FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

体罰の是非について・・市立桜宮高自殺事件(2) 近頃の現象[九百十一]  

桜宮高校>女子部員にも体罰

 大阪市立桜宮(さくらのみや)高校2年の男子生徒(当時17歳)がバスケットボール部顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた翌日に自殺した問題で、顧問が女子部員にも日常的に体罰を加えていたことが分かった。複数のOBが目撃し、現役部員の保護者も証言した。女子部員への体罰の実態が明らかになるのは初めて。大阪府警などは学校関係者から事情聴取を始めており、顧問の日常的な指導状況についても実態解明を急いでいる。(毎日新聞)
 
【雑感】こないだ、夜勤の食事休憩中に社員食堂のTVをつけたらNHKニュースで桑田真澄氏が再び出演していた。「体罰で強くなれるのなら、体罰の無い大リーガー選手はどうして強いのか?」という趣旨の体罰否定論を展開していた。確かになるほどだ。桑田氏は実際に少年野球時代に体罰を受けてきた、中学・高校・プロ野球・大リーグを経験し、桑田氏に「育てられた」プロ野球投手も多い。説得力は抜群である。
 
 ただ、私は体罰全面禁止にはどうしても賛同できない。体罰と虐待は違うと言えば、体罰反対論者は「体罰容認」と批難するが、悪事をはたらいていない生徒を執拗に殴るのと、悪事をはたらいた生徒に一発ビンタするのを一緒にしてしまう論法は暴論に思えてならない。
 
 桑田氏はこうも述べていた。「体罰とは絶対に殴り返してこないとわかっている生徒に対して暴力を振るう、スポーツマンとして卑怯な行動だ」と批難していたが、これは逆にいえば「生徒は絶対に殴り返してこない」事を前提としている。では、生徒が教師に対して暴力を振るうことが常態化している問題校はどうなる? 
 マスコミは今や体罰禁止論一色である。権力者である教師に体罰を禁止させる事に気をとられているが、以前に生徒がバタフライナイフで女性教師を殺害した事例を忘れている。その事件によって銃砲刀規制が強化されたではないか。
 教師は生徒に殴られても手は出せない。自衛のために手を出したら、いや手を出さないまでも叱っただけで「言葉の暴力」「パワーハラスメント」の濡れ衣を着せられる可能性もある。生徒が教師に危害を加えるシチュエーションも併せて対策を考えなければ、教師のなり手が居なくなるだろう。
 
 私が言いたいのは、なにか問題が生じたとき、十把一絡げに禁止に向かうマスコミや世間の付和雷同的短絡行動に危うさを感じる。
 どんな方法にも必ず効能と副作用がある。状況によっては効能が勝るときもあれば、副作用が勝るときがある。それを慎重に吟味しなければ弊害を大きくするだけだ。
 桑田氏は「体罰を用いた指導法は最も手っ取り早くて手抜きの方法」と批難したが、同じように味噌も糞も同列にして茶色いものは禁止では「体罰指導法」の手抜きと同じである。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/27 11:23 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
81位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク