ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

今日の晩御飯(59) 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[百三十九] 

久しぶりの鰻丼
 
鰻丼SN3V0051.jpg

【雑感】8月6日の「今日の晩御飯」である。
 
 暑い日が続く。食事管理に注意しないと、ついつい惰性で冷やしうどんやザル蕎麦など冷たくてあっさりした食事に偏りがちとなり、栄養バランスの崩れから夏ばてしてしまう。暑い日こそ、シッカリしたものを食べて精をつけなければならない。

 近年、鰻が不漁で資源枯渇の危機に陥っているという。幸い、実家が冷凍鰻をくれたので、今年も鰻を食べることができた。パックの封を切って丼に盛り付けレンジで温めただけの簡単な御飯、別に私が鰻をさばいて蒲焼にしたわけではない。

 思えば90年代前半だったか、川津祐介中野珠子両氏(余談1)が司会をやっていた「てれび博物館」で鰻問題を取り上げた事があった。そこで初めて私は鰻の産卵場所や仔魚時代はどこで棲息しているのか不明である事、鰻の養殖は卵からではなく稚魚を捕獲して養殖所で育てているだけを知った。
 放送の段階では、どうもマリアナ海溝付近の深海に産卵しているのでは、という仮説で終わっていた。それまで鰻は川や湖にすむ馴染みのある魚とばかり思い込んでいたので、謎の多い魚で卵から養殖されておらず漁獲高が減少傾向を知って、下手をすれば絶滅が危惧される魚になってしまうやないかと驚いた事を憶えている。

 あれから20年が立った。鰻の産卵場所がマリアナ海嶺のスルガ海山付近だとほぼ特定され、漁獲高激減は現実のものとなり、鰻の高騰とニュージーランド産やヨーロッパ産鰻の買い付けが話題になっている。


浅蜊汁SN3V0052.jpg
 鰻丼には澄し汁か赤出汁を出す事が多いようだが、ウチは浅蜊汁にした。以前は肝臓に良い蜆の味噌汁にしていたが、蜆は粒が小さくて物足りない。浅蜊なら蜆に近い効能もあるし粒が大きいので食べ応えがある。また酒蒸しやボンゴレロッソなど用途も広い。

ハートランドSN3V0053.jpg
 ビールはハートランド。現在、大手ビール会社は麦芽100%ビールの銘柄を常時製造するようになったが、一時期はドライブームで麦芽100%ビールは隅に追いやられ、サッポロのヱビスとキリンのハートランドぐらいになってしまった。
 このハートランド、茶色瓶が多い日本のビールでヨーロッパ風に緑瓶だ。以前、飲みに行ったショットバーでは店主兼バーテンダーは抜栓して小瓶のまま客に勧める。ラッパ飲みしろという訳だが、私はジョッキに注ぎたい。たぶん、何か事情があってビアグラスのスペースとビアグラスを洗う手間を惜しんでの事だろうが。
 ラッパ飲みでは泡を楽しめないのでつまらんのだ。泡を楽しまないビールは、私の感覚では信じられない。生ビールならサーバーに口つけて直接飲んだら美味いか? そんな馬鹿な事はない。おっと、昔の嫌な思い出が湧き出そうになった、このあたりで止めておこう。

 因みにこの陶器のジョッキはドイツから取り寄せた500CC用だ。中瓶で量がぴったり合う。 

(余談1)川津祐介氏の落ち着いた雰囲気で番組進行する姿勢が気に入っていた。変に真面目くさらずオチャラケず、まるで小中学校の先生のようで良かった。実際、中学時代に習った社会科の先生や小学校時代の校長先生が川津祐介ぽかったから懐かしい。
 川津司会は好評だったようで、番組初回から20年以上も務めた。

 サブ司会の中野珠子氏は当時20歳代だったろうか、私よりは歳上と思うが。長身痩身長い黒髪の女の子、私の好みの女性ではなかったが番組中の実験で自動二輪を乗り回したりと、いかにもスポーティーでアウトドア好きなところに好感を持った。
 蚊の生態特集で、中野氏が実験のため汗だく状態で蚊を集めた一室に閉じこもるシーンを見てから、番組をビデオ録画するようになってしまった。(半分冗談、それ以前からボチボチ録画はしていた)


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
86位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク