FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「故郷(ふるさと)への長い道/スター・トレック4」 寂しさをまぎらわす時に〔4〕 

故郷(ふるさと)への長い道/スター・トレック4
TVシリーズのノリ復活

  


【原題】STAR TREK IV: THE VOYAGE HOME 
【公開年】1986年  【制作国】亜米利加  【時間】119分  【監督】レナード・ニモイ
【原作】ジーン・ロッデンベリー
【音楽】レナード・ローゼンマン
【脚本】 ハーヴ・ベネット スティーヴ・ミーアソン ピーター・クリクス ニコラス・メイヤー
【言語】イングランド語 
【出演】ウィリアム・シャトナー(ジェームズ・T・カーク提督)  レナード・ニモイ(ミスター・スポック)  デフォレスト・ケリー(ドクター・マッコイ)  ジェームズ・ドゥーアン(モンゴメリー・スコット)  ジョージ・タケイ(スールー)  ニシェル・ニコルス(ウフーラ)  ウォルター・コーニッグ(パーヴェル・チェコフ)  キャサリン・ヒックス(ドクター・ジリアン・テイラー)  マーク・レナード(サレク大使)  ロビン・カーティス(サーヴィック)  ロバート・エレンスタイン(連邦評議会議長)  ジョン・シャック(クリンゴン大使)  ブロック・ピータース(カートライト提督)  ジェーン・ワイアット(アマンダ)
          
【成分】楽しい ファンタジー ゴージャス ロマンチック 勇敢 知的 かっこいい コミカル SF
       
【特徴】スポック役のレナード・ニモイ氏が監督を兼任。ニモイ氏にとって初監督作品となる。シリーズ4作目の映画にして、かつてのTVシリーズのノリが復活、カーク、スポック、マッコイのトリオ漫才のキレが良く、他の主要クルーのチームワークもバッチリ。
 
【効能】全体にコミカル、楽しい気分にしてくれる。
 
【副作用】反捕鯨キャンペーンに見えて不快感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
カーク船長シリーズの中では一番。
 
 今にして思えば、カーク船長シリーズ6作の中で最もTVシリーズの雰囲気が出ている作品だと思う。
 
 TVシリーズの魅力は、カーク船長を中心に、副長スポックとドクター・マッコイが価値観と文化の違いから対立する掛け合い漫才が繰り広げられ、その周囲に機関長スコッティ・通信士ウフーラ大尉・火器主任スルー大尉・新米少尉チェコフら個性的キャラのコミカルな活躍が見ものだった。(余談1)
 
 また、物語構成に優れており、絶体絶命・閉塞状況からどんな打開策が生まれるのかを見るのが楽しみの一つである。物語の伏線に必ず解決のヒントが散りばめられ、ラストでそれらの要素が活きてきてハッピーエンドに流れる爽快さが心地よかった。ハードSFファンから観ても納得のいく展開だ。
 ハッピーエンドへの展開方法も、それぞれのキャラの個性が活きていて飽きさせない。典型的なアメリカンヒーローのカーク船長はマッチョな活躍と女たらしの才能で、マッコイは情熱的な職人気質な活躍で、スポックは豊富な科学知識と論理的思考で、それぞれの長所で困難を切り開く。それぞれの回で主にこの3人の主人公が補いながらハッピーエンドを創るからこそ、シリーズは飽きが無く続いてきた。
 
 ところが、映画ではこの絶妙なバランスが崩れていた。>一作目はカークが船長から提督に昇進した設定にしたため新たなキャラが船長になったのだが、TVシリーズの世界には馴染まなかった。二作目と三作目は、TVシリーズの雰囲気は消え、まるで「宇宙戦艦ヤマト」のような展開にがっかりしたファンは多かった。
 この四作目は、やっとかつてのリズムを取り戻した佳作だ。カーク提督がいつもの色男ぶりを復活させ、スポックはマイペースで手際よく論理的に仕事をし、マッコイはいつもの職人気質な情熱で解決する。すでに40歳過ぎの中年チェコフもかつての少年的なあどけなさが戻った。
 そしてラストは、再びTVシリーズのメンバーだけで映画続行を宣言するような形で終わる。
 
 映画の中では、スポックは大佐に、若かったウフーラもスルーもチェコフも中年の佐官級将校になっているが、「艦長」に降格されたカークの部下として新しいエンタープライズ号で5作目以降も付き合うことになる。レギュラー陣が高齢化しているのに、新艦長デッカーは一作目で、カークの隠し子は三作目で死亡するなど、新しいキャラは定着しない。TVシリーズで固まった世界はいじりようが無いことなのか。
 カーク船長シリーズの映画が影響したのか、設定をカークの70年後にしてキャラを全員一新させたピカード艦長シリーズがこの作品の後にTV放映される。
 
 最後にSFネタとして、地球を脅かす宇宙人の言語と、カークの時代には絶滅している鯨の言語と共通しているというアイディアは面白い。
 ただ、鯨やイルカはたしかに人間に次いで脳下指数が高く、猿の倍はある賢い動物だ。脳のシワなら人間よりイルカのほうが多い。しかし、狼に育てられた狼少女の例もあるように、優秀な脳があるからといって複雑な言語が話せるとは限らない。CPUの性能は良くても、ソフトを入れなければ働かないのだ。人間は5本の指がある手で文明を起こしたが、鰭しかないイルカや鯨はどうなのかは定かではない。
 それから、捕鯨文化を理解しない身勝手な欧米人のヒューマニズム臭さがあって、鯨肉が好物の私にとっては不愉快だった。
  
(余談1)日本放送時、「スコッティ」は「スポック」と発音が紛らわしいとして「チャーリー」に変更された。おそらく同じ理由で「ウフーラ」も「ウラ」に、「スルー」は日本人に馴染み易いよう「加藤」に吹替え。
 階級が原版では「大尉」なのに日本語吹替えでは「少尉」や「中尉」になっているのは翻訳ミス。アメリカ英語で「ルタナン」は陸軍では少尉と中尉だが、海軍では大尉である。後にピカード艦長シリーズ以降は改められている。
 

 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作



  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/158-f9f38e08

「スター・トレック」映画第4作。2,3の続編で連続ストーリーとしては本作でいったん終了します。楽天レンタルで「スター・トレック4故郷への長い道」を借りよう1986年のロサンゼルスを舞台に、レギュラー出演者のクルーたちが、生き生きと活躍しユーモア満載で楽しめ...
地球に謎の宇宙船が強力な電波を発信しながら接近、こちらからの送信には応答がなく、そのあまりの強力さに地球上の機能は次々と停止していった。地球へ帰還途中だったカークを始めとする元エンタープライズ号のクルーたちは、その電波が人類よりも古い知的生命体であるザ...
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク