FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

2011年世界選手権男子フィギュア フィギュアスケート[六十三] 

織田2位、高橋は3位 
チャン世界最高で首位 
世界フィギュア男子SP

 
 フィギュアスケートの世界選手権第3日は27日、当地で男子ショートプログラム(SP)が行われ、初の表彰台を狙う織田信成(関大大学院)が81.81点で日本勢最高の2位につけた。
 日本選手として初の連覇を目指す高橋大輔(関大大学院)は、80.25点で3位。予選をトップで通過した小塚崇彦(トヨタ自動車)は、77.62点で6位となった。パトリック・チャン(カナダ)が、SP世界歴代最高得点の93.02点で2位以下に大差をつけ首位。フリーは28日に行われる。
 引き続きペアSPが行われ、今季のグランプリシリーズの2戦で表彰台に上がった高橋成美(木下工務店ク東京)マービン・トラン(カナダ)組に期待が懸かる。(時事通信)

 
【雑感】上位3位が東アジア系選手で占められるとは、「アジア民族主義」の私としては喜ばしい限りである。
 コーチは欧米人やないか、との突っ込みをメル友から受けたが、そんなのはドーデモいい。裏方が欧米人であろうが宇宙人であろうが関係ない。表舞台に立つ者が誰なのか、これが2位を圧倒的に引き離しての第1位の意義である。この第一意義の前に二番手の意義など吹けば飛ぶ存在だ。60億世界人民大衆は表舞台に視点が集中するのである。
 政治家が勇ましく演説しているのを見て、「あれは側近の脚本どおりにしゃべっているだけ」と考える人間が60億もいる訳が無い。殆どが素直に信じるか、解っていても騙されてやる。
 
 おっと昨夜の中継を見ながらメル友と議論した熱が燻っていて、また火が着いてしまった。冷やそう。
 
 男子も女子も東アジア系選手の台頭が著しい。私が学生だった頃は、フィギュアスケートなんて欧米人のためのスポーツ、日本選手は逆立ちしてもトップは狙えない、容姿体型からしてハンデがある、と思っていた。
 いずれは、陸上競技・ボクシング・バスケットがアフリカ系の独占のようになったのと同じように、東アジア系がフィギュアを担うと私は考えている。日本勢だけの台頭であれば、欧米諸国は主要スポーツの国際機関のイニシアチブをあらかた握っているので「ルール改正」へと露骨に動くだろうが、パトリック・チャン選手はカナダ人、長洲未来選手はアメリカ人だ。
 

 ところで、大顰蹙を買うかもしれないが本音をいうと男子フィギュアはイマイチ面白くない。ワクワクするものを感じないのだ。プルシェンコ選手のような反骨キャラでも出ていれば愉快になるのだが、彼は女性同伴で観客席だ。つまらん。
 男子フィギュアは美しくないのだ。心のどこかで、力と技の格闘という感覚で観てしまう。だからプルシェンコ選手のように闘争心を隠そうとせず、インタビューや記者会見でも他選手を挑発する言動を発する選手がいないと退屈になる。
 ブライアン・ジュベール選手は精彩が無く素人目にはまるで練習滑走のような演技、織田信成君のチャレンジは素晴らしいが万が一ド失敗したらまた泣き出すのではないかとの心配がある。

 
 やはり女子フィギュアが最高だ。素直に美を愛でられる。素直に本音をいえば、フィギュアスケートの目的は女子フィギュアの鑑賞だけ、と言い切っても良い。女性への興味を失ったら男子は終わりだよ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク