FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

福島第1原発(13) 近頃の現象[七百三十二] 

班目氏が再臨界の恐れ」 
本人「言ってない」

 
 政府・東京電力統合対策室は21日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に行われていた海水注入が中断していた経緯を説明した。

 この中で対策室は、内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長が3月12日、菅首相に「海水を注入した場合、再臨界の危険性がある」と意見を述べ、それを基に、政府が再臨界の防止策の検討に入ったとしていた。しかし、班目氏は21日夜、読売新聞の取材に対し、「再臨界の恐れなど言うはずがない」と対策室の説明内容を真っ向から否定した。

 東電側は、官邸で再臨界の危険性の議論が続いていることを理由に海水注入を中断したとしており、班目氏の再臨界に関する指摘の有無は、対策室の説明の根幹部分といえる。対策室と班目氏の言い分の食い違いは、23日からの国会審議で大きな問題となりそうだ。(読売新聞)

 
【雑感】班目氏はこわばった顔で否定していた。「そんな事いうはずがない。もし言っていたら、私には原子力の知識が無いとうことになってしまう」と。
 こないだ班目氏が衆院予算委員会で、さも震災直後から福島第1原発の状況を判っていたかのように発言し「(官邸には)助言していた」と主張した事への、官邸側の仕返しかな?

 内閣も東電も原子力安全委も、それから過去半世紀にわたって原子力事業を推進してきた自民党政権も、言い分は各々あるだろうが、もう国際社会での信用は地に落ちている。原発事故は国内問題ではなく世界的問題と見なされるからだ。東電も菅政権も日本の官僚も、世界は信用しない。目前の大問題に神経つかって、このことには注意が向かないのかな?
 
 菅政権うんぬん民主党うんぬんとかの問題ではなく、日本そのものが潰れるかもしれない。チェルノブイリで旧ソ連がどうなったか、ソ連崩壊後のロシアやその周辺諸国の混乱を見れば、政治家や高級官僚たちはもう少し危機感を持たなければならないと思うのだが。
 
 むかし、自嘲の冗談で「日本がアメリカの51番目の州になったら、日本に山積する諸問題の多くは解決するやろうな。天皇制や日米安保といった主なものは解決だ」と市民運動の仲間らで言い合って、大酒飲んで虚しく大笑いした事がある。
 仮になった場合、天皇制はローマ法王のように宗教的権威のようなものとしてアメリカは存続させるだろうし、日米安保は消滅して堂々と米軍は日本を自国として防衛につき、自衛隊の主力は米軍各部隊に吸収され。残りは「自衛隊」の看板を残したまま州兵として存続。
 そして今回の原発事故は、たぶん相当荒っぽくて冷酷な処置を行うだろうが、少なくとも菅政権や東電首脳よりはもたもたせず、もう少し安定化への進捗は進んでいただろう。
 
 サミットで、菅直人氏は何を話すのだろうか?
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/05/22 12:21 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク