FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「龍馬伝」 青春回帰〔46〕 

龍馬伝」 
時代劇ブランド大河ドラマらしからぬ青春群像

 

 
【原題】
【公開年】2010年  【制作国】日本国  【時間】2193分  
【演出】大友啓史
【原作】福田靖
【音楽】佐藤直紀
【脚本】福田靖
【出演】福山雅治坂本龍馬)  香川照之岩崎弥太郎)  真木よう子楢崎龍)  寺島しのぶ(坂本乙女)  大森南朋(武市半平太)  大泉洋(近藤長次郎)  要潤(沢村惣之丞)  平岡祐太(陸奥陽之助)  桂小五郎(谷原章介)  伊勢谷友介(高杉晋作)  高橋克実(西郷吉之助)  貫地谷しほり(千葉佐那)  蒼井優(元)  
   
【成分】笑える 泣ける 勇敢 パニック 知的 絶望的 かっこいい 悲しい ロマンチック コミカル 幕末 1830年代~1867年 土佐弁
                         
【特徴】従来の時代劇ではなく、現代劇に近い雰囲気で坂本龍馬を時代と格闘する一青年として描く。その時代に生きた青年の体臭を感じさせるよう、できるだけ従来の時代劇用カツラは使用せず、自毛の生え際を活かしたメイクを主要出演者にほどこしている。主演の福山雅治氏自身も撮影のために髪を伸ばし自毛で結った。プログレッシブカメラを採用したおかげか、スタジオ撮影臭はなく、ナチュラルな映像になっている。
 一見するとリアル龍馬を描いているようだが、あからさまな脚色で史実から逸脱している部分が多々あり、歴史ファンの中には不快感を抱く者がいる。特に岩崎弥太郎を狂言回し的に描いている部分は、現在も記憶を鮮明にする弥太郎とその関係者の近い子孫もいることから、異議を唱える者もいた。

 物語は明治に入って三菱の社長として財界に君臨する岩崎弥太郎に、高知の新聞記者が坂本龍馬について取材するところから始まる。
    
【効能】青春の活力が甦る。土佐弁を若干マスターできる。
 
【副作用】NHK大河的脚色に不快感。高知県民の中には福山氏らの土佐弁が耳障り。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
執筆途中
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/06/28 01:41 ] 映画・・青春回帰 | TB(0) | CM(2)
龍馬伝の映像を見た後だと
半年経っても『江』に慣れなくて困ってます

スリリングな場面の人物の距離感の
適当な撮り方とか、
色の違いというより単に出来不出来の差という感じがして.

龍馬伝も脚本は大したことなかったと思うんですけどね
[ 2011/06/28 02:09 ] [ 編集 ]
ヒノキオ氏へ

> 龍馬伝の映像を見た後だと
> 半年経っても『江』に慣れなくて困ってます

 私はもう観てないですね。珍獣ハンターのイモトを観てたほうが有意義です。

> スリリングな場面の人物の距離感の
> 適当な撮り方とか、
> 色の違いというより単に出来不出来の差という感じがして.
>
> 龍馬伝も脚本は大したことなかったと思うんですけどね

 「龍馬伝」もクサイ場面はあったし、踏み込みが足らないところもありましたが、「江」は題材に不釣合いなファンタジーなので観ていて苦しい。
 来年の平清盛に期待しています。
[ 2011/06/29 03:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク