FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

一周年の追悼式 近頃の現象[八百六十七] 

冥福祈り、政府がきょう追悼式 
午後2時46分に黙とうへ 
東日本大震災から1年

 
 2万人近くの死者・行方不明者を出した東日本大震災から1年を迎えた11日、政府主催の追悼式が同日午後、国立劇場(東京都千代田区)で営まれる。天皇、皇后両陛下、野田佳彦首相ら三権の長、被害が大きかった岩手、宮城、福島の被災3県の遺族代表ら約1200人が参列。震災発生時刻の同2時46分、参列者全員で黙とうをささげ、犠牲者の冥福を祈る。(時事通信)
 
【雑感】今日は、この政府主催追悼式だけでなく、日本各地でチャリティーイベントが行われている。
 一種のお祭に顔を顰める皮肉屋の友人がいるが、私は危機意識と相互支援の心が褪色していくのを防ぐ意味で重要だと思っている。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」の言葉があるように、人は嫌な事を忘却するようにもできているのだ。防災意識が高く鉄壁の防潮堤で町を囲んだ岩手県田老地区の人々でさえ、万里の長城のような堤を造った事でかえって「油断と慢心が生まれた」と認めておられた。
 
 9月1日の「防災の日」がやってくるたびに関東大震災を思い出したり知識として学習する。1月17日の「防災とボランティアの日」がやってくるたびに阪神淡路大震災を思い出す。そして本日の3月11日然り。
 風化を防止させるために記念日を設けなければならない。こういった記念日にイベントを行う事で、平素は募金に興味の無い人間が募金をしたり、ボランティア活動とは無縁の人間が関心を持つきっかけになったりもする。 私はそれで良いと思っている。
 

 できれば、そういった危機意識や相互支援を日常に取り組んでほしいものだ。近頃は孤独死や洗脳騒ぎなど、潤滑な人間関係が築きにくい要素があまりにも多い。昨年の震災をきっかけに「」という単語が全国から世界へ駆け巡っている一方で、これら「」を疑ってしまう事象が多いため、「」という単語になにか安っぽさや白々しさを感じてしまう。くだんの皮肉屋の友人がチャリティーイベントに顔を顰める気持ちもここに起因している。
 
 原点は何だろう。もともとはシンプルな気持ちだったはずだ。困っている人や頑張っている人を応援する気持ちはごく有り触れた本能的感情である。(余談1)
 私なんかも、チャリ旅する若者を見かければ声をかけてしまうし、買い物帰りだったらパンの1個や2個、千円札の1枚や2枚はカンパしてしまう。私自身、若いころ旅先で親切な人にカンパしてもらった事があるからだ。
 一部の知人から批難された朝鮮学校支援にしても、馴染みの焼肉屋の店主夫婦のお子さんが通っていたから募金したのであって、思想的政治的動機は希薄だった。
 
 友人だから、仲間だから、近所付合いだから、そういうシンプルな動機でカンパをやってきたし、それが間違いであるとは思わないし、批判する輩が人の道を誤っていると思っている。(余談2)
 ネット社会にしても、私は気に入ったサイトや親しみを感じているサイトには、よくコメントを書いたりメールを送ったりしている。私自身がコメントやメールが届くと嬉しいので、相手への声援の意味合いが強い。
 ところが、最近になってそれを嫌がる人がけっこう多いことに気づいた。「」が見直され連呼される一方で、「」を嫌がる人が多いように私には見えてしまう。
 
 そういえば年賀状を題目にした記事で、かつての私は対立する人間に対しても年賀状を律儀に送ってやったと書いたことがある。相手が日頃から世界平和だの多様性社会だのと主張する「市民運動家」だったので、「ワシごときの人間を許容できんで何が世界平和だ。笑止」という批判を込めての年賀状でもあった。

 現実問題を考えると、人付き合いはなかなか体力が要るし、独りでもそこそこ暮らしていける社会であれば、余程のことが起こらない限り「」は逆に鬱陶しいのか?
 「絆」が叫ばれているのは、やはり「絆」が危ういから、「絆」を確認したい不安定な人の心の現われかもしれない。

(余談1)NHKスペシャル「ヒューマン なぜ人間になれたのか」では脳科学の最新の実験結果で、これまで脳の皮質で欲望を司る部分が人間関係が公平対等な状態になると快感を感じる事が確認されたらしい。
 そりまで銭を儲ければ儲けるほど興奮すると考えられた部分が、逆に持たざる者が持てて対等な関係になる時でも興奮するのだ。

(余談2)「自民党的だ」と批判する左派の知人がいた。別に自民党的である事は大昔から否定してこなかった。どんな事にも効能と副作用があると私は子供の頃から主張してきた。人の話を聞かんで批難するな、と言いたい。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/03/11 15:54 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク