FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

菅直人(3) 近頃の現象[六百三十五] 

首相、新たに福島産コマツナ…、
茨城産パセリなど出荷停止を指示


 菅直人首相(原子力災害対策本部長)は23日午前、東京電力福島第1原子力発電所の事故の影響で食品衛生法の暫定基準値を超える放射性物質(放射能)が検出されたとして、福島県の佐藤雄平知事に対し同県産のコマツナ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、カブなどの出荷を当分の間、控えるよう指示した。(産経新聞)
 
【雑感】震災前は、進捗しない予算委員会の審議・有力閣僚の辞任・自身の献金問題などなど、風前の灯だった菅政権だったが、東日本大震災によって一連の批判はまるでリセットされたかのようになった。しかしこれから復興が進むにつれて再び菅氏は窮地に立たされることになる。そろそろ声高に批難する政治家やジャーナリストが増えてきた。
 放射能の問題は、東北が復興段階になってからでも尾を引く問題だ。なにしろ今回の事故によって反原発運動が勢いをつける。一方で山野を切り崩したりCO2排出などのリスクがあるダムや火力発電所は近年の環境保護政策で減らす傾向にある。加えて不穏な中東情勢で原油価格は急騰中だ。復興には莫大なエネルギーが要る。慢性的な電力不足と経済活動への支障は避けられず、それらは菅政権への憤懣となって跳ね返る。

 
 ただ、菅直人氏を擁護する気は全く無いのだが、あまり過ぎた批判をしても被災民のためにはならない。批判と合わせて提言もしなければ、責任を負っていない気楽な立場の人間が責任者に罵詈雑言を並べて憂さを晴らしている空虚な風景にしか見えないのだ。
 
 1つ、震災が起こって早々に被災地をヘリで視察した行動。ただでさえ現場は大変なのに準備で大迷惑だとか、人気取りパフォーマンスだとか批判されている。ヘリに同乗したのが広報担当で防災専門家ではなかった点も指摘されているが、これが事実なら私も批判すべき問題だと見る。
 ただ、震災直後に上空から被災地を肉眼で見る事自体は正しいと思っている。被災自治体の中には行政組織そのものが壊滅したところもある。現実に情報が錯綜していて大混乱だった。そんな時、上がってくる報告を官邸に居座って聞くだけでは震災の被害の甚大さは実感できない。
 阪神淡路大震災当時の村山富市首相は側近スタッフや現場スタッフに迷惑がかからないよう動かなかったために大顰蹙を買った。震災を実感できていないために対応が後手にまわっているとも批難された。知人の旧社会党支持者などは「村山の奴! 自民党の首相と同じやないか!」と怒っていた。
 
 2つ目、自衛隊の投入方法。最初から思い切って10万規模で投入するべきだったとの批判だが、10万とは総兵力の半分、これを動かす意味が批判者に解っているのだろうか? 最初の段階でも万の数は投入していた、阪神淡路クラスの災害であればけっして少ない動員ではない。菅首相の判断が遅いという見方も可能だが、それでも初期の動員数では少な過ぎる事に気づき10万にした。
 もし最初から10万規模で出していたら、保守のタカ派市民たちは国防問題を持ち出して批難するだろう。
 
 3つ目、野党党首谷垣禎一総裁の入閣を打診した事。これを唐突だとか荒唐無稽と批判する声が大きいようだが、私は世界の常識から見て非常識ではないと思っている。アメリカでは在中東アメリカ軍が危機的状況になっている事から国防長官は共和党政権から同じ人が務めている。フィリピンでは選挙制度の関係とはいえエストラーダ大統領時代は「野党」のアロヨ氏が副大統領を務めた。
 世界史でたぶん最も有名なのは、日中戦争時代に中国は国民党と共産党の「大連立」、すなわち国共合作をやっている。

 震災前は、官僚を動かせていない、政治主導になっていない、政権の体をなしていないなどと民主党を批難していたのはどこの党だ? 自民党ではないか。では今回の震災を乗り切る能力が菅政権に無いからといって、統一地方選すら行えない自治体がある状況で解散総選挙なんかやったら、幾ら大人しい日本人でも革命が起こってしまう。
 菅氏から投げてきたボールを反射的に棄てるのではなく、別のボールも付けて投げ返せば良いと思うのだが。官僚を動かせる力があるのは自民党だ、という事を魅せる機会ではないか。東北はどちらかといえば保守的な地方だ。菅直人氏の下座であったとしても谷垣氏に陣頭指揮を執ってほしいと願う自民系市民は少なくないと思う。
 用意したポストが副総理兼震災復興担当相ゆえ震災のアフターケアを自民に押し付けてきたとの見方も可能だが。

 いずれにせよ、非常識な打診ではない。救国なので半年か1年の期間限定で民主自民の暫定連立をやってもバチはあたらない。
 
 今はどうしても批判しておかなければならない点だけを批判するべきなのだが・・。
   

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/03/23 13:02 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)
被災地のことを本当に考えているならば、あーだ
こーだ文句言わずになんでも協力するべきでしょう。
政党だなんだという状況じゃない。
(たとえ2世、3世の仕事のできないのが多いとしても)
 なんかできるでしょうが)
自民党は世界的常識も知らんのでしょうね。
何もしないくせにお飾りのジャンバーなんか着ちゃって。
(あれも腹立つ)

今後、選挙の時は誰が協力しなかったのか、よーく思い
出したほうがいいです。特に被災地の方は。
[ 2011/03/23 14:20 ] [ 編集 ]
A君へ
 
> 自民党は世界的常識も知らんのでしょうね。
> 何もしないくせにお飾りのジャンバーなんか着ちゃって。
> (あれも腹立つ)
 
 そこなんですね。内閣の防災服をわざとらしいと批判する人が多いですが、その理屈がまかり通ると、自民党や社民党の防災服はもっとわざとらしい事になります。野党はいったい何をしとるか、という話になるんですよ。
 
 法的な問題があるかもしれないが、私は半年から1年程度の期限付き暫定連立で乗り切ってほしいですが。

> 今後、選挙の時は誰が協力しなかったのか、よーく思い
> 出したほうがいいです。特に被災地の方は。
[ 2011/03/23 18:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク