FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

想田和弘監督「選挙2」を観た! 

独り反原発を訴える山内和彦
公人の矜持が無い保守政治家たち

 
【雑感】夜勤明け、その足で電車に乗り大阪の有名歓楽街十三へ。その一角の雑居ビル6階に私が観たい映画をいつも上映してくれる第七藝術劇場(七藝)がある。
 
 七藝に到着したのは午前9時ころ、「選挙2」の上映まで3時間あるので、チケットを購入して最寄の試写室でエロDVDを観ながら仮眠する。
 
 12時頃、試写室を出て七藝へ行く。ツイッターからの情報によると東京の映画館では長蛇の列になっているらしいが、ここ大阪は普通の盛り上がり満員御礼というほどではなく、七分咲き程度か。
 この手の映画上映やイベントなどは、大阪はたいがい東京ほどにはもり上がらないものだ。客の平均年齢もやや高め。
 
 今回の作品は前回とは全く異なる立場で選挙を戦う山内和彦氏こと山さんの奮闘ぶりを描いていた。前回は自民党の候補者として選挙を熟知しているスタッフ、いわゆる選挙参謀の指示される通りに動かされている、言い過ぎかもしれないが自民党という猿回しによって踊らされている猿同然の山さんの姿があった。
 ところが今回は独りで好きに闘うこともあってか、終始余裕のある表情だった。通常の選挙戦はお祭り騒ぎというより修羅場で、候補者の楽屋裏は睡眠不足と重労働とストレスで精も根も尽き果てる感じになってしまうのだが、今回の山さんはたっぷり睡眠をとってそうな感じだ。
 
 ネタバレになるが、いや川崎市議会のホームページや選挙管理委員会のページなどで調べれば判る公開情報なので言ってしまうが、前回のドブ板選挙で当選した山さん、今回は完全に泡沫候補で落選だった。そこそこ票を取ったので供託金没収にはならなかったのではないかと思うが。

 今回の山さんは3歳の息子がいる。思えば、山さんは私と同い歳、私にも1歳になる息子がいる。映画館内ではときおり笑いが湧き起こったが、私には笑えなかった。会場の笑いは決して悪意ではないだろうが、私には身につまされる思いがしてしまう。
 
 さて、今回の作品では撮影者である想田監督と自民党の大物市議との対立も描かれていた。大物議員たちは想田の作品づくりが気に入らんのか喧嘩腰で「撮るな」という。
 こないだ、自民党はTBSの報道のやり方が気に入らんからといって「出演拒否」を言い出したが、同様の神経を感じる。憲法改正案も表現と言論の自由について制限を加える意図のある条文があるし。

 公人としての矜持が無いように思う。市議候補者とは現職と同じく「公人」である。そして選挙活動は「公的活動」である。だからこそ公道での運動をする際、通常なら道路交通法に基づいて警察から許可を得なければならない(2千円くらいかかるかな)ところ、選挙運動では免除されている。街宣車のスピーカーなど騒音でしかないのだが、選挙なので許されている。私的活動ならばいちいち許可を得なければならないし、地域住民から「うるさい!、どこぞへいね!」と言われても仕方が無いところを許されている。その代わり、主権者たちの監視の目に晒されている事も甘受するのは責務だ。
 想田監督を社会人としてなっていないと非難した運動員がいたが、その運動員は「公人」という立場を見くびりすぎている。公人の資格は無いといっても言い過ぎではない。
 
 ここで愛想良くなどと酷な事は言わないが、堪えて丁寧な対応をとれば逆に株が上がるし、想田監督は海外でも作品が評価されているので、海外に自分の品行方正ぶりを、引いては日本人の偉大さをアピールできるかもしれんのにだ。
 

 さて、来週13日は想田監督が舞台挨拶のため来阪される。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
51位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク