FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

山本太郎(8) 近頃の現象[九百四]

山本太郎、衆院選出馬を宣言!新党結成か

 俳優の山本太郎が1日、衆院選に出馬することをツイッターで発表した。どこの党からの出馬になるかは明言しなかったものの、自由報道協会オフィシャルサイトには1日の予定として「山本太郎氏(新党結成)記者会見」との記載があり、新党を結成するものとみられる。(シネマトゥデイ)
 
【雑感】ツイッター上ではけっこう反響しているようだが、従来のマスコミはイマイチ反応が大きくない。どちらかといえば、泡沫候補に近い扱いのように見える。
 
 山本太郎側も脱原発運動に焦りを関しているのだろうか? 選挙というのは銭がかかる。市議選くらいなら有志のカンパと炊き出しなどでなんとかなるが、国政となるといきなり株式会社を起業するような資金と労力が必要となる。選挙運動に参加したことの無い人間にはピンとこないだろうし、無責任に「銭のかからない政治」などと軽々しく言うだろうが。
 どんなに節約しても、少なく見積もって1千万円はかかる。これはかなり幻想的な数字で、本気で選対を組んだらこれでも少なすぎるふざけた額なのだ。これが現行の選挙制度で戦う上での必要経費である。

 庶民感覚では個人で出馬なんて考えられない。それだけの資金があれば、何か他の仕事に使うなり、老後の生活費のため貯蓄にとっておきたいと思うだろう。
 市民運動の世界でも、1千万以上の資金があったらやはり団体運営の維持費に充てたほうがどれだけ楽か。ましてや山本太郎氏はかつての売れっ子俳優から遠ざかりつつあるので収入が激減、経済状況を考えたら出馬はむしろ自分の首を絞めることになる。

 マスコミ各社は嘉田知事の「未来」から出馬と報道し山本太郎氏は否定しているようだが、マスコミの反応は以上の理由で当然だろう。国政選挙は個人が参加できる世界ではない。余程の売れっ子アイドルでもない限り、個人で闘っても当選はできない。かつて緑の党をつくろうとした中村敦夫氏も苦戦した。
 奇跡的に当選しても、独りで国会を相手には多勢に無勢で何もできない。どの道、いずれかの会派か政党に入らざるを得ない。

 山本太郎氏の現在の主張は社民党に近いが社民党が新たな候補者を擁立できる力はあるかどうか、共産党は資金力はあるが外様の山本太郎氏を受け入れるとは思えない。世間は社民と共産は同じ左翼と見ているが、アジア外交の点では自民と民主以上に隔たっている。山本太郎氏の引き受け先として100名以上の候補者を擁立することを発表した嘉田知事の卒原発「未来」が浮上するのは至極当然である。
 
 こんな状態を考えると、出馬はデメリットが大きい。それでも出馬を考えているということは、運動の停滞に焦りを感じているとしか思えない。
 反原発運動は私が顔を出していた頃に比べると勢力は桁違いに大きくなり、それなりの人数を国会付近に集まるようになった。少し前までは組織的動員も必要だったが、今は運動経験の無い市井の方々もネットを通じてデモの情報を知り参加するようになった。
 
 だが政府や国会があの有り様では、いくら外から突いても「暖簾に腕おし」「糠に釘」と思ってしまう。国会の中に入って闘わなければと思うのは人情だ。圧倒的多数の政治勢力だった体制権力の塊り自民党の党是である憲法改正でさえも、視野に捉えるようになるまで半世紀以上かかっているのだ。ましてや、反体制側が勝利するのは1000回戦って1勝して御の字と気長に構えなければならないが、分裂・内ゲバ・共食いになって退潮する。
 自分が国会に入って議員として活動することで運動の安定化と士気の維持を計りたいという気持ちもあるかもしれない。

 一有権者としては、原発推進が勢いを取り戻しているのでバランスをとるために脱原発側に票を入れる。東電や経団連の態度を見ればあまり反省しているようには見えない。反省の無い態度に改善は無い。改善が無ければ同じ失敗をおかす。次の失敗は日本が滅びるときだ。いまの原発推進に大勝させてはならない。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/2186-b43c6371

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
79位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん