ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

フィギュア界の世代交代 フィギュアスケート[八十四] 

フィギュア織田が引退発表

フィギュアスケート男子で10年バンクーバー五輪7位の織田信成(26=関大大学院)が24日、現役引退を発表した。(日刊スポーツ)

安藤美姫「皆が輝けますように」 
仲間にエール、ファンに感謝


ソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケート全日本選手権で7位に終わり、五輪切符を逃した安藤美姫(26=新横浜プリンスク)が一夜明けた24日、自身のツイッターで、五輪代表に選出された仲間たちを祝福するとともに、応援してくれたファンへの感謝をつづった。(スポニチアネックス)

【雑感】浅田真央選手が僅か15歳で世界のフィギュア界で中心的存在となって8年間、今回のソチ五輪前後でこの時代を彩った選手たちが一斉に引退していく。
 真央ちゃんをはじめ、鈴木明子選手、高橋大輔選手、そして韓国の金妍児選手は来年のソチへ出場した後に引退予定、五輪代表に選ばれなかったミキティと信成君はソチへ旅立つ彼ら彼女たちを見送りながら一足先に現役から去っていく。

 それにしても、日本はいつの間にこれほどの分厚い選手層になったのか。

 私が子供の頃に活躍したフィギュア選手は佐野稔氏しか思い浮かばない。インスブルック五輪で9位、世界選手権で銅メダル。今は4回転を当たり前のように跳ぶ男子フィギュアだが、当時はトリプルでも珍しく、佐野稔選手はトリプル・ルッツを武器に世界のトップクラスに躍り出た。
 日本では当時の佐野稔選手は孤高の存在といってもいい。世界に通用したのは佐野稔選手ただ一人だけだったからだ。世界選手権で「銅」を獲ったことを日本のスポーツ芸能マスコミは歴史的快挙だと狂喜したものだ。なにしろ日本人で最初にメダルを獲ったのは佐野稔選手なのだから。

 ところが今や世界大会で金を狙える選手がゴロゴロいる。もはや入賞ぐらいでは日本の世論は満足しない。銅メダルで「取りあえず面目を守ったか」という見方になっている。ある国のフィギュアスケート選手は「日本に生まれなくてよかった」と日本の層の厚さと競争率の激しさを揶揄するほどにまでなった。

 また以前のフィギュア選手は、欧米選手の体型に比べると胴長短足、単なるスポーツ競技ではなく「藝術的美」を競うものでもあるので、必然的に審査員は欧米人が多数派で欧米的主観で優劣をつけられたら圧倒的に日本は不利だと子供の頃に思ったものだ。佐野稔選手は例外で、後に続く人はあまり出てこないだろうと諦めていた。
 ところが、近年の選手は男女とも少女漫画に登場するような腕と脚が長くて線の細いキャラばかり。逆に欧米選手は筋骨の重量感を感じてジャンプにも無粋な衝撃を感じる。

 トリノ五輪の頃、安藤美姫選手はやや太股や肩から上腕にかけて筋肉太りしてきたように感じ、「ああ、この子も伊藤みどり選手のように逞しくなるのか」と思ったものだが、スランプ脱出時はスレンダーに戻った。
 今シーズンなど、出産して元の体型に戻すだけでも大変なのに、全盛期に及ばないまでもメダルを狙える位置につけるまでに鍛え上げ体調を戻した。
 かつてのフィギュア大国ロシアの選手たちを見ても、線の細い日本型を手本にしているように見えるのは私だけだろうか。特に女子フィギュアは、浅田真央金妍児のスタイルが基準となりつつあるように見える。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
90位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク