FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

乙武洋匡 入店拒否騒動 近頃の現象[九百二十四] 

入店拒否騒動の乙武洋匡
「冷静さを欠いた」 反省するも
「逆ギレしたのではない」


 車いすのため入店拒否されたとイタリア料理店の店名を公開してツイートしたことが波紋を呼んだ乙武洋匡さんは「軽率だった。自分でも、冷静さを欠いた行為だったと思う」と2013年5月21日のブログで騒動を謝罪した。(J-CASTニュース)
 
【雑感】このニュースを聞いて、ふと、若い頃に通っていたドイツレストランを思い出した。店の規模は問題となったイタ飯屋とほぼ同じくらい、大阪のとある繁華街の小さなビルにあるレストランで、1階は厨房と5人がけくらいのカウンター席、2階席へは急な階段を登らなければならず、テーブルは5つ程度、20人くらいは入れると聞いてはいるが、せいぜい15人くらいだろう。
 店主はドイツで修業をした本格の料理人、職人肌で頑固そうな人だった。主に2階席を担当していたホール係は団塊の世代くらいの熟女で社会問題に強い関心を持っていた。料理はどれも美味く私の口にストライク、ビールは現在の感覚で見ても品揃えが抜群に良く、ドイツビール10銘柄以上は常時あった。しかもピルスナーだけでなく、アルトやバイツェンなど地ビール解禁前の当時としては奇跡に近い宝箱のようなレストランだった。残念ながら10年以上前に惜しまれながら閉店してしまったが。
 
 もし、あのレストランに乙武洋匡氏がやってきたらどうしただろうか? 少なくとも予約客である以上は、門前払いすることはありえない。どうにかしてでもテーブルに案内しただろう。スタッフだけで手に余るようなら、あの店主とホール係の気性から、客に協力を呼びかけただろうし、その場で私らが居合わせていたら友人らと一緒に乙武氏を抱えてやっただろう。
 ただ、あの店主のことだから、1回目の来店時は苦虫潰したような顔で看過するだろうが、2度目の予約時には説教したかもしれない。
 「こないだでウチの店の規模はわかったはずや。こっちも容量というか能力があるから、対応できない時がある。お互いがお互いを気遣いあって楽しい食事をするでないとあかん。売る側・買う側の関係は俺は対等やと思っているから、俺も客を選ぶ権利がある。今回からは必ず介助できる友達と一緒に来い」 
 あの人のことだから、こんな説教をしただろう。

 乙武氏側もイタ飯屋側も言いたい事は判るが、やはりイタ飯屋側の失策は予約をとった客を追い払ってしまった事だ。どんな事情があれ「予約客が車椅子なので門前払い」という「事実」が残り一人歩きする。思いっきり腰低く応対しなければ、マイナスイメージで判断されてしまう。 


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/05/23 22:44 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク