FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

ロシアの「ツル・フサ交替説」 近頃の現象[八百二十五] 

ロシア最高指導者の後継者予想、
注目点は「頭髪の多少」

 
 英経済紙フィナンシャル・タイムズは9日までに、ロシアの最高指導者の選出について、歴史を見た場合、「頭髪」が豊富な人物からほとんどない人物へ権力が移り、その後はまたふさふさの髪を持つ指導者が登場する交代が繰り返されていると伝えた。(CNN.co.jp)
 
【雑感】これは昔からよく言われている。帝政ロシア以前はよく知らないが、ロシア革命勃発からではCNNの記事にもあるように、ニコライ2世、レーニン、スターリン、フルシチョフ、ブレジネフ、アンドロポフ、チェルネンコ、ゴルバチョフ、エリツィン、プーチンメドベージェフと、毛髪豊かな人の次はハゲ、いや失礼、禿頭の人物がトップに就いている。
 
 言うまでもなく、レーニンは若い頃から禿げているし、スターリンは毛が豊かだ。フルシチョフは禿げていて、同時代の若々しい七三刈上げ頭のケネディ米大統領とよく比較された。ブレジネフは若くしてトップに立ち晩年も前髪があった。アンドロポフは禿げていて、チェルネンコは歳の割りに毛が豊かで禿げてなく、ゴルバチョフは有名な禿げ頭、エリツィンはゴルバチョフと同い歳なのに豊かなロマンスグレー、プーチンは言うまでもなく禿げていて、メドベージェフはフサフサ。
 
 さて、CNNの記事に補足を入れよう。まるで日本の武家政権の源平交代説みたいに現代ロシアではツル・フサ交代がジンクスになっているが、もう1つジンクスがある。それは・・、

 ハゲが政権をとるとロシアは発展するか、もしくは歴史に名を残す偉業を行う。逆にフサフサ頭が国の舵取りをすると政治や経済が停滞する。
 
 ニコライ二世は日露戦争で日本に大敗した訳ではなかっが、バルチック艦隊を失うなど、威信は大きく傷ついた。ロシア革命ではついに政権を奪われただけでなく命も落とした。
 代わりにトップに就いたのは有名なレーニン、あの天才科学者テルミンが認めた明晰な頭脳をもった人物で、革命直後のロシアを必死に動かした。革命成立だけでも世界史に残る偉業だ。
 その後を継いだスターリンは有名な恐怖政治を行った。気に入らん輩は次々と処刑、特に頭脳明晰な人は目の仇にされ、レーニンに才能を認められたテルミンはシベリアへ送られた。
 フルシチョフはスターリンの下で司令官として独ソ戦を戦った人物で、スターリンの名がついたスターリングラードではナチスドイツ軍との死闘を最前線で指揮し撃退した。スターリン存命中は忠実な部下として動いたが、自分がトップになるとスターリン批判を展開し、文化や科学に寛容な政策をとったので東欧諸国は雪解けと歓迎された。
 ところがブレジネフになると再び引き締め政策、しかもこの政権は長く続いた。政権晩期ではアフガニスタン侵攻を行って世界中から批難され、欧米諸国はモスクワオリンピックをボイコット。
 アンドロポフはブレジネフの負の遺産を片付けようと立て直しを図ったが短命に終わり、チェルネンコで再び引き締め策転換。
 そしてゴルバチョフが登場。年寄りが続いた政権の後、若々しく50代前半のゴルバチョフが颯爽とペレストロイカを断行、西側にはウケが良かったがソ連解体を招いてしまったので国内の評判は必ずしも良くない。しかし、国際政治では強い影響力を輪持っていたし世界史的にも偉業とみていいだろう。
 そのゴルバチョフをボロカスに批難して後を継いだのがエリツィン。ゴルバチョフがソ連時代の負の遺産を解消しようと苦心惨憺しているのを比較的気楽な立場から批判し、ソ連の副大統領がブレジネフ時代の共産党政権へ戻そうとゴルバチョフを拉致してクーデターを起こした時は、戦車の上に乗っかって勇ましく市民に大演説、英雄としてトップの座に就いたが、ロシア経済はガタガタ。政治的にも経済的にも国力は下降線。
 その後を継いだのがKGB出身で、なんとなく「ブレードランナー」の悪役ルトガー・ハウアーに似た強面の若いプーチン。彼の任期中に再びロシアは力を盛り返し、強権的とも思える政治は逆に一般市民には大ウケ。
 そして今はメドベージェフ、実際の政策は首相に留まったプーチンが行っているので彼自身の功績はイマイチ判らない。西側には好印象ということくらいか。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/10/10 06:56 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク