FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「平清盛」 TVドラマ評[四十七] 

薄汚れた画面… 
大河「平清盛」を兵庫知事が批判

 
 8日に始まったNHK大河ドラマ「平清盛」について、日宋貿易の拠点として清盛ゆかりの地である兵庫県の井戸敏三知事は10日の記者会見で、「鮮やかさがなく、薄汚れた画面ではチャンネルを回す気にはならないというのが第一印象。観光にも影響が出る」と感想を述べた。(読売新聞)
 
【雑感】大河ドラマ「平清盛」、予告編は一昨年の「龍馬伝」を彷彿させるリアル映像に期待を持ったが、いざ第一回目を観ると、少し汚くし過ぎではないかと思った。
 いくら侍でも平氏と源氏は武家の棟梁にして軍事貴族、中村敦夫氏扮する正盛は当時従五位上であり、中井貴一氏扮する忠盛は従五位下の身分である。武家としてみれば雲上人であり、身なりも侍烏帽子ではなく立烏帽子を被り、直垂ではなく狩衣を着ていたはずだ。くたびれ加減はグッドだが汚しすぎだ。
 
 しかし兵庫県知事井戸敏三氏が政治的圧力ともとれる発言をしたとなれば、私は現行の「平清盛」支持に回る。ああいうスポンサー風を吹かす輩を見ると反吐が出るのだ。
   
 
 当ブログで何度か主張した。私は「晴れ着の時代劇」や「晴れ着の戦争映画」は嫌いである。今回の「平清盛」では庶民や郎党クラスならあれでいいと思っている。自分自身、しばしば和服を着るのでなんとなく感覚は判るのだが、年に数回しか着ない羽織袴でもいい加減に扱っていたら型崩れするし袴の折り目も無くなる。現に幕末明治維新当時の志士たちの写真を見れば、殆どがヨレヨレだ。
 ましてや平安時代当時は幕末と違ってたまにしか風呂に入らなかったし、服は余程の高位でもない限り継ぎ接ぎにして着倒していたはずだ。通常の時代劇のような色鮮やかでパリッとした如何にも真新しい服は着れなかった。
 だから、侍たちが着ているヨレヨレの直垂はリアルで好感を持っている。侍烏帽子もくたびれていたはずなので、「平清盛」の雰囲気はかなり実像に近いと思う。
 
 いまどき、晴れ着の時代劇を観ても感動しない。綺麗な時代劇が観たいのなら、歌舞伎でも鑑賞すれば良い。見てくれで判断するとはトンデモない浅はかな御仁だ。そもそも政治家がスポンサー風を吹かすとろくな事がない。分をわきまえていないのではないか。ああいう輩が文化をダメにするのだ。
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
51位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク