FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

脱原発 近頃の現象[六百九十六] 

脱原発」訴え、東京都内でデモ行進
 
 「(原子力は)安いと言うけど 、原発には保険はきかない。事故があると、国がつぶれるほどのコストがかかる。No more atomic anything.(もう原子力はこりごりだ)」(作家 C・W・ニコルさん)
 これは、地球の環境について考える「アースデイ」にあわせて行われたものです。デモ行進では、家族連れなどおよそ5000人が「エネルギー政策転換を」などと書かれたプラカードを掲げ、渋谷駅前や明治通りなどを練り歩きました。
 
(中略)

 一方、東京電力本社前でも、「脱・原発」を訴える複数の団体が合同でデモ行進を行い、警備にあたる警察官ともみ合いになる場面もみられました。(TBS)

 
【雑感】C・W・ニコル氏に湯川れい子氏に加藤登紀子氏、いい顔ぶれだ。環境問題や反戦平和の催しとなれば登場する方々だ。
 5000人のデモ行進とは、湾岸戦争やイラク戦争の反戦デモ以来の盛り上がりだな。平時であれば、反原発脱原発のデモなんて、数百人集まれば御の字だった。
 
 反原発派が以前から指摘しているのは、

「原発から発電される電気コストは無理やり安くしている。原発を抱える自治体への交付金を考えたら他の発電に勝るとも劣らないほど単価は高い」

「ドイツなどでは事故対策や事故発生時の住民批難や退避施設の建設など考えたら採算が合わず建設中止にした」
 
「電気事業を規制緩和すれば原発は造らなくて済む。電気事業連絡会の独占市場が問題だ。あいつらが自家発電を妨害している。原発を造らなければいけない方向へ仕向けている」

  
 などなどである。関西でも京都のアイリーン・スミス氏らのグリーン・アクションなどが訴えていた。
 
 90年代末のCOP3京都議定書の頃では盛んに宣伝していて、TVニュースでも取り上げられていたのだが、いつの間にか忘れ去られ、気がつけば原発増設の話へと世論が流れた。
 
 たしかに電気事業はあれから若干緩和されたとはいえ、まだまだハードルは高い。それゆえ、電力会社がわざと電力事業参加や自家発電を妨害し、原発に依存させるために次世代エネルギーへの開発を消極的に行っている、本気で取り組めば少なくとも原発増設はしなくて済むはず、との批判は根強くあった。
 
 規制緩和をして発電をもっと市井の手に届くものにする、これは良いと思っている。一度やって、社会がどう動くか試してみるのも一興だろう。行き詰って打開策がイマイチ見えないときは、石を投げてみて波紋を見ることは必要である。
 
 ただ、私は反原発脱原発派の情報を未だ鵜呑みにはしていない。物事というのは双方の情報を吟味して判断するのが肝要である。どちらも自分にとって都合の良い情報は積極的に公開し都合の悪い情報は隠す、これは人間の性(さが)である。何人も性からは逃れられない。
 反原発脱原発派で気になるのは、あまり経済を考えない人が多い点である。むしろ経済というものを否定に捉えたり、人間の利害関係というものを軽く見る傾向が強い。
 
 今回の場合、東電は経済活動を気遣い、コストダウンを行って利潤を追求した結果、原発の危険性を楽観的に見てしまった。逆に反原発脱原発派は原発の問題点を鋭く指摘するのは良いが、経済を甘く見る。
 双方の長所と短所を把握したうえで情報を精査する事が我々庶民に求められる。
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/04/24 22:49 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク