FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

成長しない自民党 近頃の現象[七百九十四] 

自民党に報道チェック部隊、
抗議や申し立ても

 
 自民党は、報道機関の論調を調べ、内容に問題があれば対抗措置を講じる「メディアチェック」の担当議員を新設した。

 菅内閣の支持率が著しく低迷しているのにもかかわらず、自民党の支持率が思うように伸びない原因の一つに報道機関の自民批判の影響があると見ているためだが、“八つ当たり”気味の対応には党内から疑問の声も出ている。

 担当するのは、中谷元情報調査局長、新藤義孝報道局長、菅原一秀副幹事長の3人。

 主にテレビ報道を点検し、事実誤認や公平性を欠く内容があれば、局側に抗議したり、放送倫理・番組向上機構(BPO)などの第三者機関に申し立てたりする方針だ。

 メディアチェックの導入は、石原幹事長が主導した。衆院の当選回数別の懇談会で、若手から「なぜ党の支持率が上がらないのか考えるべきだ」との意見が提起された際、石原氏は「自民党を批判するテレビのコメンテーターが悪い」と、テレビ報道に強い不満を示したという。

 自民党は森内閣末期など、党の支持率が著しく低迷した際、報道に神経をとがらせて対策を取るケースがあった。今回、対策を主導した石原氏は日本テレビ記者の出身。党内では「メディアに責任をなすりつけるようでは支持回復はおぼつかない」(中堅議員)と冷ややかな声もある。(読売新聞)

 
【雑感】石原伸晃幹事長には失望した。想定外の知恵の無さだ。
 民主党は一昨年に政権をとったばかりの経験の浅い政権与党だ。それ以前の日本政治を長期にわたって一党独裁的に牛耳っていたのはどこの政党か! 自民党ではないか。
 いま問題になっている原子力政策を立案し創り上げ推進してきたのは誰か? 自民党ではないか。
 原発事故で原子力関連省庁の機能不全が明々白々となり、全世界に対応能力の無さを露呈してしまったわけだが、その元凶「原子力村」なる利権構造を創り上げた政党はどこか? 自民党ではないか。

 自民党が撒いた種が民主党政権時代で発芽した事を多くの国民は知っている。支持率が伸びないのは、一連の問題について自民党も当事者だ。憂い無く政権批判ができるのは、未だ政権与党になった事がない共産党だけである。
 石原幹事長は、自分の姿がどれだけ汚れているか気がついていないのか、単にマスコミに幼稚な八つ当たりをしているか、これがかつての巨大与党自民党の幹事長とは情けない。

 石原慎太郎氏は人間的に問題があり好かん奴だが、見栄えは良い。石原伸晃氏は50も過ぎてまだ子供っぽい印象を持ってしまう小兵だ。
 私は二大政党制支持者なので、自民党の党内改革ができてない状況は非常に残念に思える。支持率が伸び悩む原因をメディアに求めるとは、大タワケだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/07/17 20:16 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)
今まで考えられない河野太郎なんかマスコミに引っ張りだこじゃないか。宮城県知事を叱責した松本復興大臣がオフレコだぞと言ったにも関わらず東北放送が報道しユーチューブにUpし全国的に広まった、東北放送の宮城映画センターの友だちがいっていたが、自民党時代にもこんなことがあったそうである
あのころは報道規制があったが今だからできたのだと
東北には部落がない、解放同盟の圧力が利かない。
[ 2011/07/19 07:21 ] [ 編集 ]
ろっぽん氏へ
 
 河野太郎氏は原子力については民主党よりも左ですから。松本氏は河野氏よりはるかに右ですな。

> 今まで考えられない河野太郎なんかマスコミに引っ張りだこじゃないか。宮城県知事を叱責した松本復興大臣がオフレコだぞと言ったにも関わらず東北放送が報道しユーチューブにUpし全国的に広まった、東北放送の宮城映画センターの友だちがいっていたが、自民党時代にもこんなことがあったそうである
 
 自民党時代は日常茶飯事ですよ。55年体制時の知事というのは、自民党の「命令」に従う地方官僚あがりの政治家ですから。
 むかし地方議員の活動に合力したことがあるのでわかるけど、保守政治家はガラ悪いですよ。ヤクザの世界と同じです。


> あのころは報道規制があったが今だからできたのだと

 報道規制というか、地方メディアは地方の名士を敵に回せないので、自主規制になってしまうわけです。比較的中央政界の批判記事はかけるけど、逆に地元のタブーには触れられない、昔からいわれている事です。
 それに今ほどネット社会は成熟していませんでしたし。憂さを晴らすにしても、小さな同人誌レベルでは全く問題になりません。それが今ではあっという間に全世界に情報を配信できる世の中です。


> 東北には部落がない、解放同盟の圧力が利かない。
 
 というか、今回の場合は解同云々は関係ないでしょう。被災地に地縁の無い松本氏が被災地に乗り込んで被災地の首長に無礼をはたらき、被災者と全国世論を敵に回した、それだけの話です。たぶん、自民党なら威圧的態度はとるものの言葉遣いはあからさまにしなかったと思います。時期をわきまえる神経が松本氏には無かっただけですね。
 おそらく、事務所や自宅や後援会会長宅などは怨嗟の嵐に晒され、身内はノックアウトしたと思います。そして、家族や支援者たちからかなり厳しく叱られた事でしょう。私が後援会長だったら、皆が見ている前でビンタします。でなければ急に弱気にならない。
[ 2011/07/19 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク