FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

韓国で「風立ちぬ」批判。 近頃の現象[九百二十九] 

韓国ネットで「風立ちぬ」批判、
宮崎駿監督は…

 
 アニメーション映画監督の宮崎駿さんが26日、東京都小金井市のスタジオジブリで、韓国メディアを対象にした記者会見を開き、日本で公開中の新作映画「風立ちぬ」について語った。(読売新聞)
 
【雑感】唐突な批判と感じ不快を抱く人も多いと思う。これに至る経緯があるので簡単に説明すると、韓国の漫画アニメ業界は日本の影響を強く受けており、宮崎駿氏の作品もけっこう浸透している。加えて宮崎氏の政治的ポジションはどちらかといえば左派市民・護憲派市民に近く、安倍首相や石原慎太郎氏とは対立する位置にいる。さらに慰安婦問題や竹島問題については韓国側に理解のある発言をしているので、日本の右派市民から批難されている立場だ。
 ところが、「風立ちぬ」の主人公がゼロ戦の開発者であることから、戦争の凶器を美化しているととられ、今までの韓国に理解のある発言をしてきただけによけい憤懣が噴出したと思われる。裏切り者、と。韓国市場のためのリップサービスか、とも。

 私は反日映画であろうがアジア蔑視映画であろうが反捕鯨映画であろうが、一応は目を通す人間であり、不愉快極まりないと思っても「上映中止しろ!」「発禁処分にしろ!」などと了見の狭いことは言わない主義である。基本的に言論には言論で対処の考えだ。また当ブログのレビューをご覧いただければ判るように、自分の主観中心の評価と客観的な評価といつも2通りの判断をしている。短兵急に一面だけを観て否定的発言はしない。

 もし「風立ちぬ」が批判されている通りの存在で否定されなければならないのなら、ハリウッド製の名作のかなり多くは発禁処分にしなければならないし、韓国も含め世界各国で量産されている戦争映画には殺生の道具盛り沢山だから、平和のためなら全て発禁にしなければならない。それこそ旧ソ連の映画よりも酷い文科省推薦的説教臭い映画ばかりになってしまう。
 だから何でもかんでも噛み付くような批判は昇華どころか本質から話が遠ざかり逆効果だ。
 
 宮崎駿氏は今までの作品を観れば判るように、明らかに19世紀中頃から20世紀中頃までのメカが大好き、特に第二次大戦で活躍した戦闘機や軍艦が好きなのだろう。好きだから、平和を論じてはいけないのか?
 ドイツ軍の軍服が好きだからヒトラー信奉者だとは限らないし、人民服が好きだから毛沢東礼賛者とも限らない。郷土愛を示したら保守右翼なのか? 少し人権を論じただけで左翼にされてしまうのか?

 昨今の韓国や中国の反日世論やそれに脊髄反射する日本の右翼に心の余裕が感じられない。
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/07/27 08:11 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク