FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「女信長」 TVドラマ評[五十八] 

女信長」 けっこう面白いやんか!
 
女信長.jpg
(C)フジテレビジョン・ネットワーク
 
【雑感】以前、「千年の恋 ひかる源氏物語」で主人公の光源氏を元宝塚男役スター天海祐希氏が演じて、あまりにも無理のありすぎる滑稽な光景に背筋が痒くなったものだ。当ブログのレビューでもつい扱き下ろしてしまったほど不愉快に思った。いくら男役出身だからといって、プレイボーイの光源氏役は不自然さばかりが目立つだろうと思っていたら案の定だった。詳しくは当ブログのレビューに書いたのでここでは割愛する。
 
 そんな嫌な体験があったので、今度は信長の役をやるという話を聞いた時、「またか」と拒絶反応を起こしてしまった。前回の光源氏は特に思い入れは無かったが、信長についてはゲームソフト会社の光栄が出している「信長の野望」シリーズの大ファンなので思い入れが強い。「女信長」というタイトルを聞いただけで虫唾が走った。
 だから最初から観る気が無かった。金曜日放送分の全編は全く見なかったし、土曜日の後編は最後の羽柴秀吉が反骨の相を信長の前で隠さなくなった辺りから観た。これも観るつもりがあってチャンネルを変えたのではなく、たまたま他局は何をやっているのか適当にチャンネルボタンを押していただけである。

 ところがである。秀吉が女信長を脅迫する場面なのだが、なかなか迫力があるではないか。最初は君臣の立場をわきまえながら秀吉は「それがしに天下を譲れ」と脅していくのだが、女信長は激昂して「このサルが!」と蹴り飛ばす。秀吉もついに本性を隠さず女信長に襲い掛かる。本気で向かってくる秀吉に信長も一旦は組み伏せられるが男として武将として合戦を生き抜いてきた織田家棟梁、なんとか跳ね除け部屋にあった槍をとるや秀吉に構える。ところが秀吉は弓矢を構えている。
 膠着状態が続くが女信長が不利、そこへ信長の妻濃姫が騒ぎに気が付き「何事か」と数名の家臣を連れて部屋に入ってきた。女信長は穏便に「軍略を論じ合っていただけじゃ」と槍を収め、秀吉もそれに応え弓矢を置いて姿勢正しく座りなおし「では熟慮の上ご決断願います」と一礼し退出、両者この場は手打ちとする。
 
 光源氏は女性がスケベ男を演じるので違和感があったが、女信長は男の振りをする女性の役を女性が演じるので違和感はあまり無い。しかも西洋風甲冑を着た茶筅髷の天海祐希氏は一見すると宝塚風のわざとらしい男装だが、本作の演技は宝塚独特の男役演技ではなく、天海祐希氏が自分の男性的な部分を精一杯だして「独裁者信長」を演じているところが悲壮感があって痺れる。闘う女性好きの私のツボにはまったようだ。
 
 やがて、紆余曲折を経て光秀の謀反へと流れる。信長が登場するドラマで「本能寺の変」は魅せ場だ。白の襦袢姿で如何に美しく勇ましく弓矢を射るか。
 近年のNHK大河ドラマでは緒形直人氏の弓矢を射る姿が本宮漫画の信長のようで格好良かった。舘ひろし氏の病的信長が襦袢の上から西洋風甲冑を着けて鉄砲を放ちまくるのもモダンでグッド。さて、天海祐希氏はどうか?
 少し物足りなかった。華奢な身体ながら弓を射たり大鉄砲を放ったりは絵になるが、もう少し迫力を出してほしかった。ただ、本能寺が軍勢に攻囲されたとき、秀吉の謀反と思っていたら腹心で恋愛感情を抱いていた光秀と知ったときの一瞬の狼狽で手に持った扇を落とすが、すぐさま武将の心が復活して小姓の蘭丸に「弓矢を持て!」と怒鳴る様は素敵だ。

 DVDが近日中に発売されるそうである。そのときは最初から通しで観ようと思っている。なかなか、面白いやんか。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
84位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク