FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「鷲と鷹」 ストレス解消活劇〔81〕 

鷲と鷹
スカッと爽やか邦画海洋アクション!

 

  
【原題】
【公開年】1957年  【制作国】日本国  【時間】115分  
【監督】井上梅次
【原作】
【音楽】多忠修
【脚本】井上梅次
【言語】日本語       
【出演】石原裕次郎(千吉)  三国連太郎(佐々木)  浅丘ルリ子(明子)  月丘夢路(朱実)  長門裕之(吾郎)  二本柳寛(-)  沢村国太郎(-)  柳沢真一(-)  西村晃(-)  安部徹(-)  木戸新太郎(-)  青木富夫(-)  穂高渓介(-)  弘松三郎(-)  小林重四郎(-)  河上信夫(-)  天草四郎(-)
      
【成分】 

【特徴】。 
    
【効能】
 
【副作用】
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
熱帯夜の鑑賞にお薦め
 
 暑い夏はスカッと爽やかな海洋アクションがお薦めである。ハリウッドやヨーロッパの映画もよいが、邦画にもなかなか面白い作品がある。
 石原裕次郎氏主演の「鷲と鷹」(余談1)、嵐に翻弄される船の甲板描写など、当時としてはかなり迫力のある天然色映像だ。(当時はまだカラーより白黒作品が多い)

 石原裕次郎氏、70年代に小中学生時代をおくった私の世代では、刑事ドラマ「太陽にほえろ」に登場する七曲署捜査一係長、中年太りの「ボス」こと藤堂警部補のイメージが強い。本作の頃はやんちゃな兄貴の風貌だ。ここでは父の仇を狙う新入りの水夫千吉役。脚が長いのでカッコ良い。
 三國連太郎氏は今や「釣りバカ」の社長か皇潤CMのイメージだが、このころはシャープで眼光鋭い謎の水夫佐々木の役。実は潜入捜査官である。
 長門裕之氏は痩身でサザンの桑田佳祐氏にそっくり、ここでは生真面目な航海士吾郎(たぶん、船長の次席だったと思う)の役。
 ヒロインは2人、「デンデラ」でお婆さん役の浅丘ルリ子氏もこの頃は清楚なお嬢様明子、月丘夢路氏は千吉に恋する情熱的な女性。(余談2)
 当時のアイドルスター・若手演技派・ベテラン俳優が揃い踏み。
 
 主人公千吉の親の仇は船長、船長もまた千吉が自分を狙っていることを察知し、抹殺しようと画策する。千吉は一匹狼的で腕っ節が強く頭の回転も速い、船長は老獪な悪党、この両者の駆け引きに割って入るのが、刑事の身分を隠して乗り込んでいる佐々木と、生真面目航海士吾郎。
 特に吾郎のポジションが面白い。吾郎の父親も船長一味で悪巧みに関わり、千吉から仇として狙われていた。冒頭で殺されるのだが、果たして犯人は千吉か? 上司である船長は千吉を殺せとそそのかす。ところが生真面目航海士の吾郎は、父殺しの犯人かもしれない千吉に復讐の虚しさを説き、船の治安を守ろうと尽力する。

 クライマックスは嵐の中の格闘シーン。緊張感の中で双方の睨み合いの均衡が嵐で崩れて一気にラストへと流れ込むテンポは気持ちが良い。
 熱帯夜の深夜で鑑賞すると清々しい古き良き高度成長期日本の青春をスカッと感じる事ができるだろう。

(余談1)鷲と鷹は同じ猛禽類のタカ科である。どれが鷲でどれが鷹なのか、これといって区別の基準は無い。大雑把に大柄な種を鷲と呼び、小柄な種を鷹と呼んでいる。
 
(余談2)この前年に長門裕之氏と共演した「愛情」で登場するセーラー服姿の浅丘ルリ子氏が可愛い。
 勘違いかもしれないが、一部場面を使用したCMが90年代に流れていたような気がするのだが・・。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
51位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク