FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

原子力安全庁 近頃の現象[八百七] 

原子力安全庁>実行力は未知数 
環境省内にも戸惑い


 東京電力福島第1原発の事故を受け、原子力規制体制を抜本的に見直す新機関「原子力安全庁(仮称)」が、環境省の外局として設置されることが11日決まった。原発を推進する経済産業省に安全規制官庁が属する長年のゆがみが解消される一方、霞が関では規模が小さな環境省の実行力や調整力には未知数の部分もある。(毎日新聞)
 
【雑感】保安院が設置される以前より、反原発派は原子力安全委員会の実行力を疑問視していた。さらに保安院と原子力安全委の2階建チェック機構になってからは、ますます安全委の有名無実化とチェック機関の名を騙った推進機関である保安院の存在を批難していた。
 

 私は反原発派ではない。巨大産業を抱えている国々はみな原子力に頼っている。チェルノブイリの被災当事国であるロシアや、そのトバッチリを受けたドイツでさえも原発を持っている。ドイツは緑の党が強い国でもあり、その国でさえも原発を国内に持っている事実は軽く観るべきではない。
 また、イタリアなどは原発を廃止しているそうだが、電力は原発大国のフランスから買うているそうではないか。いくら国内の稼動原発をゼロにしても、電気の出どころが他国の原発の可能性が強ければ原発ゼロとは断じて言ってはいけない。
 巨大産業を支えるには原発以外の発電ではまだまだ足らないと認識したほうが無難である。極端な言い草かもしれないが、職を捨てて狩猟採集や自給自足の生活になる覚悟が無い人間は安易に反原発は唱えるべきではない。冷静に段階的原発脱却方針までに留めるべきだ。直ちに無くせ、失業はしたくないでは道理に反する。

 そんな考え方の私が敢えていう。反原発派の価値観と感覚でチェック機関をつくらなければ、原発の安全は守れないと思う。そうあってほしくはなかったが、反原発派が長年「予言」してきた事がいま起こってしまった。特にチェルノブイリで硬直化したソ連官僚が問題視されたものだが、日本の官僚や政治は場合によってソ連より酷いかもしれない。
 こんなときは、診たてが結果的に「正しかった」反原発派の立場でチェック機構をつくるべきだろう。失策した推進派の感覚でチェック機関をつくっても同じことの繰り返しだ。
 
 やっと保安院が経産省から切り離され、上席の原子力安全委と合併して環境省配下へ移行するそうだが、今年3月11日の震災以前に行われていたら大きな一歩となっただろう。しかし東日本の犠牲と引き換えの制度改革と考えたら、もはや中途半端だ。
 今まで行政は原子力を推進してきた。もうすぐ辞めるかもしれない菅直人総理が脱原発を唱っても、子ども手当のように方針転換されるかもしれない。省庁が違えどそんな同じ行政機関の中にある以上、実行力は信用できない。
 行政をチェックする機関は国会なので、国会に原子力安全調査会をつくる手もあるが、原発を推進してきた自民党と民主党の議員を合わせたら、殆どの議員は推進派となる。曲がりなりにもチェックする資格があるのは与党経験の無い共産党だけだろう。
 
 原子力とは全く利害関係のない野党を中心に原子力専門の国政調査機関をつくるか、あるいは海外の機関に権限を明け渡すかだ。屈辱的かもしれないが、原発事故が一たび起これば国内問題では済まなくなる。チェルノブイリではヨーロッパ全土が恐怖に包まれた。
 国際機関の管理下に置くのがベストかもしれない。これは同時に日本のエネルギーを国際機関によって牛耳られる事も意味するが。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/08/12 11:08 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク