FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

癲癇発作 近頃の現象[六百八十九] 

クレーン車事故 
柴田容疑者、持病隠し免許取得

 
 栃木県鹿沼市で登校中の市立北押原(きたおしはら)小の児童6人がクレーン車にはねられ死亡した事故で、逮捕された運転手の柴田将人容疑者(26)=自動車運転過失致死容疑で19日送検=は、発作を伴う持病があることを隠して運転免許を取得していたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は事故と持病の因果関係について捜査を進めている。(毎日新聞)
 
【雑感】つらい事故だ。犠牲になった6人の子供たちは何の落ち度も無く広い歩道の一番端を学校の指示通りに列を組んで歩いていただけだった。道路は見通しの良い直線、普通なら事故に遭うはずの無い通学路だ。理不尽というか運が悪いというか。
 
 柴田将人容疑者もこれまで癲癇を抱えながら、周囲の無理解に苛まれながら、ハンデのある身体を騙して特殊自動車の免許を取って働いていたのだろう。しかし、6人の人間が死んでしまった以上は同情はできない。
 
 これからの裁判を考えると恐ろしい。6人の児童たちの遺族は当然の事ながら、容疑者個人と雇用主の会社を相手取って訴訟を起こすだろう。容疑者には事故の直接責任、雇用主の会社には癲癇発作を抱えている社員の管理責任を問う。
 一方、加害者側の弁護士は、加害者の日頃の真面目な勤務態度と、世間に根強くある癲癇患者への偏見と差別、昨今の不況による就職難では求人応募者がわざわざ聞かれもしないのに自分の不利となる要素は話さないし話さないよう職安も指導する社会的事情など、酌量を求めてくる。そしてこれらは執行猶予中の事故でも認められる可能性が高い。
 会社側にしても、クレーン車の運転免許を持っている人間が癲癇患者なんて想像はできない。事故はいわゆる想定外の出来事、責任はかなり小さく見積もられるか、もしくは無い。
 
 全く落ち度の無い6人の子供たちが死亡する悲劇が存在するのに、十分に責任を負える立場の人間が誰もいないという状況に陥る可能性がある。怖い話だ。
 
 ただ、ただ、なんでこうなるんや、と溜息が出てしまう不条理だ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/04/21 17:27 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク