FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

表現の自由とは(17) 近頃の現象[六百十四] 

宮城で2000遺体確認
 
 11日午後発生した東日本巨大地震による避難者は14日午前0時現在で、宮城県で約15万人、福島県で約13万人など、計約53万人にのぼることが、政府のまとめでわかった。(読売新聞)
 
【雑感】第一報を聞いた時は、阪神大震災と同程度、しかし岩手や宮城は阪神に比べて人口が少なく、津波の襲来も経験済みなので防災意識も高いから、死者は阪神大震災より少ないと思っていた。しかし津波は専門家たちも驚愕するほど想像を超えるものだった。
 
 ある自治体では町長らが防災会議を役場で行っている時に津波を受けた。黒い波は一瞬に役場を呑み込み、町長たちは行方不明になったという。現場で避難民たちを誘導すべき自治体行政機関が壊滅した。またある自治体では日頃から避難場所に指定されていた小学校に集まっていたら、そこを津波が直撃した。後にテレビカメラがその校舎を映していたが、なんと校舎屋上に壊れかけた民家が乗っているのだ。津波は大きな校舎ですら呑み込んだ。
 東北の太平洋側沿岸はまるで空襲でもあったかのようにことごとく破壊された。
 
 これほどの甚大な災害となれば、遺体もかなりの数であるはずなのに、TVのニュース映像には全くといっていいほど映っていない。以前、スマトラやスリランカを襲った津波では、浜辺にうちあげられたり海に浮かぶ遺体の映像があった。東北地方でも同じような光景があるはずなのに、TVには映っていない。いや苦心して映らないようにしているのだ。
 
 私は表現の自由を標榜する者であり、理屈では悲惨さを伝えるためには映すべきだと思っている。戦争や災害の惨さを雄弁に伝えるのは死者の姿だ。死者の姿を伝えることによって、生きている者が事の重大さを痛感させることができれば、死者の存在は意義があり成仏できる。
 しかし、同時に感情論では生理的に抵抗がある。いずれ週刊誌や報道写真誌などで紹介されるだろうとは思うが、TVでの公開はあまりにも残酷だ。被災者や、被災者の身内がその映像をみたらどう思うか。大人でもトラウマになるかもしれない、ましてや子供が見たら精神的に大きな傷を負う事になる。
 残念ながら是非の判断ができない。

 ただ、この期に及んで政局だの募金詐欺だの悪戯チェーンメールだのやっている輩を見ると、その輩たちは眼を見開いて見てほしい気持ちだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/03/14 20:16 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)
晴雨堂ミカエルさん、こんにちは。

僕はジャーナリズムについて大学で勉強しているのですが、遺体を映すべきか、という議論はかなり前から頻繁に行われているようです。やはり被害に遭われた方にとっては目を背けたくなるものですもんね。そのため、晴雨堂ミカエルさんが仰る通り、報道写真誌やネットでの公開に限られてしまいますが、それでも抵抗は大きいようです。

そういえば、さっきネットで畿央大学の学生が募金で集まったお金をパチンコで使ったというニュースがありました。本当にこんな人達は天誅が下ればと思います。
[ 2011/03/14 23:16 ] [ 編集 ]
kazuki氏へ
 
 私も学生の頃ジャーナリズムに興味があり、ルポルタージュなどをよく読みました。当時は本多勝一氏・石川文洋氏・吉田ルイ子氏・一瀬泰造氏・ロバート・キャパ氏・ユージン・スミス氏らの著作をよく読みました。
 カンボジアやベトナムの虐殺遺体が衝撃でした。遺体を映さない戦争報道は、戦争の本質や恐怖が隠蔽され戦争美化につながります。災害も同じです。
 
 ただ今回の場合、いま遺体映像を流す必要は無いと思っています。救援に精神を集中している時期ゆえ行うべきではない、更地のように壊滅した集落や町の映像だけで十分、しかも原発の建物が派手に爆発した絵まである、事態の深刻さは十二分に伝わっています。

 救援から復旧に動作が移りだしたとき、喉元過ぎれば熱さ忘れるで、西日本などの被害が無かった地域や、軽微で済んだ東京では災害報道に悪い意味で慣れて飽きてくる。その時にネットサイトや週刊誌などで公開する事は意義あります。
 
> 僕はジャーナリズムについて大学で勉強しているのですが、遺体を映すべきか、という議論はかなり前から頻繁に行われているようです。やはり被害に遭われた方にとっては目を背けたくなるものですもんね。そのため、晴雨堂ミカエルさんが仰る通り、報道写真誌やネットでの公開に限られてしまいますが、それでも抵抗は大きいようです。
>
> そういえば、さっきネットで畿央大学の学生が募金で集まったお金をパチンコで使ったというニュースがありました。本当にこんな人達は天誅が下ればと思います。
[ 2011/03/15 07:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク