FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

大河ドラマ TVドラマ評 

大河ドラマで描いてほしい偉人、
1位は「聖徳太子

 
 時代の先駆者や歴史的な出来事にスポットを当てた“NHK大河ドラマ”。現在放送中の『江~姫たちの戦国~』で50作目を数えた由緒ある同枠ドラマは、1963年のスタート時より常に高視聴率を叩き出してきたが、宮崎あおい主演の『篤姫』、昨年放送された福山雅治の『龍馬伝』など作品やキャストの良さ、また昨今の歴史ブームも加勢し、近年では若年層からの関心度がより高まっている。そこで、ORICON STYLEでは『大河の主人公として描いてほしい歴史上の人物』をテーマにアンケートを実施。(オリコン)
 
【雑感】聖徳太子は何となく解るような気がする。大河ドラマを楽しむ世代の中心は中高年、この世代にとっては、長らく最上級紙幣の肖像画は聖徳太子だった。お札で最も身近にありながら、時代劇で描写されることは殆ど無い。
 
 それから大河ドラマが選ぶ舞台のマンネリ化も些か食傷気味かもしれない。戦国時代に集中しているからだ。さもなくば、源平合戦か元禄時代の赤穂浪士か、あるいは幕末明治維新か。今年の「江」なんか、私は「また戦国時代か」と顔をしかめた。
 最も古い時代は平将門を主人公とした「風と雲と虹と」の10世紀の平安時代前中期だろう。
 
 聖徳太子の物語が根強く待望されているにも関わらず、どうして戦国時代に集中するのか。その理由の1つに衣装やメイクの問題があるだろう。「風と雲と虹と」がまさに衣装に神経を使ったドラマであるのを思い出す。
 平将門の時代の衣装は、資料が殆ど無くて判らないのである。聖徳太子と伝えられている2人の皇子を従えた有名な肖像画、初めて観た時、何て現代的な服装なんだと思った。丸首で筒袖だし、袴もズボンみたいだ。中国風でもあり、現代の洋服にも近い。こんな衣装を江戸時代より遠く離れた飛鳥時代の日本人は着用していたのかと感動した。(問題の肖像画の衣装は実は飛鳥時代ではなく奈良時代のものらしい)
 聖徳太子のような衣装を日本人は平安時代前期まで着ていたことが判っている。ではいつ源氏物語や源平合戦のような衣装に変わったのかは判らない。だから時代劇によっては解釈が違うので、作品ごとに衣装が異なっている。平将門を主人公とした「風と雲と虹と」は既製のものは使わず一から衣装をデザインした。
 
 平将門が生きた10世紀後半は、奈良時代の中国風衣装から、源氏物語で御馴染みの衣冠束帯や十二単に移り変わる途上と考えられていた。当時の制作陣はパッと見は世間がイメージする平安時代の衣装に見えて、細部は異なるように制作された。袖口は大きくせず筒袖にしながら、奈良時代のような中国風の華やかな色彩は使わず日本的な落ち着いた伝統色にし、女性の場合は改まった席では髪を結って奈良時代のようにスカート状の裳を付ける。
 
 実は世間がイメージする平安装束は12世紀頃に完成されたもので、それ以前はかなり奈良時代的な衣装だった可能性があるそうだ。藤原道長や安倍晴明などは衣冠束帯や狩衣を着ているイメージがあるが、もっと違う中国的、あるいは朝鮮的衣装だったかもしれない。
 
 このように古い時代を舞台にすると、衣装にコストがかかる。源平合戦の時代までは過去に何度も制作されてきたので既製の衣装がある。ところがそれより古い時代になると、数が足らない上に、解釈の仕方によっては新たにデザインして作らなければならない。もちろん、髪形も違うからカツラも作らなければならない。
 それがドラマ制作の二の足を踏む理由の1つだと私は考えている。

 因みに私が希望する「偉人」は額田王である。2人の皇子を手玉にとっているような神秘性漂う妖しげな神がかり的女性、大化の改新から壬申の乱まで古代日本の激動期、ハリウッドが喜びそうなスペクタクル歴史巨編にできる素材満載なのに、映画化ドラマ化は殆ど無い。むかしスペシャルドラマで岩下志麻氏が額田王を演じたくらいか。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク