FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

九州電力 近頃の現象[七百九十二] 

九電社長辞任へ…やらせメール問題で引責
 
 玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の再稼働を巡る「やらせメール」問題で、九州電力真部利応(としお)社長(66)が、引責辞任する見通しとなった。(読売新聞)
 
【雑感】やらせ自体については、私は当たり前だと思っている。ただし今回の場合は時期が悪い。

 私も著名人を招いての講演会を催す実行委員長を務めた経験があるのだが、本来なら講演を聴きに来るお客様を第一に考えなければいけないところ、講師の面目が潰れないよう会場いっぱいの聴衆を「ご用意」するプレッシャーを受けてしまう。
 そこでチケットは不特定多数の人々に売るだけでなく、友好関係の市民団体や政治団体にも協力を要請して動員をかける。かりにチケットの正味の売上がイマイチでも、動員によって顔が立つ。動員は保険だ。
 当然、動員してもらうわけだから、次は私が義理のある団体の協力要請があれば動かなければならない。政治団体であれば選挙の際に助っ人で選対に入るし、市民団体から募金や賛同人などの協力要請があれば応える。

 ある気に入らない政策で自治体がパブリックコメントを求めてきたら、反対の意思表示をしようと周辺に呼びかける。これもよくある。
 だから、今回の一件では九州電力の組織的やらせが発覚したのだが、反原発派も再稼動に反対するメールを発信しようと動員をかけている可能性はありえる。九州電力側は当然その勢力を想定してやらせたはず。

 だから「やらせ」と世間は批判するが、こんなのは「やらせ」の綱引きが常態なので、かまととぶって驚くのも奇妙だ。
 とはいえ、かまととぶっているのか、本当に「世間」を知らないのかは判らないが、こういうときマスコミはさも不正行為であるかのように騒ぐのは目に見えているし、世論の批難も容易に沸騰する。ネット社会の現代では、いくら秘密厳守の裏工作でも必ずバレるものと想定しなければならない。ましてや反原発志向は世界の流れだ。 
 今回は下手に小細工せず、甘んじて再稼動反対の世論を受けたほうが、会社イメージを守れたのではないのか。

 前述の講演会エピソードで苦い経験がある。800人の会場に動員で確保したのが半分ほど、ところが予想を上回る大勢のお客さんがきてしまった。総計およそ1500人以上。100名以上はお断りした。つまり、本来きてほしいお客さんがはみ出して、立ち見になったり帰らされたりする結果となった。
 これではホンモノのお客さんに申し訳ないので、立ち見でも入れようと努力して800人の会場に倍近く入れたのだが、消防法に抵触するとの注意を受けた。季節は春だが、けっこう温かったので会場内は空気が澱み、気分が悪いとの苦情も多発した。
 後日、会報には「満員御礼!」「会場内に満ちる熱気!」などと私はヌケヌケと書いたものだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/07/16 06:34 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク