FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

日本相撲協会(12) 近頃の現象[六百六十五] 

本場所の5月再開を断念 技量審査を実施
 
 日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、八百長問題を受け、無期限中止中の本場所を5月の夏場所で再開することを断念すると決めた。全容解明に向けた調査がまだ終わっておらず、再発防止策も整っていないため。(毎日新聞)
  
【雑感】夏場所の代わりに無料公開の技量審査か・・。そんなんでええんかね?
 
 五穀豊穣を祈願する神事として、大相撲は震災復興を願って神々に「奉納相撲」をすべきなのに。
 
 大相撲をやっている当人たちも日本の大相撲というものを理解し切れていない、割り切れていない。
 

 日本という国は、適度に民主主義、適度に封建主義、適度に社会主義、適度に資本主義で社会のバランスをとってきた世界に冠たる英知の国だと私は信じている。どんな主義主張でも必ず効能と副作用があり、断じて万能ではない。日本はその副作用の少ない道を選んできた。アメリカを見よ、旧ソ連を見よ、幕末の日本や李氏朝鮮末期の混迷を見よ、主義にこだわり過ぎれば副作用が効能を上回る。

 大相撲は良くも悪くも日本そのものだ。スポーツでもあり、神聖な神事でもあり、歌舞伎のような伝統芸能でもある。日本相撲協会も日本そのものだ。法的には民主的制度を設けているが、実際は慣習で封建領主のような一門の合議制だ。貴乃花親方のように親の部屋を継ぐ例はあるが実力が伴わなければ必ず世襲できるとは限らない。スポーツマンシップに乗っ取ってガチンコ相撲をするときもあれば、同時に神様への奉納でもあるので勝負にこだわるだけでは殺伐としすぎて日本の八百万の神様は喜ばん、「人情相撲」もあって良いだろう。
 適当にバランスを取ってまとめるのが日本のやり方である。重心を偏らせば、かえって事態を悪化させる。
 
 今回は20人以上の力士を退職させたようだが、「推定無罪」の原則でいえば協会側の処置は「不当解雇」として十分立件できる。明らかに「退職の強要」で犯罪的な処置だ。労働者の人権問題でいえば、八百長をやった力士や関与した親方が背任行為に当たるなら、協会の処置は人権侵害であり職権乱用であり不当解雇となる。八百長の法的証拠は乏しいが、雇用主としての力士への人権侵害は明白という矛盾は残ってしまう。
 それに、過去に暴力団から化粧回しを贈られたり、「八百長」の語源自体が相撲から発している事から、一見すると厳しい姿勢で協会が臨んだように見えるが、20人以上の蜥蜴の尻尾切りで済ませて先へ進みたい意図ではないかと勘繰れる。
 
 私は前にも書いたが、力士個人の問題で片付けるのではなく、むしろ敢えて力士個人は不問とし、協会組織が罰を受けるべきだ。理事会は総入れ替え、公益法人の看板を返上、夏場所技量審査云々よりも復興祈願の神事として銭はとらず、観客は被災者優先、会場外ではちゃんこの炊き出し。
 変なところで力士個人のルール違反で片付けるか。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/04/07 12:37 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク