FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「映画処方箋」と「近頃の現象」 

ブログテーマについて。
 
 当サイトは映画レビューをメインにした映画ブログですが、アップする記事は大きく「映画処方箋」用の記事と日常の徒然を書いた「近頃の現象」とに分かれます。
 映画レビューは評論を職業としていないので物理的に映画鑑賞やレビュー執筆の時間が限られており、その間隙を埋めるように「近頃の現象」をアップしてきました。
 
 2011年6月1日の時点で「近頃の現象」の記事が「映画処方箋」の記事より数がやや上回っています。アップの頻度を考えると、今後は「近頃の現象」が「映画処方箋」を大きく上回る事になるでしょう。
 「近頃の現象」は7百以上の記事がアップされていますが、そのうちの半分が日本国内の政治経済ネタで占められています。そのため、読者から「映画処方箋ではなく政治処方箋だ」とのご指摘を受けました。あるいは「映画ブログから逸脱しているのでは」との苦言もいただきました。

 ある友人は「ミカエルは引き出しが多いから、日常ネタや時事ネタを書いたら関連する映画をそのつど紹介しては」と意見されました。また別の友人は「映画処方箋と近頃の現象を分離して別々のブログにしたらいい」と提案されました。
 今のところ、私は前者の意見を採用しているつもりです。部分的には実施している段階で大部分は手付かずの状態ではありますが。
 
 自分で申すのは憚りたくなりますが、記事の更新頻度はけっこう多い部類に入ると思います。仕事で忙しかった時期でさえもほぼ毎日更新してきましたし、記事内容も2・3行の短文で済ます事は稀です。
 自分の「文章生産力」を考えたら、後者の御提案のように当ブログ以外に新しいブログを立ち上げる事は可能でしょう。
 
 しかしながら、当ブログのコンセプトは、日常の節目や気分や体調に見合った映画を処方する事、ですから「近頃の現象」一つ一つに見合った映画を紹介する事は当ブログのコンセプトに合致しますし、そう努めていく意義があると感じております。
 というのも、映画は厳しい現実に疲れた観客に束の間の夢の世界へ導き癒す事もあれば、現実から逃避する観客の頬を叩いて目を醒まさせる事もあります。単なる娯楽でもあるし娯楽だけでもない。それらが映画鑑賞の醍醐味であります。
 
 映画鑑賞が仕事の映画評論家と違って鑑賞作品数は少なく、一つ一つの「近頃の現象」に見合った映画を全て紹介するだけの知識量が乏しい事は自覚しておりますが、乏しい知識量ながらも映画を愛する者の1人として映画の良さを皆さんに伝えていく所存です。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



やぁミカエル!また来たぜ。

頭から否定的にいこうかと思ったけどそれは意味がないな。あんたの土俵にあがるぜ。じゃあ聞くが、福島原発問題や、震災復興問題や、捕鯨問題でもいいが、映画と関連させてどうなるんだい?

映画好きの俺が言うのもなんだが、映画を何十本観たって自分も世の中も何も変わりゃしないぜ。

[ 2011/06/03 11:57 ] [ 編集 ]
きたかハリー。
 
> 頭から否定的にいこうかと思ったけどそれは意味がないな。あんたの土俵にあがるぜ。じゃあ聞くが、福島原発問題や、震災復興問題や、捕鯨問題でもいいが、映画と関連させてどうなるんだい?
 
 映画と関連させているのではなく、映画は企画制作の段階から関連しとるんや。その時その時の社会を映している。無関連の映画は存在せんね。


> 映画好きの俺が言うのもなんだが、映画を何十本観たって自分も世の中も何も変わりゃしないぜ。
 
 変わる奴もいれば変わらん奴もいる。世の中や人生というのは、何がきっかけで激変するか判らんで。映画も数多くある要素の1つや。ワシは映画が好きだから映画を取り上げているだけ。
[ 2011/06/03 12:24 ] [ 編集 ]
じゃあんたの中の何が変わったか教えてくれよ!

別に過去の話でも何でもいいけど。映画なんて所詮、娯楽にすぎないぜ!最高の娯楽かも知れないがな。
[ 2011/06/03 14:46 ] [ 編集 ]
ハリーよ。
 
> じゃあんたの中の何が変わったか教えてくれよ!

 俺のレビュー読んでたら、↑こんな質問や疑問は出てこないはずや。今まで書いたレビューに載っている。開示済みの情報をわざわざコメント欄に書く必要は無い。あとは読者の責任や。


> 別に過去の話でも何でもいいけど。映画なんて所詮、娯楽にすぎないぜ!最高の娯楽かも知れないがな。

 いいんじゃないの。おまんは映画に娯楽以外の価値は認めない、で。映画との付き合い方も十人十色だ。おまんは「映画」に娯楽しか求めていない、それも有りやろう。

 俺は娯楽以外にも様々な用途がある、応用がきく、と考えている。映画の活用・効能についても今まで書いたレビューで何度か言及している。
 念のため言うとくが、俺も映画の基本は「娯楽」と考えている。映画処方箋で一番多い処方は「ストレス解消」であること、判ってるよな。
 ところがな、多くの人が「娯楽」とは観ずに「勉強」として観てしまう作品もある。そんなものは「社会問題を考える時に」などの処方にしてある。
 
 一口に「映画」といっても様々だ。発信する側、受け取る側も解釈は様々。
 「ザ・コーヴ」なんか、イルカ保護をスパイ大作戦のように面白おかしく描写していて、環境問題に興味を持つきっかけになったり、反捕鯨の志を新たにする効果もある。また背後の運動体にとって立派なプロパガンダ、資金集め人員集めの道具としても活躍だ。

 しかし、俺には悪意まるだしのトンデモ噴飯モノにしか見えない、とても「娯楽」として受け入れる事はできない、情けなさと制作者への憎しみすらわいた。
 おまんのように「所詮、娯楽にすぎないぜ」と割り切るには、あまりにも政治的影響力が強すぎ、太地町に加わる不当な圧力は「娯楽に過ぎない」と一蹴するには名誉も経済的損失も小さくは無い。
 
 知ってるか。あの映画のおかげでオーストラリアでは民族対立まで煽られて暴力事件も頻発しているのだ。オーストラリア在住の友人は一時期身の危険を感じたほど。おまんのいう「娯楽」をきっかけにだ。
 
 物事というのは、乱暴に一面だけ見てもしゃーないねん。多面的で、様々な事象にリンクしているものだ。
[ 2011/06/04 03:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク