FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

カダフィ大佐(9) 近頃の現象[八百十三] 

<リビア>カダフィ政権崩壊 
NTC代表団の一部首都入り


 リビアの反体制派は23日、首都トリポリ南西部バーブ・アジジヤ地区にある最高指導者カダフィ大佐の居住区兼軍事基地に突入し、制圧した。大佐は24日未明、居住区からの撤退を認めた。トリポリが陥落したことで42年にわたったカダフィ政権は崩壊した。東部ベンガジに拠点を置く反体制派・国民評議会(NTC)は24日、毎日新聞の取材に代表団の一部がトリポリ入りしたことを明らかにした。NTCによる政権移行が今後、本格化される。(毎日新聞)
 
【雑感】日本が震災で呻いているうちに、カダフィ大佐はついに首都を放棄してしまったか。反体制派が首都制圧まで5ヵ月もかかってしまったという事は、欧米の支援や介入が無ければカダフィ大佐の軍事力によって鎮圧された可能性がある。
 
 善し悪しは別にして、強いカリスマのリーダーが不在になると社会が混乱してしまう。それを早く収拾する事が国民のためなのだが、問題なのは次期政権は人心の支持を得るべく実績づくりを焦り、その結果混乱を助長させてしまう場合も多々ある。人々が判り易い実績とは、前政権が打ち出した政策の否定である。
 
 アフリカ諸国が欧州列強から独立したとき、政治経済の手練で知識や技能のある白人を追い出したり粛清したため、その後の国づくりに大きな支障をきたした苦い経験がある。南アのマンデラ氏を主人公にした「インビクタス/負けざる者たち」で、白人否定に動こうとする国民を説得するマンデラ大統領の苦心が描かれていた。
 
 合理的に前政権の良いところは踏襲できるほど人間は賢くないし、そんな人間が集まった社会は都合良くできていない。特に前政権の象徴的政策は攻撃の対象となる。
 カダフィ政権がとってきた「良い政策」は、欧米諸国から「カダフィ・ガールズ」などと揶揄された側近の女性兵士たちだ。しかしカダフィ大佐は美女を単に自分の周りに侍らせただけではない。実際にリビアは女性の就業率や大学進学率は他の中東諸国に比べて高いらしい。
 これが今後どのように扱われるか心配だ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/08/25 06:32 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)
革命やクーデターを成功させるより その後の国づくりのほうが難しい。
おっしゃるとおり国内にはマンデラのように 部族の和解と融和を図り 対外的にはムスタファ・ケマルのように欧米や中韓としたたかに交渉できる人物 いないでしょうか 教育水準が高くて 国外で学んだ有能な人材も多いのですから 
問題はイランやトルコのように帝国であった国に比べ 国家という概念が育っていない部族の寄せ集めでは国は上手く機能しない。自分の部族から離れて一段高い意識で新しい国家をデザインできるリーダーがいてほしいのです。
[ 2011/08/29 23:02 ] [ 編集 ]
amaria氏へ
 
 なんでもそうですが、最初に花火を打ち上げるのは存外たやすいですが、問題はそれを如何に発展させたり維持させていくかです。日本の市民運動でも、最初の立ち上げは盛大にやったものの、いつの間にか自然消滅していったグループを幾つも見てきました。

 これからが実は本当の勝負なんです。

> 革命やクーデターを成功させるより その後の国づくりのほうが難しい。
> おっしゃるとおり国内にはマンデラのように 部族の和解と融和を図り 対外的にはムスタファ・ケマルのように欧米や中韓としたたかに交渉できる人物 いないでしょうか 教育水準が高くて 国外で学んだ有能な人材も多いのですから 
> 問題はイランやトルコのように帝国であった国に比べ 国家という概念が育っていない部族の寄せ集めでは国は上手く機能しない。自分の部族から離れて一段高い意識で新しい国家をデザインできるリーダーがいてほしいのです。
[ 2011/08/30 18:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク