FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

思い出のザ・ピーナッツ  

心の窓にともし灯を



【雑感】ザ・ピーナッツという双子姉妹のユニット名を聞いてピンとこない世代が増えてきたと思う。実は60年代に生まれた私の世代でも、子供の頃によくテレビで見かけた事がある程度の記憶しかない。
 が、怪獣映画「モスラ」に登場する双子の妖精小美人に扮したザ・ピーナッツが歌う「モスラー~や♪」を思い浮かべる人は若い世代でも少なくないと思う。
 またザ・ピーナッツと同世代の方々はエレキの伴奏が効いている「恋のバカンス」を思い浮かべたり、沢田研二氏と結婚・離婚をした伊藤エミ氏(姉)を連想するだろう。
 
 その伊藤エミ氏が黄泉の客となられた。

 伊藤エミ氏が旅立たれたニュースを聞いて、私が思い浮かべた歌はスタンダードなヒット曲というには少し知名度が低い「心の窓にともし灯を」である。
 初めて聞いたのは小学生の頃だった。たまたまラジオをつけたらこの歌が流れていた。当時はザ・ピーナッツの歌とは知らなかったが、2人の女性のハーモニーから「ピーナッツかな?」とは思っていた。

 内容はとにかくわびしい。「マッチ売りの少女」のような歌詞と曲調である。貧乏臭い内容に閉口する者もいるかもしれないが、陰鬱な冬景色に仄かな明かりを感じるような、絶望の中に微かな希望が胎動しているような、そんな思いにさせる。この思いは齢を重ねるにつれて大きくなっていった。
 
 子供時代の私の印象に残ったもう1つの理由に、当時日曜日朝のアニメ番組の時間帯にロシア菓子をテーマにしたパルナスのCMが流れていた。子供向け菓子の宣伝なのに面白くも明るくもない、寒くて暗い北国を彷彿させるメロディー、しかし楽しい日曜日の朝に放送する楽しいアニメ番組の時間帯に必ず放送されていたので、脳裏に焼きついてしまった。
 このパルナスのCMソングのイメージと「心の窓にともし灯を」がダブってしまったために、妙に懐かしさを感じてしまうのだ。



 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/06/28 18:47 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク