FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「デンデラ」 突っ込みどころを楽しもう〔20〕 

デンデラ」 
「楢山節考」の後日談? 
ベテラン女優たち勢揃い!

 

     
【原題】
【公開年】2011年  【制作国】日本国  【時間】118分  
【監督】天願大介
【原作】佐藤友哉
【音楽】めいなCo.
【脚本】天願大介      
【出演】浅丘ルリ子(斎藤カユ)  倍賞美津子(椎名マサリ)  山本陽子(浅見ヒカリ)  草笛光子(三ツ星メイ)  山口果林(小渕イツル)  白川和子(石塚ホノ)  山口美也子(保科キュウ)  角替和枝(桂川マクラ)  田根楽子(福沢ハツ)  赤座美代子(黒井クラ)
   
【成分】泣ける 悲しい ファンタジー 不気味 勇敢 知的 絶望的 切ない 老婆 高齢化社会 復讐 時代劇 サバイバル 雪山 日本語

【特徴】姥捨て山に捨てられた老婆たちは、実は生存していて自分たちを捨てた村に復讐を始めたら・・、という設定の物語。有名な姥捨て山の物語「楢山節考」の後日談というふれこみで公開された。監督は「楢山節考」の今村昌平氏の子息天願大介氏というのも、楢山節を強烈に意識している。
 6歳の天才子役の女の子がもてはやされたり、10代のアイドル集団ばかりがTVの脚光を浴びたり、20代30代の演技派女優たちが話題作を独占するもの良いが、還暦以上の女優たちがヒロインとして一堂に会する光景もまた壮観である。 
    
【効能】人生の虚しさと大自然の偉大さを実感。熟女趣味の男性たちにとって萌え。
 
【副作用】制作者の姑息な意図を感じてイラつく。若者が殆ど出てこないので白ける。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
デンデラの復讐を阻止する制作者の意志。
 
 私は闘う女性が好きである。ザック・スナイダー監督「エンジェル・ウォーズ」は萌えた。スナイダー監督は「300」などと史実ハチャメチャのイランを愚弄する映画なんか創らず、最初から「エンジェル・ウォーズ」を発表してくれれば良かったのだ。できれば、ギリシア神話に登場するアンティオペを主人公に「アマゾネス」を撮ってくれたらなお良いが。(余談1)
 
 さて、邦画版「アマゾネス」だ!と期待したのが本作である。ただ、そんな期待の仕方をしたために内容を観て大いにがっかりする事になった。
 着想は良い。美老女たちが闘志をたぎらせて雪原の中で集結している絵は、観ただけで萌える。還暦を過ぎた美しい女優たちが、山姥メイクで一堂に会している様は壮観である。
 6歳の天才子役の女の子がもてはやされたり、10代のアイドル集団が脚光を浴びたり、20代30代の演技派女優たちが話題作を独占するのも良いが、還暦以上の女優たちばかりの物語も悪くない。

 いや、これは新機軸だ。ハリウッドでは女優の旬は20代30代、身体の線が崩れると主演から遠ざかっていく。ヨーロッパではむしろ齢を重ねた女優こそ価値があるのだが、ハリウッドは自由な雰囲気のようでいて男尊女卑世界だ。
 日本でもその傾向が強くなりつつある。それに待ったをかける作品として本作は価値がある。主人公は老女で、殆どの登場人物が老女だからだ。
 
 さて、内容だが、さすが山姥たちが主役なので芸歴半世紀以上のベテラン女優ばかりだから、演技には不満はない。また50人もいればもっと様々な派閥ができてドロドロするものだが、本作は2時間弱なので人物相関は妥当だ。雪山の撮影も迫力がある。

 ただ、時代設定は苗字を名乗っている事から江戸時代以前だろうか、明治以降とは思えない。まず姥捨てするまでもなく70まで生きられる人間自体が少ない。また過酷なデンデラでの生活では、生き延びても結核や栄養失調で倒れる者は少なくない、つまりデンデラの人口が多いのはやっぱり不自然なのである。
 50人いれば、もっと大勢の老女が捨てられたことになり、村にはさらに大勢の姥捨て予備軍がいなければ、どんなに言い訳設定で固めても道理に合わない。
 加えて、設定年齢のわりには、厳しい環境を生きぬいたわりには、みんな若々しくて髪の毛が豊か過ぎて美人過ぎる。主要メンバーは主人公カユより歳上の80代、大御所のメイは100歳。どうみても20歳は若い。もっとハリウッドばりのリアル老けメイクを施すべきではなかったのか。これで説得力が激減する。
 
 そして、制作人は名作「楢山節考」に敬意を払い過ぎているのか、文藝的な意図と見せかけて、主人公たちに復讐させないよう邪魔しているように見えて仕方がない。村に向かって進撃せんとする山姥軍に対して、雪崩で邪魔したり、熊に邪魔させたり。

 私なら開き直ってスプラッタにする。血飛沫や内臓が飛び交うスプラッタ・アクションにして復讐を完遂させてやる。村人を皆殺しにした後、目的を失って放心状態の山姥軍に、血の臭いを嗅ぎつけた熊や狼の群れに包囲され全滅していく様を、返り血で真っ赤になった主役の麻丘ルリ子氏が力なく冷ややかに笑いながら見ている場面でラスト。
 私のアイディアは、日本では悪趣味かもしれないが海外なら確実にウケるし、このほうがより「文藝的」ではないか!

(余談1)ギリシア神話にはアンティオペは複数名登場するが、ここでいうアンティオペはアマゾンの女王のことである。

晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆ 凡作

 
晴雨堂関連作品案内
楢山節考 [DVD] 今村昌平
 
晴雨堂関連書籍案内
デンデラ (新潮文庫) 佐藤友哉
楢山節考 (新潮文庫) 深沢七郎
   

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク