FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

福島第1原発(2) 近頃の現象[六百四十四] 

主要都市で反原発デモ 
福島事故受け閉鎖求める―ドイツ

 
 ドイツのベルリンやミュンヘン、ハンブルク、ケルンの各都市で26日、大規模な反原発デモが一斉に行われ、福島第1原発の事故を受け、国内の原発を早期に閉鎖するよう訴えた。
 ベルリンでは野党支持者や反核団体メンバーら5万人以上が中心部を行進。「福島は警告する。すべての原発を停止せよ」と書かれた横断幕を掲げ、気勢を上げた。(時事通信)

 
【雑感】前の記事にも触れたが、やっぱり起こっていたか。
 
 ドイツは環境行政が進んでいる国のイメージがある。緑の党の勢力も大きい。京都議定書のCOP3前後で力が著しく強くなり連立政権に加わり与党となった実績がある。数年前に下野したが、それでも議会の10分の1を獲得している政党である。日本では辻元清美氏らが社民党を「緑の党みたい」にしようと画策していたようだが、イマイチ勢力が振るわない。中村敦夫氏が参院議員時代に日本にも本格的な「緑の党」をつくろうとしたが、事実上頓挫したと私は見ている。
 福島の原発事故を見て、緑の党は各地で活動を活発化させていることだろう。
 
 たしか、ライン川近いワインの産地で有名なラインラント=プファルツ州は今年が州議会改選時期だったように思う。ザクセン・アンハルト州議会はこないだ選挙をして、保守的な州のイメージが強く緑の党が弱かった地域だが議席を倍増させた。
 技術力のある日本の原発があの有様なら、欧州各地は原発行政を見直さざるを得まい。
 
 
 原発を減らしても、代替エネルギーの問題がある。風力や太陽光発電は一見すると有効なように見えるが、巨大産業を支えるだけの電力は無い。屋根を太陽光発電にしているところが増えつつあり、これはこれで良いのだが、まだまだ家庭用電力の補助的な役割だ。
 全体に普及すれば、今回のような計画停電になったときに自家発電でやり過ごせる、あるいは計画停電を回避できる、そんな効果はあるので、悲観的に考える必要は今は無いと思う。ただ留意しなければならないのは、まだ巨大産業を支えるだけのエネルギーではないということだ。

 一時期、キューバではエコエネルギーで評判になり、日本の左派市民や市民運動家たちが注目しているが、これはカストロ一流の貧乏を逆手に取った宣伝工作の感がする。が、原発の無い生活を考えたとき、おそらく多くのキューバ市民は不本意だろうエコな社会主義生活はモデルになる。
 以前、反原発運動家が「1975年水準の生活に戻そう」と90年代後半頃から提唱してきたが、現在のキューバは見た目ではたぶん日本の1940年代水準だろう。現実に環境問題に効果はあると思うし、アメリカの経済封鎖によって国内が困窮している様をエコとするのは、さすがカストロ氏らキューバの革命家は抜群のセンスだ。北朝鮮とは違う。

 復興や景気回復には莫大なエネルギーが必要である。反原発を目指すとすれば、生活水準を落とさなければならないが、現行の日本のシステムでは経済がまわらなくなり失業者がさらに増える。
 都市生活者が農業や漁業など第一次産業に戻る事を奨励する絶好の機会なのだが、同時に漁船が流されたり作物が放射能で汚染されているニュースを聞いたとき、先行きに不安がある。
 それでなくとも、帰農者の多くは挫折して元の都市生活者に戻っている。帰農して定着するシステムを行政あげて構築する必要がある。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/03/27 11:54 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク