FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

学校給食が和食中心へ 近頃の現象[九百六十六] 

小学校給食を和食中心に 
京都市教委、来春に検討委


 和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことを受け、京都市教育委員会は小学校給食で和食の比率を上げるため、検討委員会を来春に設立する方針を28日までに決めた。週1回あるパン食をやめて米飯にし、一緒に出される牛乳の取り扱いも考える。みそ汁や漬物、和食の主菜を中心にした献立を目指す。(京都新聞)
 
【雑感】やっと動き出したか。ただ、和食が世界の無形文化遺産に登録されるまで動かなかった事が社会構造や行政構造の鈍重硬直を逆に示していて興味深い。

 学校給食に問題があることは私が小学生の頃からすでに指摘されており、当時通っていた和歌山のある小学校では給食が廃止されて弁当持ちに切り替わっていた。
 
 牛乳は日本人の体質に合わない。当時から指摘されていた。あるジャーナリストは牛乳より山羊乳のほうが身体に良いと主張していた。しかし世間一般の論調では牛乳はカルシウム摂取に最適などと言われ、私の呟きは愚かで無知でわがままな子供が牛乳嫌いを正当化していると矮小化され一蹴する。
 ところがである、近年では欧米の学者が牛乳の発癌性を問題にするようになった。またカルシウムの摂取といっても、牛乳ではカルシウムが尿となって排出される「副作用」が指摘されるようになった。牛乳が身体に良いという根拠は弱くなりつつある。(主流の栄養学会はこの説を否定している)
 
 小中学生時代から既に減反政策が問題になっていた。減反に協力する農家に補助金を支払う、私は素直に滅茶苦茶無駄でアホな事やないかと思った。米が余っているのに学校給食にはパンが出る、教育委員会や政府は大馬鹿者と思った。米を給食にまわしたらしまいやん。これもまた世間知らずの子供の呟きだと大人たちは一蹴する。
 たしかに、利害関係を見渡せば米を給食にまわす事は容易ではない。しかし近年の国際情勢を鑑みれば、結局は誰の意見が正しいかは明らかではないのか。子供の頃の私の呟きは正しかったのだ。
 
 給食が導入された頃はまだ日本は貧しかった。児童の摂取カロリーの水準を上げることが急務なので、内容に構ってやる暇(いとま)が無かったのは仕方ない。
 だが、今は食育が叫ばれ、内外から和食の素晴らしさが認知されているこの期に及んでも、未だにパン給食が続いている。教育の現場で食するのが給食ならば、給食は体験型教材として格好の機会ではないか。なぜ活用しない?
 自治体によっては、郷土の特産品や文化を学んでもらうために郷土色のある献立に配慮しているが、私が小学生の頃はそんな学校は皆無に近かった。現在でもまだまだ私の目からは多いとはいえない。
 
 比較的環境問題に理解があり、オーガニックレストランが多い京都でさえ、未だ報道のような水準だ。私の感覚ではとっくの昔に実行していると思っていた。

 子供の戯言だとか机上の理想論などと一蹴してきた「大人たち」よ、戯言や理想論を見くびるな。近未来に喉元に突きつける脇差の剣先に豹変する事は多々あるのだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/12/30 11:19 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(4)
日本人の食文化はどんどん欧米化しているので、給食くらいは和食を……ということですね。
私の母は学校給食の調理員なのですが、和食の日は週に2~4回らしいです。 ご飯のときでも中華だったり、月に何回かはイタリアンもあったり。
理由は給食にメリハリをつけることによって、毎日の給食を楽しんで、残さず食べてほしいからだそうです。
学校給食は栄養士さんが、季節の野菜や、栄養バランス、安全性、もちろん食育という点も加味して考えているので、たとえパン給食であっても、ファストフードやファミレスなんかより、断然良い食事だといえます。 なので一概に「パンはダメ」とは言い難いですね。
[ 2013/12/30 18:46 ] [ 編集 ]
8chaso氏へ

 社員食堂でさえ、従来の大量に捌きやすく腹が膨れてカロリーの高い揚げ物・肉料理中心から社員の健康管理を考えた献立へと変化しつつありますから、ましてや教育の場で提供する食事ならば食育を展開する絶好の機会、ましてや和食が再評価されている時代です。
 給食に和食を導入しないのは、やはりおかしいですからね。


> パン給食であっても、ファストフードやファミレスなんかより、断然良い食事だといえます。 なので一概に「パンはダメ」とは言い難いですね。

 仰るとおりですね。かつて、米飯は健康に悪い説が流布され、パン食のほうが脚気にならなくて健康に良いという「常識」が振り撒かれました。ところが今は、小麦は栄養面で問題があり、なおかつ糖分や塩分と同じく習慣性の摂取中毒になってしまう疑いがあるとかで、牛乳とともに小麦悪説が急浮上しつつあります。
 こういった事は冷静に構える必要があるでしょう。時代が変われば、また説も変わります。かつて珈琲には発癌性物質があるという説が発表されて大騒ぎになりましたが、最近では健康に良いとかで大量に飲む事を勧めている医師もいる。
 鰯などの青魚が身体に良いといわれる一方で、水銀含有量も問題になっています。
 肉も身体に良くないと一時期いわれていましたが、今は逆に肉を奨励して成果を収めている医師もいます。

 こういった情報は話半分に捕らえて、我々は分け隔てなく摂取するのが一番でしょう。良くないのは、当たり前の事ですが偏食です。
[ 2013/12/30 19:19 ] [ 編集 ]
私は、一切牛乳のみません。牛乳の成分のホエイプロテインも飲みません。おなかを、下すからです。でも、子供の時は、盲目的に飲んでました。牛乳はいいものだと思ってましたし、学校でも飲ませてくれましたし。良いと言われてるのもで悪いものは、世の中に山ほどありますね。
[ 2013/12/30 19:33 ] [ 編集 ]
木下翔平氏へ
 
 むかしから漢方では牛乳はあまり勧めていません。日本人の体質に合っていないからです。また、牛乳を良く飲む当の欧米人からも牛乳は人間に合わないのではないかという学説が急浮上しています。
 
 うがった見方をするとキリがありませんが、アメリカは日本を洋化して牛肉や穀物を購入させ、日本は減反で農家の首をジワジワ絞めて労働力を都市に集中させ工業を活性化させる魂胆があったのではないかと思っています。

> 私は、一切牛乳のみません。牛乳の成分のホエイプロテインも飲みません。おなかを、下すからです。でも、子供の時は、盲目的に飲んでました。牛乳はいいものだと思ってましたし、学校でも飲ませてくれましたし。良いと言われてるのもで悪いものは、世の中に山ほどありますね。
[ 2013/12/30 19:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク