FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

問責決議 近頃の現象[八百四十七] 

一川防衛相、山岡消費者相の
問責決議案を可決 参議院本会議

 
 参議院は9日午後の本会議で、一川保夫防衛相と山岡賢次消費者行政担当相の問責決議案を、自民・公明など野党の賛成多数で可決した。
 野田佳彦首相は両氏を続投させる考えだが、その場合、野党側は両氏が関連する国会審議を拒否する構え。首相は年明けからの通常国会で厳しい政権運営を迫られることになる。
 藤村修官房長官は参議院本会議前の閣議後会見で、一川防衛相と山岡消費者行政担当相を続投させる考えに変わりはないとの考えを示す一方、来年の通常国会での対応について「来年の通常国会のことをどうと今言う段階ではない」と述べるにとどめている。
 問責決議案の投票結果は、一川防衛相の問責への賛成が130票、反対が109票。山岡消費者相の問責への賛成が125票、反対が109票だった。(ロイター)

  
【雑感】問責決議、職を辞めさせる事ができる不信任決議と違って、問責は呼んで字の如し「責任を問う」という意味であって、それ以下でもそれ以上でもない。
 衆議院では法的拘束力のある不信任決議を行う権限があるが、参議院では不信任を出す事は認められていない。これも衆議院の優越方針の一環で、昔の帝国議会において圧倒的強い権限を持つ特権階級の貴族院によって民衆から選ばれた衆議院の法案が次々に潰された事を反省し、貴族院の後継機関である参院は衆院よりやや権限を弱くしている。
 
 法的拘束力が無い、だったら何の意味があるんや? との声が聞こえてきそうだ。参院から問責された大臣たちは続投の意欲を示しているし、その大臣の上司たる野田首相も辞めさす気は無い。
 たしかに法的権限はないが、道義的意味で参議院という1つの立法機関が問責を決議したという事実がある。その参議院の意向を無視する事は参議院という「国会」を軽視したと見なされ国会運営に協力しない口実になる。衆議院では圧倒的に民主党が強い勢力を誇っているが、郵政解散後の何でもやり放題状態の小泉内閣時代ほどの占有率ではないので、参議院が協力してくれないと法案が通らない。
 
 これでますます緩慢な政治が停滞する。我々国民からは、血税から高い報酬をもらって何をごじゃごじゃやっとるんじゃ、としか見えない。
 不信感を抱かれているのは、民主党だけではない。自民をはじめ全ての政党だ。その感情が大阪の橋下市長誕生として表れたのだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/12/09 18:20 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク