ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

猪瀬直樹 近頃の現象[九百六十] 

猪瀬知事辞職>鋭い舌鋒、裸の王様に
 
 就任わずか1年の猪瀬直樹東京都知事。辞職前に相談したのは、都幹部でも都議でもなく、石原慎太郎前知事と川淵三郎・日本サッカー協会最高顧問だと自ら記者会見で明かした。庁内で心を許せる相談相手を持つことができず、孤立の中で追い込まれていった姿が浮かぶ。(毎日新聞)
 
【雑感】80年代末、テレビ朝日が深夜枠で「朝まで生テレビ!」(以下「朝生!」)を始めた。深夜から早朝まで延々数時間にわたってパネリストたちが激論を戦わす、いわば討論番組の金字塔的番組で現在も月末の金曜日に放送される長寿番組でもある。
 その「朝生!」の成功に倣ってか、やや遅れて関西の読売テレビが同様の趣旨の番組「ぱらだいむ」(私は「激論ぱらだいむ」と記憶していたが)を始める。その司会が猪瀬直樹氏だった。私が猪瀬氏を知ったのはこの番組からだったのだが、どういう訳かウィキにある猪瀬氏の経歴には「ぱらだいむ」の司会は記載されていない。

 当時の猪瀬氏の印象というのは、ハッキリいって「偉そう」だった。「朝生!」の田原総一朗氏はまだ愛嬌があったが、猪瀬氏には親しみが持てなかった。結局、このキャラのまま齢を重ね都知事になってしまったようだ。

 偉そうな人間が権力を持ってしまったらどうなるのだろう? 石原慎太郎氏も偉そうなキャラだが、都庁にシンパがいたらしい。猪瀬氏にはシンパがいなかったという。ゆえに元上司の石原慎太郎氏に進退について相談したと記事にあるが。
 
 大概は百条委員会というのは共産党が真っ先に言い出す、しかし与党が反対して話が流れるパターンになるものだが、猪瀬氏の場合はそうはならなかった。こないだまで一応は東京五輪招致の立役者であったのに、なんとも急転直下の失脚劇だ。
 徳田勢力の資金バラマキは広範囲に及ぶとマスコミは観ているが、よりによって石原慎太郎氏が後継者に指名し知名度も期待度も他の候補者を凌駕していた猪瀬氏が不正に政治資金を得る、普通は考えにくいし世間は想像しないし疑いもしない。そもそもそんな銭は必要なかったはずだ。金をもらった猪瀬氏は目算を誤ったし、世間に知られてしまうのは内部リーク者もいたかもしれない。
 偉そうな態度とは裏腹に小者だった、だから早々の失脚、そのあたりが妥当かな。
 
 まあ、失脚しても良いではないか。たちまち生活が困窮しホームレスになる訳ではないだろう。悠々自適な文化人生活を偉そうにおくるだけだ。羨ましい御身分や。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/20 00:14 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
46位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク