感】「寄生虫説覆す」というのは大袈裟で不正確な記事だな。新たな死因の可能性と書くべきだ。
 すでにフィラリアもかなり進んでいたそうではないか。むかし猫を飼っていたときに動物病院でポスターやチラシなどで見たことがあるが、これとて患畜の大きな死因だ。心臓や大きな血管に寄生して血液を栄養分にする蟲、あんなのが心臓にたくさん詰まったら、えげつない。さらに焼き鳥の串複数本が胃に刺さっていたそうだし、様々な病気が合併したのだ。本当に正確な死因をいうなら、多臓器不全が最も妥当ではないか。
 
晩年のハチ.jpg
晩年のハチ公
博物館に展示されているハチの剥製は耳が
ピンと立っているが、晩年は皮膚病で耳が
折れてしまっている。

 
 それにしても、癌が心臓にもあったとは。子供の頃、なにかの医療番組で心臓が唯一癌にならない臓器という話を聞いたのだが。フィラリアとの関係も研究されるかもしれない。
 13歳といえば、現代のペット事情だとまだ天寿を全うした年齢ではなくなりつつある。今や人間なみの医療設備を整えた動物病院が増えてきたが、ハチが没した1935年当時は犬猫病院なんてどれだけあったか、獣医はもっぱら牛や馬などの家畜を診るための職だったろうし。
 
 ハチが現代の犬だったら、確実に「観光大使」にされて渋谷区や東京都をあげて面倒をみたかもしれない。逆に1930年代の時分に今の「ワサオ」や「お父さん犬」以上の有名犬になり、生前に銅像まで建てられたのだから。凄い事だ。
 
晴雨堂関連作品案内
ハチ公物語 [DVD] 神山征二郎
HACHI 約束の犬 [DVD] ラッセ・ハルストレム
 
晴雨堂関連書籍案内
ハチ公物語 新装版 新藤兼人
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/03/02 10:44 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク