FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「水戸黄門」終了(2) 近頃の現象[七百九十七] 

水戸黄門打切は
由美かおる
入浴シーンなくなったからとの声

 
 1969年から放送されている時代劇『水戸黄門』(TBS系、毎週月曜午後8時~)の番組終了が先日、発表された。42年に渡って愛されてきた国民的時代劇は、どうして終了することになってしまったのか?

由美かおるの入浴シーンが楽しみだったのに…」そう漏らすのは、50代の水戸黄門ファンの男性だ。
 
 (中略)
 
 1979年2月5日放送で最高視聴率43・7%を記録し、番組開始から今年3月までの42部まで約1200回の平均視聴率22・5%という国民的ともいえる人気を誇ったが、今月4日始まった43部は10%前後と低迷していた。

 入浴シーンがあれば、低迷を打開することができたかも…。残念です!(NEWS ポストセブン)

 
【雑感】なんだ、このポストセブンの記事は! わしがこないだの記事で指摘したそのままではないか!

 しかし、私は後期青年時代の感覚だったが、「中年オヤジ」になるのか? いや、中年オヤジと同列ではない。私が少年でも老年でも同じ事を言っただろう。
 藝術としての「由美かおる」を愛でているのだ。30歳の時のヌード写真と50歳の時のヌード写真を見比べて見ると、美しい身体の線が全く崩れていないどころか、50になってより磨きぬかれ輝きを増している感じだ。
 何度も言うが、若い女優やモデルが美しいのは当たり前。それを40になっても50になっても60になっても維持する緊張感と自己管理、これは奇蹟に近い。

 顔だけなら多少の整形と化粧で誤魔化せる。着衣で若々しく演出する事もできる。裸はなかなかそうもいかん。腕や脚など綺麗にキープできても、ウエストの括れが鈍ってきたり、乳が下垂傾向になるのは避けられない。
 ところが由美かおる氏は50の段階でも若々しく美しいツンとした円錐型だった。たぶん、いまもそうだと思いたい。
 

 「水戸黄門」はTVドラマ界の文化遺産のようなものとなっていた。初期の頃は「黄門様」であることを明かさずに事件を解決して去っていくパターンがあったり、「前(さき)の副将軍」という俗称ではなく公式の「前(さき)の中納言」と言っていた。
 それが視聴者のニーズに合わせて現在の形に整えられた。それにともなうマンネリズムは以前から指摘され、起承転結の節目はほぼ正確に確定され、特に印籠を出す時刻は数秒の誤差すら無いほど。
 そこで石坂浩二氏主演時では多少史実を意識した徳川光圀を表現することで「改革」を試みたが、世間は不評で降板へと追い詰められ、再び里見浩太郎氏が「正統」に戻した経緯もあった。

 だが、それだけならマンネリのジリ貧、同じ番組枠でかつて水戸黄門と交互に放送していた「大岡越前」や「江戸を斬る」のように終了していただろう。
 今日まで生きながらえてきたのは、由美かおる氏の存在だった。男性目線だけでなく、女性目線でもあの美しさは憧憬ではないか。「大岡越前」や「江戸を斬る」に無い華だった。
 そうだ、「江戸を斬る」で思い出したが、松坂慶子氏がヒロインの女剣士をやっていた。いまはすっかり肥えてオバサン役が似合うようになってしまった。それが良くないとは言わないが、華麗に闘う格闘ヒロインには向かない。
 
 どういう事情で雛形あきこ氏に脱ぎの場面を入れなかったのかは不明だが、制作者側の判断ミスだ。裸を忌み嫌う意見がもし有ったとすれば、それは「裸文化」に対する差別であり不当な弾圧だろう。
 かつての日本は素直に裸を見ていた。「大和民族」は原点復帰して欲しいものだ。

晴雨堂関連記事案内
「水戸黄門」終了 近頃の現象[七百九十一]
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/07/24 00:52 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(4)
やっぱり時代劇には妖艶な熟女が必要だと思います。
着物には小娘じゃなくて熟女。
今の時代劇がツマラン理由の一つは悪にも善にも、
熟女がおらん、という点があるかもしれません。

それと裸はいかん!という考えなのかもしれませんが、
全部裸をみせなくてもいいんですよね。チラリズムで。
そこんところがねえ。
製作側が「熟女」で「チラリ」の感覚がイマイチわか
らないのかもしれません。
[ 2011/07/24 15:34 ] [ 編集 ]
A君へ
 
> やっぱり時代劇には妖艶な熟女が必要だと思います。
> 着物には小娘じゃなくて熟女。
 
 私の趣旨とは違うが、方向性は同じですね。
若い子が綺麗なのは当たり前、綺麗な熟女が良いのだというのが
私の志しです。
 雛形あきこ氏はもう小娘ではないのだが、今の30歳は小娘に見えるから
40代の綺麗な女優がいいですね。沢口靖子氏あたり。


> 今の時代劇がツマラン理由の一つは悪にも善にも、
> 熟女がおらん、という点があるかもしれません。
 
 妙に若者を意識しすぎて迎合していますね。


> それと裸はいかん!という考えなのかもしれませんが、
> 全部裸をみせなくてもいいんですよね。チラリズムで。
> そこんところがねえ。
> 製作側が「熟女」で「チラリ」の感覚がイマイチわか
> らないのかもしれません。

 チラリズムは賛成です。
ホントはね、全裸だから猥褻とは限らないのがヌードの本質です。
宮沢りえ氏の写真集で欲情したら、
たぶんアフリカやニューギニアやアマゾンの裸族でも欲情するでしょう。
素っ裸よりもマイクロビキニのほうが欲情度が高いかもしれません。
ヘアヌードにはついにならなかった柏原芳恵氏のランジェリー姿のほうがよほど卑猥です。

 由美かおる氏の入浴シーンで披露する鎖骨から肩や腋のラインがグッド。
腕や脚の線露わの「くの一」装束で華麗に激しく舞う殺陣、
由美かおる氏ならではです。若々しくて熟練している。
[ 2011/07/24 20:01 ] [ 編集 ]
東海地方では、毎日午後4時ごろに水戸黄門の再放送をやっています。

これは初期の水戸黄門かと思われます。私もこの時間帯は忙しくじっくりとは見ていないのですが、多分、東野さんの水戸光圀だと思います。

この再放送の水戸黄門は、高齢者に絶大な人気があり(身近なお年寄りだけですが)どこに行ってもこの番組です。
先日までは大相撲もテレビ放送されていましたが、相撲も水戸黄門を観終わってからです。

でも、お年寄りたちが口をそろえて言うには、最近のゴールデンタイムにやっている水戸黄門は見る気がしないとのこと。

なんで?と言っても「さあ。おもしろくないから」とのこと。

今の水戸黄門も古い水戸黄門も見たことがないので知らないのですが、お年寄りは、べったべったな古い水戸黄門を今も愛し続けているようです。
[ 2011/07/27 13:28 ] [ 編集 ]
カトリーヌ氏へ
 私も初期のころが好きですね。当時は杉良太郎が出ていました。「大江戸操作網」もそうでしたが、杉良太郎が降板すると代わりに里見浩太郎が出演するようなイメージがありました。
 
 印籠を出さずに事件を解決するパターンもありまして、私はこの方が好きでした。
 
 「大岡越前」も最初の頃は軽々しく奉行が捜査に乗り出すことは少なく、天知茂の切れ者与力神山左門が指揮を執っていましたし、神山は奉行に対して「お手並み拝見」といった緊張感もありました。
 江戸市中の物価や相場などの問題なども取り上げられていて、奉行の仕事はけっして警察だけではない事も現われていましたし、やはり初期がいい。
[ 2011/07/29 06:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク