FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

事実関係掌握能力とは? 近頃の現象[六百八十八] 

情報の送受信は難しい。

つくば市、福島からの転入者に放射能検査要求
 茨城県つくば市が、東京電力福島第一原発の事故で福島県から避難して転入する人たちに、放射能汚染の有無を確認する検査を受けた証明書の提示を求めていたことが18日、わかった。(読売新聞)

「持病の薬飲み忘れた」6人死亡事故の運転手
 栃木県鹿沼市樅山(もみやま)町の国道293号で18日朝、集団登校中の同市立北押原(きたおしはら)小学校の児童6人がクレーン車にはねられ死亡した事故で、自動車運転過失傷害容疑で逮捕された同県日光市大沢町、運転手柴田将人容疑者(26)が、栃木県警の調べに対し、「持病の発作を抑える薬を飲み忘れていた」と供述していることが19日、捜査関係者への取材でわかった。(読売新聞)

【雑感】つくば市で被災者に対し差別的扱いをやってしまった。あの自治体はたしか80年代に「科学万博」なる博覧会をやっていて、現在も「学術研究都市」の看板を掲げているそうではないか。
 転入を拒否するぐらいに汚染されていたら、そもそも当人はつくば市へ自力移動したり転出届を記入して提出するほどの健康体ではいられない。なんと愚かな。
 私が住んでいる堺でも昔「O-157」騒ぎがあって、発症した児童を「バイキンマン」と呼んでイジメるのが問題になった。それと同レベルの稚拙な現象だ。

 さて、本記事では全く関係ないと思われるクレーン車暴走事故のニュースも紹介した。何故なのか読者の皆さんはピンとこないだろう。実は地続きの問題が潜んでいる。
 クレーン車事故の第1報は、対向車線のクレーン車が突然暴走して登校中の児童の列に突っ込み、はねられた児童は重体。次に運転者の「あたった様な感じがした。あとは憶えていない」という趣旨の供述が報道され、白黒写真ではあるが茶髪系のチャラ男系笑顔の容疑者の容姿が公開された。

 これら初期の報道から、私の周囲では幼い子供たちがチャラ男が運転するクレーン車に轢かれた、という憤りを抱いていた。容疑者の「深く反省している」とのコメントが紹介されると、「6人殺しておいて『反省』だと?ふざけるな」という感じだった。

 ところが、報道の回を重ねるごとに、容疑者の様子も明らかになってくる。容疑者が勤める会社から事故現場まで1kmも無い。自動車なら数分もかからない場所だ。当初は夜遅くまで酒飲んで酒気帯びで仕事についていたのではないかと疑われ、容疑者の日頃の勤務態度は真面目で酒気帯びでもなかった事が判ると会社が過酷な労働を強いていたから居眠りで事故を起こしたのではないかと疑いを持たれた。
 また最初は茶髪の写真が公開されていたが、送検される時の映像では普通の黒髪、逮捕されているから髪を黒く染めるなんて事は無理、事故当時も黒髪だ。そして容疑者には癲癇の持病があり、当時は薬を飲み忘れた事が判った。
 裁判では十分な酌量要素になるだろう。容疑者は居眠り運転ではなく気を失っていたと弁護側は主張できる。
 ただ、このことで今度は癲癇もちに自動車などの運転はさせるな、との声があがり、癲癇持ちは就職差別を受ける可能性が出でくるし、実際に今でもある。あるからこそ、かつて筒井康隆氏は癲癇者差別の疑いをかけられて言葉狩りを受けた。容疑者にしても、もしかしたら過去に癲癇の発作があったかもしれないが、偏見を恐れて「居眠り」ということにしていた可能性もあるかもしれない。

 語弊を恐れず言えば、当初のマスコミは「嘘」は報道しなかったものの、茶髪のボサボサ頭で笑っている写真を公開して容疑者を軽薄で責任感の無さそうな若者(茶髪男性が不真面目という偏見が残念ながら世間にはある。その証拠に私の友人知人は会社面接の前に短髪にして黒く染めた)のように演出した意図は無かったのか?

 放射能の問題にしても同じ。科学万博を催したほどの自治体が放射能を伝染病のように扱う始末。放射能に対する恐怖が、偏見と差別を生むようになっている。
 当事者はただでさえ精神的ダメージを受けている。しかし今の世の中は、それでも無い気力を振り絞って堪えなければならない局面が無数にある。当事者を受け入れる側は、リスクを承知し覚悟を持つ姿勢が必要になる。精神的に耐え得る「力」の余裕が無いと、情報を誤認したり、疑わしきは排除する行動に駆り立てられる。

 惨い話だが、受け入れなければならない。しかし、私も含め平凡な庶民にはなかなかしんどい。冷静で客観的にあり続けようとすれば、逆に「スター・トレック」のミスター・スポックのように反感を買われる事も多々ある 


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/04/20 19:42 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク