FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

寂しさをまぎらわす時に 7 「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~」 

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE
総統は二度死ぬ~」
日本映画界もここまできたか・・。

 

 
【公開年】2007年  【制作国】日本  【時間】70分  【監督】FROGMAN
【脚本】FROGMAN
【出演】FROGMAN
          
【成分】笑える 楽しい かわいい コミカル アニメ
        
【特徴】FROGMAN1人で監督・作画・脚本・声優を務めた異能作。実際に1人で総統から吉田君・デラックスファイターまで、まるで1人放送劇のように演じている映像を観た事がある。
 世界に冠たる漫画・アニメ大国日本の底力を象徴する傑作だ。
 
【効能】1人で寂しくしている時、賑やかな気分にしてくれる。
 
【副作用】異能作なので、ギャグについて行けず退屈してしまう。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。


ブログランキングに参加しています。   
独り芝居の傑作アニメ
 
 レビュータイトルは良い意味で書いた。なにしろ日本では気軽に映画は創れない。まず銭がかかるし、自主制作発表の場がまだまだ少ないからだ。その点ハリウッドでは、あのエド・ウッドを伝説にする許容力があるので羨ましく思ったものである。
 しかし、日本では幸いにして漫画文化があった。江戸時代の浮世絵に代表されるように、昔から印刷の質と量は世界のトップクラスだった。漫画と印刷が結びついて世界一の漫画同人誌業界が出来上がった事を知る人はまだまだ少ない。(余談1)
 
 漫画は同人誌のイメージを変えた。白黒の粗末なガリ版刷りから商業誌と比べても見劣りしない華やかな装丁になり、印刷技術を飛躍的に進歩させ、裾野を劇的に広げた。その市場と技術がアニメやCGと結びつかないはずがない。この映画はその申し子のようなものである。
 
 以前ならチームでやらなければできないような雑誌も、技術の進歩で個人でも手が届くようになった。そのためなのか、昔なら漫研などのサークル単位で制作していた同人誌を個人で手がけるようになった。アニメも当然一人でできないことはない。この作品は雄弁にそれを証明した。
 
 ただ、作品のできとしては、私の観方では間伸びしたような感がある。長編ではなく15分程度のショートストーリーを5話程度ならべる発表の仕方で良かったのではないか。
 TOHOシネマの注意ガイダンスをショートコントで説明する鷹の爪団なので、ショートに慣れすぎてしまったかもしれないが。
  
(余談1)自分の本当の良さは、自分がそうありたいと願うものとは違うものである。個人も国家も同じだ。日本の保守も革新も、未だに漫画・アニメを軽視している。アメリカが認めてから称揚するパターンがあまりに多すぎる。
 
 近頃は、「手塚治虫」や「宮崎駿」「ジブリ」に限っては万人の支持を得ている。しかし、それは漫画・アニメが認められたというよりは、手塚氏や宮崎氏が「巨匠」という権威になったからだ。

晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆☆ 金字塔

 
晴雨堂関連作品案内
秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~ スタンダード・エディション [DVD] FROGMAN
秘密結社 鷹の爪BOX ザ・フロッグマンショー 【初回生産限定】 [DVD] FROGMAN
秘密結社鷹の爪団 独立愚連広報部 フラッシュアニメ課 [DVD] FROGMAN
蛙男商会の本 THE FROGMAN WORLD FROGMAN(蛙男商会)
 

ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/189-a56ee72f

今週の平日休みは「TOHOシネマズ川崎」で2本いや3本。 この映画で同時上映の「古墳ギャルのコフィー ~桶狭間の戦い~」も見ちゃったから。 深夜テレビでたまに見かけたし・・・ TOHOシネマに来ると、劇場案内はこの鷹の爪団が面白おかしく説明してるし・・ ...
鷹の爪というと、もはやTOHOシネマズのマナームービーを思い出してクスっとしてしまう。昨今のシネコンブームとは言え、その数多くのシネコンの中で、宣伝の仕方といい、頭一つ抜き出た印象があるのが、自分的にはTOHOシネマズだったりする。
[2009/07/24 09:01] レザボアCATs
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク