FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「八重の桜」(4) TVドラマ評[五十九] 

なんと! 我が郷里の英雄が、後姿だけ?
 
【雑感】第15話「薩長の密約」、いわゆる薩長同盟のエピソードなのだが、その仲介者の坂本龍馬はなんと後姿だけ、しかも20秒足らずの登場だった。

 台詞らしい台詞は無し。他の登場人物では字幕で人物名の紹介があるのに、坂本龍馬には無し。草笛光子氏のナレーションも「土佐脱藩浪士」としか紹介しない。西郷吉之助が桂小五郎へ話しかける「坂本さぁから聞きました」で坂本の名が出てくるのみ。
 龍馬ファンや幕末ファンには、ボサボサ頭にこげ茶色の素浪人風のいでたち、特徴のある「組み合わせ桝に桔梗」の家紋が背中にあることから、この後姿は坂本龍馬である事がわかる。完全に坂本龍馬の扱いは、カメオ出演のエキストラレベル。

 幕末モノでは異例である。坂本龍馬は必ずといって良いほど主演級か個性的助演で目立つ存在だった。大河ドラマ「新選組!」に至っては、新選組中心の物語なのに坂本龍馬と新選組局長近藤勇が若い頃から友達同士などと、些か強引なぶっ飛び設定までして影の主役のような活躍ぶり。

 「八重の桜」は会津人の目線で描いている。登場する薩長や幕府の要人は藩主容保をはじめ覚馬や八重が関わった人物に焦点が当てられている。西郷隆盛が頻繁に出るのも、幕末明治維新の重要人物というだけでなく、史実として西郷が覚馬を以前から高く評価していて、維新後の覚馬の運命に深く関わるからである。
 新選組も会津藩と深く関わることになる土方歳三と斉藤一のみをクローズアップしている。特に斉藤は佐川官兵衛と仲良しになり、後に八重の幼馴染と結婚するとき佐川は仲人を務め、ともに警察官となって西南戦争に従軍する。
 ここまで徹底した会津目線は潔く好ましい。坂本龍馬をチョイ出演だけにするとは。


 ところで「八重の桜」幕末編といえば、主人公八重の実家は代々会津藩砲術指南役だったため、史実の八重も銃器に精通し、作中でも銃にまつわるエピソードが随所に出ている。
 この回では、「龍馬伝」第2シーズン末以降から頻繁に登場するミニエー銃が出てきた。ついに出たという感じである。

 八重が幼少のころにこっそり読んでいた銃器の本は火縄銃の構造や黒色火薬の調合方法、幼い八重に鉄砲は殺生するための道具であることを悟らすために鳥撃ちに連れて行った父が愛用していたのが昔ながらの火縄銃。そして当時の兄覚馬が使い始めたのは最新式といわれたゲペール銃だ。
 火縄銃もゲペールも基本的には同じ形式の銃だ。銃口からパチンコ玉のような弾を込める。木の板の的へ撃つと、火縄銃では的が木目に沿って割れ、ゲペールでは穴が開く。

 ミニエー銃はそれら鉄砲を一蹴するほど画期的な銃だった。何が違うのか。作中で覚馬が家老たちに向かってミニエーの説明をするとき、カメラは銃弾をアップする。銃器に興味のある人なら気づくだろうが、弾丸の形が現代のものに近い釣鐘形である。また解像度の悪いテレビ画面では判り難いと思うが、弾には螺旋状の模様を入れてある。現代のいうライフルマークである。
 弾込めは相変わらず銃口から入れるが、螺旋を切ってあるので弾道がぶれず初速も速い。作中では鉄板の的を撃ち抜いた。覚馬の台詞から、以前の銃では鉄板を撃ち抜く銃は無かった事、そして以前に長州軍が御所に向けて発砲した禁門の変では長州軍と会津軍は昔ながらの具足をつけていたがミニエーで武装した薩摩軍は揃いの軍服だったのは何故かが判る。
 
 これ以降、戦争の形式が見た目も大きく変わる。薩長軍も幕府軍も学生服のような軍服を揃え始める。そして「八重の桜」冒頭の会津戦争で、主人公八重は現代と同じ銃の後ろから弾を込め撃ったら薬莢を捨てる形式のスペンサー銃で奮戦する。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
68位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク