FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ガールズ・ゾンビ」 突っ込みどころを楽しもう〔19〕

ガールズ・ゾンビ」 
青山ローラ主演。




【原題】
【公開年】2011年  【制作国】日本国  【時間】70分  
【監督】浅生マサヒロ
【原作】
【音楽】
【脚本】浅生マサヒロ

【出演】青山ローラ(-)  西興一朗(-)  南優(-)  高田健一(-)  大和屋ソセキ(-)  中野裕斗(-)

【成分】ファンタジー パニック 不気味 任侠 セクシー ゾンビ Vシネマ 

【特徴】日本のB級以下ゾンビ映画。新進AV女優の青山ローラ氏が主役に起用。そのためか、一般作としては濡れ場が多く、AVとして観れば中途半端な濡れ場、といった感じの仕上がりになっている。
 晴雨堂としては処方箋「萌えたい時に」とするべきかもしれないが、期待していたアクションが無かったり、稚拙な展開や絵柄への不満があって、「突っ込みどころを楽しもう」に入れてしまった。
 青山ローサのファンなら、真面目な演技を見せているので面白いかもしれない。ただ、それだけに主演女優をもっと濡れ場以外に魅せ方があったのではないかと残念である。 

【効能】主演女優に萌え。

【副作用】ゾンビ映画としては楽しめない。看板に偽りあり。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。 邦画低予算作の悪い部分。

 他のレビューでも述べた事があるが、B級映画は宝の山である。メジャーな映画は潤沢な予算があるので大掛かりな撮影ができるが、その一方で多くのスポンサーの顔色を窺わなければならず、表現方法で制約が生じてしまう。
 B級の場合はその制約が緩い。だから画期的な手法を実験する事が多々ある。低予算ゆえに人件費が安い若手俳優が起用されるが、作品が評価されたりブームになれば「13日の金曜日」で被害者Aのポジションだったケビン・ベーコン氏がスターになったように、未来の名監督とスター俳優が潜んでいるかもしれない場所でもある。(余談1)

 さて邦画ゾンビ映画の新作、DVDパッケージには昨秋デビューした新進気鋭AV女優の青山ローラ氏(余談2)がスレンダーさを強調する黒のレザーのコスチュームを着て片手で拳銃を構え、その周囲には血まみれゾンビたちの手が無数に映っている写真を使っていた。
 私はてっきり女戦士が泥臭くシューティングアクションを披露して汚い半熟れゾンビどもを撃ち倒していく物語を連想していた。残念ながら期待は裏切られてしまう。

 物語は日本的にヤクザが絡む展開、主人公は三下チンピラの情婦。ヤクザの抗争に巻き込まれ山中で銃撃戦が展開するのだが、その山はかつての旧日本軍細菌部隊の研究施設があった場所、得体の知れぬ薬品によって死体が甦り生きている人間に襲い掛かる。その設定と展開自体は別に不快感は無い。

 問題は主役がAV女優なので、B級以下ホラー映画に特徴的なお色気場面をより強調させる事になる。冒頭から恋人との男女の営み場面、ただあくまで「一般作」なので濡れ場はAVに比べれば大人し過ぎる、この辺りを観る人はどう解釈するか。私はマイナスに解釈してしまう。
 これでアメリカやヨーロッパのB級ゾンビ映画みたいに迫力あるメイクと演技をすれば面白いのだが、基本的に邦画のゾンビメイクはただの青塗りだ。加えて映像が妙に綺麗なので、毎日風呂に入っている俳優が小奇麗な古着を少し切り裂いてボロにみせた物を着て、青メイクを施して血糊を少し顔につける、といった事が見えてしまう。同じ低予算なのに、どうして邦画は体臭や腐臭が漂うような絵にできないのか、不思議だ。

 むしろ一般作としてではなく、最初からAVとしてゾンビ映画を制作したほうが良かったのではないか。日本のAV男優たちは速水建二氏などをはじめ俳優としての訓練を積んだ人もいてレベルが高い。AVであれば多少の特撮や設定の稚拙さなどは、女優と脇を固める男優の熱演でカバーできる。
 しかし「一般作」では、ゾンビ映画としてもポルノとしても中途半端だ。かつて小野みゆき氏や小林ひとみ氏が共演した「死霊の罠」が名作に見えてしまう。もっとも「死霊の罠」は低予算でも人件費はかなり高い。

 それから主演の青山ローラ氏がヤクザの抗争に巻き込まれるただのか弱い「女」にしてしまったのは残念だ。戦闘的なコスチュームから、てっきり女戦士を連想したのに。緋牡丹のお竜みたいな衣装で日本刀を振り回しゾンビどもを切り刻む手もあったと思うが。
 あるいは、上半身一面に鮮やかな彫り物を魅せ、トップレス姿で拳銃や自動小銃を乱射してゾンビをやっつける手もあったのに。
 または、レザーの衣装で身を包んだレディース暴走族の総長役に青山ローサを起用し、仲間を指揮してゾンビと闘うというのも絵になる。
 はたまた、平凡なアイディアかもしれんが、青山ローラ氏がヤクザによって無残に輪姦された挙句に殺され、たまたまゾンビガスで血に飢えたアンデットとして甦り、歴代の犠牲女性も甦って、集団でバタリアン的にヤクザたちへ復讐を敢行するというのはどうだろう。半裸の全身にゾンビメイクをほどこす、これはセクシーで評判になるはずだ。

 要するに、つまらん。こんな内容で「ガールズ・ゾンビ」か。看板に偽りあり。青山ローラ氏のキャラが勿体無い。

(余談1)日本では長らく日活ロマンポルノをはじめとして成人映画がその役割を果たしてきた。

(余談2)AVデビューして日が浅いようだが、「一般作」に主役として出演とは幸先のよいスタートかもしれない。それだけに、もっとアクションにも挑戦してもらいたかった。

晴雨堂スタンダード評価
☆ 不可

晴雨堂マニアック評価
☆ 駄作



 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/2009-9caf7d87

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
79位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん