FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

統一地方選挙(6) 近頃の現象[六百八十四] 

さまざまな思い胸に論戦スタート 
後半戦告示

 
 東日本大震災や福島第1原発事故の影響が続く中、17日スタートした統一地方選後半戦。新潟、福井県の原発城下町では原発の是非やあり方をめぐって論戦が始まった。被害が大きかった地域では、延期されるケースが多い一方、被災地ながらも選挙戦に入った自治体も。有権者に配慮し、選挙カーの使用を自粛したり、拡声機の音量を絞るなど、一部では異例の選挙戦が展開される。(毎日新聞)
 
【雑感】異例というより、統一地方選挙を強行する意味が未だに解らないし納得できていない。どう考えても選挙なんかやっている場合ではない。また一部の候補者にとっては大きなハンデすら抱えた。
 
 例えば東京都知事選だ。通常のお祭り騒ぎみたいな選挙はできないから全候補者は選挙運動を自粛する。みんな自粛するから条件は一緒、と思ったら大間違い。現職が圧倒的に強くなるのだ。現職は選挙に出なくても、公務をやるだけで宣伝工作になってしまう。他の候補者が候補者に過ぎないのに防災服を着ても様にならないし白々しいだけ。政権批判をやってもエエカッコにしか見えん。
 現職は公務でいくらでも魅せ場を作れる。残念ながら民主党政権も失言が多い。それに毅然として物申す防災服姿の首長を演出できる。最初からスタートラインが違うアンフェアな選挙だ。
 
 統一地方選挙前半戦は主に都道府県知事や府議県議や・政令市市議などの選挙、後半戦は主に中核市以下の市町村議会の選挙になる。
 テーマは防災対策と原発の問題に集中するだろう。推進派は「容認派」に看板を変えて安全対策強化と電力会社への監視体制を主張し、反原発派は反原発を声高に主張する。あるいは「脱原発」に看板を変えて徐々に原発依存を脱却する政策を展開するか。
 
 電力がいるのは東京大坂などの大都市圏に限られ、原発や核処理場があるのは人口が少ない田舎ばかり。今回の後半戦でどう判断するか。
 少なくともいえるのは、民主党は今後も惨敗する。なぜ半年程度延期しなかったのか、解らない。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/04/18 01:07 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク