FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊」 寂しさをまぎらわす時に〔23〕 

ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊」 
主役はかつてのUKバンド美少年、
大物文化人や伝説俳優が登場!

 
ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊.jpg
 
【原題】THE DEAD UNDEAD
【公開年】2009年  【制作国】亜米利加  【時間】90分  
【監督】マット・アンダーソン エドワード・コナ
【原案】エドワード・コナ
【音楽】スティーヴ・ベントン スコット・ジェームズ
【脚本】エドワード・コナ
【出演】ジョシュア・アルバ(-)  マット・アンダーソン(-)  キャメロン・グッドマン(サマー)  ルーク・ゴス(ジャック)  ランス・フランク(-)  ジョニー・ペイカー(-)  ヴァーノン・ウェルズ(-)  フォレスト・J・アッカーマン(-)
  
【成分】パニック 不気味 勇敢 セクシー ゾンビ バンパイア
                    
【特徴】典型的なB級未満映画。日本版ソフトはあからさまな表紙替と誇大タイトル。物語の構成もバランスが悪い。もしかたら原版はTVドラマで、強引にDVDにまとめた結果、稚拙な構成になってしまったかもしれない。
 内容はゾンビ・バンパイア映画だが、殆どが銃撃戦やチャンバラアクションばかり。そのためか銃器マニア・ミリタリーマニアには面白い映像があるかもしれない。
 主役は90年前後にUKバンドで活躍した美少年ミュージシャン、すっかり渋い中年オジサン。さり気なく大物文化人や伝説俳優たちがゾンビ役やバンパイア役でチョイ出演している。オタクにとっては貴重映像、アメリカのSF・ホラー・B級ファンにとっては感動で涙を流す内容でもある。
    
【効能】明日への希望に満ち溢れていく。退屈と寂寞を紛らわせる。
 
【副作用】時間の浪費感に襲われる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
ゾンビ映画らしくないドンパチ映画。
 
 まず、B級以下の映画らしく、パッケージは明らかに「表紙がえ」だ。米軍の最新歩兵装備で完全武装した女性兵士がライフルを構える写真が載っているが、そんなキャラは登場しない。美しい女性バンパイアの兵士が腐臭漂う汚らしいゾンビをバッタバッタと倒していく様を期待していたのだが、そんな場面は皆無だ。
 
 B級以下映画なら容易に予測できる事だが、にも関わらず観たのは主役にルーク・ゴス氏、ヒロインはキャメロン・グッドマン氏が担当していたからだ。ルーク・ゴス氏はエド・ハリス氏を若くしたような風貌で、「デス・レース」リメイクに出演しているから日本でも知られている。B級映画専門の俳優なのだが、かつてはUKバンドでミュージシャンをやっていた。1990年前後に活躍していたので、憶えている方も多いだろう。(余談1)
 キャメロン・グッドマン氏はB級出演が続いている美形キャラ、少しお色気場面を期待してしまった。
 
 最初こそB級ゾンビ映画らしく、若い女性たちの一団が不気味な森の奥深くへバカンスにやってきて、入浴シーンなどで若干のお色気を振りまき、そこへゾンビが襲い掛かってくるのだが、唐突に謎の武装集団が助けに来て自動小銃を派手に撃ちながら撃退していく。その後は延々とアメリカ人お得意のドンパチ場面と剣を振り回すチャンバラがラストまで続くので、ソンビ映画というよりはアクション映画だ。
 パッケージ写真のような正規軍の装備はつけていないが、銃器マニアが喜びそうな各種ライフルが登場する。
 
 設定やキャラは悪くない。バンパイアが人間との共生をはかって牛の血を飲むようになった。ところが狂牛病に感染したバンパイアがゾンビ化して襲い掛かる。人間の生息エリアに侵入して感染を広げたら収拾がつかなくなる、ということでバンパイアによって組織された自警団がゾンビ狩りをする。
 主人公とヒロインの関係も良い。冒頭の美女グループ唯一の生存者キャメロン・グッドマン氏扮するヒロインは、ルーク・ゴス氏扮する主人公のバンパイアの志に共感して行動を共にし、ついに自分の血を主人公に捧げる。
 ラストは新たに加勢に来たバンパイア自警団と合流、ヒロインもバンパイアに変化したのか、主人公と行動を共にする事を約束する。仕切りなおしで新たなる出発を開始するところで物語は終わる。
 
 ところが如何せん、90分作品なのに登場人物が多過ぎる。冒頭の美女グループはあっさりゾンビの餌食になってしまうので顔と役名を憶えられない。加勢に来るバンパイア自警団も5・6人なので憶えにくかった。しかも自警団のメンバーが人間だった頃のエピソードが挿入されるので、エピソードの詰め込みすぎ。
 他のレビューでも述べたが、登場人物は5名から7名程度が適切、それ以上だと訳が解らなくなる。本作の場合、登場人物は半分に減らせば構成が綺麗になったと思う。
 
 最後に、なんと「マッドマックス2」や「コマンドー」のヴァーノン・ウェルズ氏が主人公の親友役でチョイ出演する。これは当たりだった。(余談2)
 
(余談1)バンド・ブロスで活躍。双子の兄弟マットも加入していたので、同じ顔が2人いた。ドラムとボーカル、どちらがルーク・ゴス氏かは憶えていない。刈上げのオールバックで、髭のない高校生みたいなツルツル顔だった。当時に比べると今は随分渋くワイルドになった。40過ぎたら当たり前か。
 全盛期は80年代終わり頃。この頃になると私はMTVから離れていったので、歌は印象に残っていない。全英チャート1位なった歌もあったそうだが。硬派のロックミュージシャンというよりはアイドルっぽい。
 
(余談2)もう1つ、最初見たときは気がつかなかったが、なんとSFとB級ホラーを愛する作家フォレスト・J・アッカーマン氏が車椅子に乗る老ゾンビ役でカメオ出演している。日本に例えたら、アッカーマン氏に該当する文化人は見当たらないが強いて言えば、「アンパンマン」のやなせたかし氏や「笑うせえるすまん」の藤子不二雄A氏が「お姉チャンバラ」にゾンビ役で出演するようなものだ。
 彼は2008年12月に黄泉の客となられたので、本作の制作時期を考えたら体力が著しく衰えた最晩年である。車椅子は役柄ではなく本当に車椅子の生活だったかもしれない。心底からホラーが好き、B級が好き、映画が好きなのだ。この情熱は涙が出る。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆ 可
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆ 凡作

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

TBありがとうございます

初めまして。TBありがとうございます。
てっきりゾンビvsヴァンパイアものだと思ってましたが
基本的にはヴァンパイア同士の戦いって感じで、正直言って残念でした。
個人的にはこういう悪vs悪を描いた「vsもの」にはいつも期待するのですが、良い作品に当たったことは無いですね(笑)

またちょくちょく覗かせていただきます。
よろしくお願いします。

Re: TBありがとうございます

ONE OF THE BROKEN氏へ
 
こちらこそ初めまして。
 
> てっきりゾンビvsヴァンパイアものだと思ってましたが
> 基本的にはヴァンパイア同士の戦いって感じで、正直言って残念でした。

 私も期待していました。女吸血鬼だけの武装集団とゾンビの群れとの戦いを期待していました。ルーク・ゴスはその戦いに巻き込まれる平凡な人間。
 やがて女吸血鬼の1人と恋仲になり、関係を持ち、佳境では血を吸ってもらって吸血鬼の仲間入りをし、ヒロインの吸血鬼と一緒にゾンビ狩りを永遠に続ける。
 
 そんな物語ではなかった・・。


> 個人的にはこういう悪vs悪を描いた「vsもの」にはいつも期待するのですが、良い作品に当たったことは無いですね(笑)
 
 裏切られると判っていながら観てしまいますね。しかし、この作品は物語はつまらないが、「大物」がカメオで出ていましたね。
 フォレスト・J・アッカーマンなんか、あの当時は最晩年で外へ出歩く体力は無かったはずなのに、車椅子に乗った老ゾンビ役で出ている。これは涙が出ますよ。B級のバカバカしい映画が心底好きなんだな、と。
 「エド・ウッド」の世界ですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/1823-e06a8781

ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊

THE DEAD UNDEAD/09年/米/90分/劇場未公開 監督:マット・アンダーソン、エドワード・コナ 出演:ジョシュア・アルバ、マット・アンダーソン、キャメロン・グッドマン <ストーリー> 謎の男に取引を持ち掛けられ、命と引き換えにゾンビを狩るヴァンパイア戦士と...

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
79位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん