FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

AKB48峯岸みなみの坊主頭を考える 近頃の現象[九百十三] 

板野、峯岸ピース写真について言及
 
 人気グループAKB48板野友美(21)が、1日深夜に放送されたニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』に出演した。板野は熱愛騒動を受け丸刈りにした峯岸みなみ(20)について「そこまでちゃんとできるっていうのは、本当にファンの人に謝りたいって気持ちが強かった。なんかすごいなって」と自身の考えを明かした。(オリコン)
 
【雑感】第一報を聞いたときは「坊主」だったので、少女からエロ可愛い尼僧になっているのではとスケベな中年男である私は期待していたが、問題の動画を観たときセクハラ・リンチっぽい不快感を抱いてしまった。
 剃刀で丁寧に剃髪し毛穴から滲み出る皮脂で青々光る峯岸の艶やかな「頭皮」を見たかった。しかし動画に映っていたのは、自分で切ったのか雑な丸刈り頭で、うなじの辺りには刈り残しの長い頭髪が覗いていた。なんだか虐待を受けたあとのような惨めな姿に見えてしまった。
 
 この頭を見て連想したのは、戦場カメラマンのロバート・キャパが映した坊主頭のパリジェンヌたち、第二次大戦末期にドイツ軍はパリから撤退、解放されたパリで公然と行われるようになったのは愛国者たちによる「裏切り者狩り」である。ドイツ軍に協力したパリ市民が血祭りに上げられる。中でも有名なのはドイツ兵と恋仲になって子供を宿した若い女性を坊主にして市中引き廻しの刑にする光景だ。嘲笑を投げかけられながら、無言で赤子を抱き耐えている姿が痛い。
 これは映画「愛と哀しみのボレロ」(1981年 フランス クロード・ルルーシュ監督)でも再現されている。(余談1)

 この峯岸みなみちゃんの行動は大きく三つの評価にわかれる。峯岸に反感を持つ者は「単に反省の格好を示しただけの茶番」とみるだろう。AKBや秋元康氏に反感を持っている者は「峯岸の行動は自発的の体を装った虐待、そうせざるを得ないように仕向けられた」と批難する。そしてAKBや峯岸に好感を持っている者は「天晴れ!さすがバラエティ担当、勇気ある潔し」と絶賛する。
 
 三通りの評価はそれぞれ正しいし不正確だと思っている。三つの要素を合わせたのが事実だ。形を示した要素もあるし、グループ内の圧力もあっただろうし、やはり肩甲骨辺りまで伸ばした長い髪を一気に坊主にするのは、峯岸みなみちゃんならではの潔さだ。

 私は前田敦子や大島優子や板野友美などのトップには興味ない。指原莉乃や峯岸みなみなど個性的キャラにしか目がいかない。特に峯岸みなみは他の美少女系メンバーと違って親近感のある可愛らしさだ。だから贔屓目な見方になってしまうが、峯岸のポジションから状況を見てみよう。
 
 峯岸は神様7の上位ではないが、しかし大所帯のグループの中で中堅いうより上位者、他の「可愛らしい」アイドルと違って「明るくて面白い」バラドル第一人者でテレビでの露出度も大きい。
 その重みある人間がスキャンダルの渦中に巻き込まれる。

 当然、峯岸にとってはAKBに残りたいという気持ちが一番にあったはずだ。しかし既に指原莉乃が過去の異性関係が露見してHKTに「左遷」になった前例があるので、残留するにはインパクトある形を示す必要があった。惨めな刈り方の坊主頭と囚人を連想するような地味な服装と灰色っぽい背景は、彼女一人で考えたのであれば映画監督の才能を評価しなければならない。
 また、以前にも暗に異性関係が元で除籍になったメンバーがいるが、比較的下位のポジション。全国的知名度は無く、グループにとっても本人にとっても未練は薄い。しかし峯岸ほどになれば内外の影響は大きい。

 AKBの掟とされている恋愛禁止は、正論を言えば倫理に悖るし憲法違反でもあるので掟自体が無効、したがって守る義務は無いのでAKBアイドルたちが団結して掟を粉砕してAKBを企画したプロデューサーを訴え損害賠償請求しても構わない。むしろ日本国の主権者として憲法違反の不条理な掟を叩き潰すのは責務かもしれない。
 が、AKBは「恋愛禁止」を売りにして発展してきたグループである。もっと生々しい言い方をすれば、「男」を知らない思春期少女たちの集まりがセールスポイントだ。処女性を要求する巫女みたいなものかもしれない。

 ゆえに上位者である峯岸は自ら惨めな姿を晒す事で、他のメンバーに対する引き締めを計り、AKBアイドルに集る男の子たちへの警告とする事で、思春期JK少女風アイドルAKBの建前と組織防衛を計ったともとれる。掟からすれば峯岸除籍は当然だがそれが研究生降格で留まったのは、峯岸の坊主頭で情けをかけたというよりは組織防衛の功績が認められたと見るべきかもしれない。
 もし峯岸がここまで考えての坊主謝罪なら、なかなか組織者としての才能もある。将来は芸能プロダクションの経営者になれるかもしれない。

 ただ、YouTubeは全世界の人間が見ている。日本のオタク文化支持者を中心に全世界の目に留まってしまうだろう。女子柔道の園田監督のビンタと同じく、波紋が広がってしまう危険はある。
 また、このタイミングで板野友美が年内卒業を発表したのも意味深に見えてしまう。もともと私は板野が卒業一番手だと思っていたが、前田敦子のほうが早かった。たぶん、前々から卒業の機会を伺っていたと思うが。 

(余談1)第二次大戦に翻弄されたフランス・ロシア・ドイツ・アメリカそれぞれの主人公が織り成す壮大な物語で、問題の場面はドイツ側の主人公で音楽家のカール・クレーマーがドイツ軍軍楽隊将校としてパリに駐屯したときにフランス女性と知り合い子供をもうける。やがてドイツ軍は敗走し、カールは捕虜となった後にドイツへ復員、残されたパリの彼女は群衆に取り囲まれ頭を丸刈りにされる。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/02/04 03:35 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク