FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ザ・グラディエーターII ローマ帝国への逆襲」 突っ込みどころを楽しもう〔8〕 

ザ・グラディエーターII ローマ帝国への逆襲
美人モデルたちのアクション活劇。

 

 
【原題】THE ARENA
【公開年】2001年  【制作国】亜米利加 露西亜  【時間】93分  
【監督】ティムール・ベクマンベトフ
【制作】ロジャー・コーマン
【脚本】ジョン・ウィリアム・コリントン
【言語】イングランド語
【出演】カレン・マクドゥーガル(-)  リサ・ダーガン(-)  ヴィクトル・ヴェルズビツキー(-)  アナトリー・マンベトフ(-)  
             
【成分】勇敢 セクシー アクション ローマ史劇 2世紀 ローマ時代
            
【特徴】美人モデルたちが露出度の多いローマの衣裳でチャンバラアクションを繰り広げたり、お色気場面を魅せる。明らかにリドリー・スコット監督「グラディエーター」の便乗お色気低予算企画。
 
【効能】美人モデルたちの美しいプロポーションに萌え。
 
【副作用】気ぜわしくて中途半端で目が疲れ苛つく。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
意外にローマ軍兵士の甲冑は正確描写だった。

 明らかにリドリー・スコット監督「グラディエーター」に便乗した米ロ合作のB級お色気アクション史劇である。邦題もその趣旨に従ったものになっている。プロデューサーは大作からC級D級まで関わる映画人ロジャー・コーマン氏。主演はプレイメイトの美人モデル。
 したがって、時代考証云々や俳優の演技力云々は言及するだけ野暮である。期待するのはポルノにならない程度のお色気と、鍛え上げられた美しいプロポーションの女性がぶつかり合うチャンバラ・アクションだけだ。(余談1)
 
 予想通り、時代考証はデタラメ、俳優もダイコンが多い、主演女優たちの演技力も目をつぶらねばならなかった。が、意外にもローマ軍兵士の甲冑はかなり正確にできていた。また兵士たちが森を切り開く場面も、史実から逸脱していない。戦闘と演習以外のローマ軍の仕事はインフラ整備である。この点は予想外だった。
 
 もう1つ予想外だったのは、肝心のアクションが滅茶苦茶だった点である。30年前の「アマゾネス」以下だ。これでは何のための映画なのか解らない。少しは身体を鍛えて殺陣の練習ぐらいしてほしかった。しかも、演技力や殺陣の下手さを誤魔化すため、カットイン・カットアウトのやり過ぎで画面が気ぜわしく変わり迫力が無く目が疲れるだけだった。もう1つの目玉のお色気場面も同様のカット割なので色気を堪能する暇も無い。
 
 結局、ポルノにしたいのか、アクションを撮りたいのか、プレイメイトのイメージビデオを撮りたいのか、何を表現したかったのか? 
 
(余談1)少し前のペプシコーラーのCMのような情景を期待していた。女性ミュージシャンたちが抜群のプロポーションをウリに女剣闘士に扮してアリーナで「クイーン」の歌を熱唱し、観衆がスタンドオペレーションで熱狂、貴賓席の若きローマ皇帝が圧倒され息を呑むというアレ。
 しかし、「ザ・グラディエーターII ローマ帝国への逆襲」は全くショボイセットだった。エキストラも100人程度か。テレビドラマ規模の予算のようだ。ペプシコーラのCMの方が銭かかっているのではないか。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆ 可
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆ 凡作

 
晴雨堂関連作品案内
ザ・グラディエーター ~復讐のコロシアム~ [DVD] ザッカリー・ワイントロープ


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク