FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

晴雨堂の2012年公開映画2選 

晴雨堂の2012年公開映画2選
 
 さて「日本で2012年に劇場初公開された作品」という条件に絞って晴雨堂が独断と偏見で優秀作品を2作選んだ。
 具体的な評価基準は、劇場で1800円支払って鑑賞してなおかつDVDが発売されたら購入して本棚のコレクションに加えたい映画である。
 で、なぜ2012年は2作しか選ばなかったのかというと、私と直接付き合いのある友人たちはご存知と思うが、家庭の事情で映画館へ行く機会が激減したからである。息子の誕生で育児と連れ合いへの気がねで映画鑑賞する本数自体が減った。とても10選5選なんて無理!

 よって2012年は晴雨堂恒例の行事を止めようかと思ったが、しかしながら良い悪いは別にして、たとえ300も400も観たとしても、これは記憶に焼き付き二度と忘れない作品として2つあげよう。
 
1「ロボット」印度映画
2「アイアン・スカイ」芬蘭映画

 今回も意識したわけではないのだが、見事にハリウッド作品を落としている。けっしてハリウッド作品は嫌いではないが印象に残らん。
 「ロボット」は印度版ターミネーターと言われているがとんでもない。アンドロイドやロボットというカテゴリーは同じだが、面白さやぶっ飛び度は別次元。DVD化されているので是非鑑賞してほしい作品である。蛇足だが、ヒロインは骨格の良くて安産型のヨーロッパ人的顔付美女だが、私はラストの博物館で登場する女学生が好みだ。おっとまた連れ合いからロリコンと言われてしまう。
 「アイアン・スカイ」は過去の記事にも面白さを書いたので、御参照されたし。

 「テルマエ・ロマエ」や「アーティスト」「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」など他にも気に入った作品はあるのだが、映画館で鑑賞した作品が10本程度では、そこからの10選5選では価値が無い。また、アルジェント監督作「フェノミナ」ノーカット版も十三で公開され、14歳のジェニファの美しさは捨て難いものであったが、やはり新作を優先した。
 
 それでは皆さん、今年も良き映画にめぐり合えますように。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
84位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク