FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「食べログ」と「やらせ業者」 近頃の現象[八百五十五] 

人気サイト「食べログ」で“やらせ業者”発覚
 
 飲食店の人気ランキングサイト「食べログ」が、好意的な口コミ投稿の掲載や順位の上昇を請け負う見返りに飲食店から金を受け取る「やらせ業者」にランキングを操作されている事例があることが4日、運営会社のカカクコム(東京)や飲食店関係者への取材で分かった。カカクコムは現時点でやらせ業者、39社を特定しており、田中実社長(49)は「今後は不正業者の業務停止を求めて提訴するなど断固とした措置をとりたい」としている。(サンスポ)
  
【雑感】これは「食べログ」に限った事ではない。映画レビューでも同様の話はよく聞く。Yahoo!映画サイトのレビュアーたちは「工作員」と呼んでいるらしい。映画公開に関係のある業者あるいはシンパが好意的レビューをアップする。あるいはライバル作品を酷評するレビューをアップする。

 「食べログ」の場合、ダイレクトに飲食店の風評となるので、業者単位で迂闊にライバル店酷評を展開してしまうと「営業妨害」と「名誉毀損」などに抵触するが、依頼された店のヨイショ記事なら古来よりマスコミは行っているし、その延長線上にネットの口コミサイトがある。
 また「やらせ」ではないが、如何に自社の名前を検索トップに据えるか、各々の業者はしのぎを削っている。不正を行った飲食店側も「やらせ」というよりは営業宣伝活動の一環という感覚で行ったかもしれない。

 美味い店なら自然に客が集まる、と信じ込んでいる方々は多いが、世の中はそんなに甘くはない。あくまでも「美味さ」というのは流行る条件の一つに過ぎない。美味い事にこしたことはないが、その条件の後に立地条件や店員教育や料理の価格や料理店としての新機軸やら付いてくる。
 それに味覚というものは十人十色。あからさまに不味いモノはともかくとして、美味いと普通の違いは私たち舌の貧しい庶民には判別できない。似たような味が一列に並んでしまうと、店としての個性を出さなければならない。それら努力を全て行ったうえで、ネットで「やらせ」すれすれの活用を行うのは、ある程度は仕方がないと私は思っている。
 最終的には、客自身の目で自分に合う店かどうかを確かめるしかないのである。
 

 ところが映画レビューとなると、あくまで作品の批評という体であるから、当然の事ながら酷評はOK。鑑賞者として「面白くなかった」「退屈だった」「ワンパターンで白ける」と本当に思ってしまったら、それは仕方がないのである。
 私にとって「面白くなかった」としても、連れ合いにとっては新鮮で感動する作品は多々ある。私が感動した作品を連れ合いは白け顔で観ていたり、気分が悪くなって中座する事は多々ある。主観が大きく介在する世界なので、不当な評価だったとしても誤解であったとしても、鑑賞者当人がそのように感じてしまった事を否定はできないのだ。
 当ブログで何度も述べたが、100%好評される作品も100%酷評される作品も存在しない。どんな名作でも必ず顔を顰めたり居眠りする作品があるし、どんなに駄作でも必ず支持者はいる。
 そんな映画レビューの性格を突いて、映画作品の関係者かシンパが「工作員」としてレビューを書くことは避けられない。


 ただ、レビュー読者でもある私から見ると、ある程度は一般のレビュアーか工作員かは判る。作品を持ち上げているのは良いのだが、明らかに商品パンフレットの売り文句の羅列のようなレビューだったり、自分の感想や考えは無く映画の解説(商品説明か)ばかりが続いたり。 特定の配給会社もしくは制作会社による作品しか(レビュー傾向は映画のジャンルにでるもの)レビューしていなかったり。そもそも仕事で数をこなす必要があるのか、文体にブレがあり手抜きがみられたり。
 そういうものを見分けるのも一種の楽しみではあるが、私は純粋にその作品が私に合うのかどうか、レビュアーは何に感動したのか、その本当の気持ちを見てみたい。

 因みに私のレビューは、「私が読者だったら読みたいレビュー」という想定の下で書いている。たまに私の薀蓄を嫌がる方がいるが、私は薀蓄という情報を読むのが好きなので書いている。理屈っぽいとの批判もあるが、私は論理が好きなのである。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/01/05 11:22 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク