FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

小沢一郎、次の一手は? 近頃の現象[八百八十七] 

次期衆院選は「反増税、反原発」で…小沢氏

 民主党の小沢一郎元代表は2日夕、国会内で記者団に対し、「今後、新党の立ち上げも視野に入れながら、政権交代の原点に立ち返り、国民が選択できる政治を構築するために、本日、民主党を離党した」と述べた。(読売新聞)
 
【雑感】政治評論家が指摘するまでもなく、誰が見ても3無い状態である。

・票田基盤が無い。
  大半のメンバーは当選回数1回で、しかも民主党に追い風が有った時でさえも小選挙区では当選できず比例区で議員の席を掴んだ。失礼ながら、郵政解散の小泉総選挙で棚から牡丹餅的に当選した幸運児杉村太蔵氏のような立場だ。かつて中枢幹部を引き連れて自民党を離党し新生党を結党した時とは事情が異なる。
 近い将来かならず行われる衆院選では殆どが消えていくだろう。

・国民の支持が無い。
  小沢一郎氏の声明や主張は言葉1つ1つ切り取ってみればナルホドなのだが、有権者は冷ややかだ。政治資金の問題でダーティーなイメージが強いし、もともと悪い意味も含んだ自民党の豪腕政治家だったので、かつて最大野党新進党を率いて国会で座り込みをやったときでも国民はイマイチ支持しなかった。
 
・連携相手が無い。
  保守政党はこぞって小沢勢力とは距離を置いている。また小沢一郎氏の「反増税・反原発」は今や共産党の主張と同じなのだが、名誉ある孤立でもやっているかのような共産党から手を組むとは考えられないし、小沢一郎氏が共産党との連携となれば保守体質の「同志」たちは足がすくむだろう。
 
 新党をつくれば、民主・自民に次いで第3勢力の大所帯となるが、近いうちに行われる衆院選までの話だ。今のままでは全く展望は無い。またこの時期の結党では政党助成金は無く、50人の勢力のまま助成金の審査がある来年1月まで維持できるとは思えない。

 辻恵・階猛両氏が心変わり?して民主党に留まったのは、両者とも小選挙区で当選した議員であり、それなりに苦労して票田をつくってきたから、無理に展望も力も無い「新党」に参加する冒険をするよりは民主党に留まったほうが党の支援が期待できる。万が一当選できなくても、両氏とも弁護士なので食べていける。ちなみに私は辻氏の選挙区の有権者なので、辻氏のポスターやチラシはよく見かける。
 
 
 さて小沢一郎氏の次の一手、私はもはや展開できる手は限られていると思う。このまま「反増税・反原発」のスローガンで新党をつくってもジリ貧になるのは目に見えている。それに共産党や社民党のマネを小沢一郎氏はともかくとして、追従した一年生保守議員たちにできるとは思えない。
 それよりも、内実はともかくとして現時点では国会の第3勢力を誇っている力を有効利用する事を考えるしかない。今しかできない戦術だ。

 私は内閣不信任案だと思う。共産や社民は同調するだろうし、自民や公明にとっては踏み絵の様なものになる。前回の衆院選で落選した自民党の大物・中堅の政治家は早く議員に返り咲きたいので衆院解散を痺れを切らせて待っているはず。
 不信任に賛成しなかったら、いくら三党合意があるとはいえ、自民・公明は野田政権を支持したことになって後々の総選挙展開が面倒になる。野田政権打倒が論理矛盾になるのでやり難く、各々の地元が不信感を抱く。下手をすれば谷垣総裁の失脚にもなりかねない。
 
 少なくとも、小沢一郎勢力50人の力を発揮できるのは今しかないし、今これといった攻撃をしなかったら、二度と攻撃の機会は無いだろう。
   

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/07/03 13:49 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク