FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

変形性腰痛 晴雨堂の晴耕雨読な日常[五十八] 

変形性腰痛
 
 加齢にともない、椎間板がいたんできたり、骨の変形が出てきたり、そのための痛みがでてくる状態です。若い時に力仕事をしても全く平気だった人が、年をとって無理をすると腰痛が出るようになって、レントゲンをとってみると椎間板が減っていて骨の変形がきていたといった時に、変形性腰椎症という「病名」がつくわけです。

 加齢にともなう骨の変形の程度も人によって様々ですが、痛みのでかたも人それぞれです。また、骨の変形が強くあっても、ほとんど痛みが出ない人もたくさんいます。 こういうことから、骨の変形があれば、すぐに変形性腰椎症という病名をつけるわけにもいきません。痛みのない腰椎変形は、ただの加齢現象といえます。 そこで、生活に支障があるような腰痛があって、レントゲンで腰椎の変形がみられた場合に、変形性腰椎症、と呼ぶのが一般的です。(NPO法人高齢者運動器疾患研究所)

 
【雑感】季節の変わり目や、暑かった日の次に寒くなったり、そんな日が続くと持病の腰痛が鎌首をもたげる。
 
 腰痛との付き合いは中学一年生から始まった。
 当時、プロボクサー具志堅用高選手が無敵の世界チャンピオンとして君臨していた。彼の練習方法に、うつ伏せになって両手で両足を持ち腹筋と背筋を使って身体全体をバネに飛び上がる運動があった。私たちはこれを「具志堅跳び」と呼んだ。
 腹筋と背筋に自信があった私は当然の事ながらふざけてよく跳んだ。意外に簡単に跳ぶ事ができたので、部活の友人らと練習中に誰が一番高く跳べるか競い合ったものだ。ところがやり方が拙かったのか、腰を捻ってしまった。ただ当時は腰が単に「痛い」だけで部活は問題なくできた為に放置、一晩寝たら痛みは完全に消えてしまうので腰痛の事はすぐに忘れてしまった。
 
 ところが腰痛は忘れた頃に襲い掛かってくる。今にして思えば季節の変わり目か? 高校二年生の時、これまで経験した事が無い傷みが走った。歩くのも難儀、ただ事ではないと青くなって部活を休み病院に駆け込んだ。同期の友人たちは「○○選手、今季限り」なんて冗談で囃し立て、私は「明日から鬼のマネージャーとしてお前ら世話しちゃる」と応酬したが内心は焦っていた。何しろ、せっかくバタフライの選手として頭角を出した矢先だったからだ。
  病院に診てもらうと「ただの炎症」、レントゲンを撮るわけでもなく、医者は触診で判断した。治療といっても、うつ伏せに寝かされて腰に電気を照射するだけだった。一度の治療で傷みはあらかた無くなり、2・3度の通院で「完治」した。完治をカギカッコで括ったのは、それ以後もやはり忘れた頃に腰痛が襲ったからだ。しかし治療法は相変わらず電気をあたるだけ。
 
 今にして思うと、高校生以降は腰痛の持病があることを自覚していながら、平素は痛くないためか肉体労働をけっこうやっていたように思う。20代前半の頃はアルバイトで50キロや60キロの荷物をよく運んだし、遺跡発掘のバイトではドカタの作業もやった。日本一周サイクリングも腰に直接負担は無かったとは思うが、それなりに重労働だったはず。休日では一眼レフ2台と交換レンズ数本をカメラマンバックに入れて写真撮影に出かけたりもした。
 常に重い荷物を背負って動き回るという生活スタイルを一貫して続けていたように思う。痛いのは一時だけで、すぐに「治っていた」から気にとめなかった。
 
 しかし40を過ぎた頃だったか、職場でちょっとした重労働(今にして思えば、けっこうキツイ肉体労働だった)をやったその翌朝、起床できない自分に驚愕した。腰が痛いといったレベルではなく身体が動かないのだ。とても仕事ができる状態ではないのでその日は休み様子を見たのだが、昼ごろになってようやく連れ合いの介助で起き上がれたものの歩行も困難だった。
 その翌日も状況に変化は無く、止むを得ず駅前の外科医院に駆け込んだら、医者の診断は「変形性腰痛」だった。レントゲン写真には見事に尾骶骨上部の腰椎の感覚が狭くなっている。
 
 変形性腰痛なんて病気は60や70の年寄りが罹るものと思い込んでいた。それを40過ぎの私が、ときどき30代前半の青年に見られる事もある私が、年寄りの病気に罹っている事がショックだった。
 
 現在も年に数回以上は腰痛の鎌首がもたげる。中高生の頃のように忘れるまで大人しくはしてくれない。やばそうだと思ったとき、あるいは重労働が予想されるときに、簡単なコルセットを腰にまいて予防するようになった。
 連れ合いは批難するが、私が熱い風呂に入るのは必要に迫られているからである。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク