FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「バイオハザードV:リトリビューション」 ストレス解消活劇〔83〕

バイオハザードV:リトリビューション」 
中島美嘉、再び参上!

 

 
【原題】RESIDENT EVIL: RETRIBUTION
【公開年】2012年  【制作国】加奈陀 独逸 亜米利加  【時間】96分  
【監督】ポール・W・S・アンダーソン
【原作】
【音楽】トムアンドアンディ
【脚本】ポール・W・S・アンダーソン
【言語】イングランド語 一部日本語       
【出演】ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス)  ミシェル・ロドリゲス(レイン・オカンポ)  シエンナ・ギロリー(ジル・バレンタイン)  ケヴィン・デュランド(バリー・バートン)  ショーン・ロバーツ(ウェスカー)  ボリス・コジョー(ルーサー・ウェスト)  李冰冰(エイダ・ウォン)  アリアーナ・エンジニア(ベッキー)  コリン・サーモン(クローンワン)  ヨハン・アーブ(レオン・S・ケディ)  オデッド・フェール(カルロス・オリヴェラ)  中島美嘉(第一感染者クローン)

       
【成分】不思議 勇敢 セクシー かっこいい
  
【特徴】シリーズ5作目。1作目に登場したミシェル・ロドリゲス氏が筋骨パワーアップして戻ってきた。2作目のシエンナ・ギロリー氏も洗脳されてアンブレラ社の攻撃部隊指揮官としてアリスを追い詰める役を演じる。他にも懐かしい顔ぶれがチラホラと登場。また前作に引き続き中島美嘉氏もアンデット役で出演。
 3作目と4作目に出演したアリ・ラーター氏とスペンサー・ロック氏は冒頭部分だけに登場するが、仮に6作目が制作されると重要ヒロインとして復帰する可能性がある。

 今回の舞台は北極圏にあるアンブレラ社特別研究施設が舞台。東京やモスクワなどの街並みが再現されているのが特徴。
      
【効能】闘う女性の美しさ逞しさに萌え。美女たちが醜いアンデッドたちを倒しまくる様にスカッと爽やかストレス解消。
 
【副作用】似たような展開ばかりにウンザリ食傷。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。   
私は戦う美女に萌えるので・・。

 もうエエ加減にしろ、と言いたくなる第5弾。前作でサングラスのボスキャラ・ウェスカーを倒してホッと一息ついたのも束の間、洗脳されたジルが大部隊を率いて急襲するところでエンドだったから、よほど興行成績が悪くない限りは5を創るだろう。
 
 ハッキリ言って、映画を観てるというよりはゲームを観ている気分だ。主人公たちが雑魚を倒しながらエリアを進むと、エリアの奥には強いボスキャラが待ち伏せている。もともと原作はカプコンが制作したゲームだから、原作の雰囲気や構成に沿ったものといえばその通りなのだが、ストーリー性を重視する人が観たらご都合主義の惰性のアクションでしかない。
 というか、本気でアリスを抹殺したいのなら、悠長に回りくどく捕獲して装備や衣服を脱がし半裸の状態で監禁して尋問なんてせず、さっさと速攻で殺せばいいのに、わざと主人公アリスに機会を与えているところで既に物語としては面白くない。親切にアリスが奪いやすいよう武器まで用意している。

 しかし私はこの作品がけっこう萌えである。何故なら私は闘う美女が好きだからである。制作陣は私の様な女闘美嗜好の人間をターゲットにしているのは明白。制作趣旨と内容が合致していれば、それはそれで価値はある。
 鑑賞される方は、私のように美女たちのアクションを愛でるために観る、と割り切ることを勧める。

 ミラは相変わらずパワフルで迫力がある。しかし、半裸の監禁服姿を見て、やはり出産してウエストが太くなったような気がする。今回の黒レザーの衣装は露出度が非常に少ない。黒は収縮色なので細く見せる効果があるし、スーツのウエスト部分は最初から括れているようだから、体型を誤魔化せる。
 
 ミラの代わりにお色気アクションを担当するのが李冰冰(余談1)、もう30代半ばになっているはずなのに、ミラの隣にいると20代の小娘に見える。赤いドレスが白い美肌を引き立てている。ノースリーブに太股まで美脚がチラリするよう切込みを入れたスカート、右太股には黒いホルスター。このセクシースタイルと涼しげな顔で激しい銃撃戦を展開するのである。また私は太い眉毛に長い黒髪の女性が好みだからストライクゾーンだ。

 主人公を執拗に追うシエンナも素敵だ。寒い極北でのバトルなのに、大きく胸を肌蹴て谷間を魅せ、蜘蛛の形をした洗脳器具が貼り付き、ときおり背中が赤く光るところが少しエロい。
 惜しむらくは、最後のバトルでアリスは洗脳器具を引っぺがす事に成功するのだが、針を身体に刺しこむ構造なのだから、剥がす際にシエンナの胸から点滴針を抜いたときのように血がタラリと流れる演出がほしかった。

 ミシェルの役作りも素晴らしい。まるでプロレスでもやってそうな逞しい体格。歴戦の男性工作員をバッタバッタと殴り倒し骨をへし折る様は素敵だ。
 最後に中島美嘉がアンデット化してミラに襲いかかる様は、歌手の面影が無くてグッド。できればもっとしつこく絡んでほしかった。ミラだけでなく李冰冰にも絡んで血飛沫舞うバトルを展開してもらいたかった。

 最後にもう一度言う。これは美女たちのバトルを楽しむ映画である。それ以上でもそれ以下でもない。晴雨堂個人としてはストレス解消というより胸がときめく。
 
(余談1)李冰冰氏はジャッキー・チェン総監督の「辛亥革命/1911」にも愛国心溢れるヒロインとして出演している。役柄だけでなく彼女自身も愛国者ぶりを魅せようと、日本での本作プレゼンには参加しないと言ったそうだが、狭量なナショナリズムは中国映画に登場する日帝軍人と同レベルだ。
 領土問題は政府間の交渉に任せて、我々は映画を楽しむべきだ。日本をとことん悪く描いているブルース・リーの「ドラゴン怒りの鉄拳/精武門」に感動する日本人ファンが大勢いる事を李冰冰氏は知らんようだ。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/2243-9b8f326c

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
79位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん